ー 

アストンマーティン初のSUVが開発の最終ステージに到達。搭載エンジンの詳細も発表!

Writer:大貫直次郎 

アストンマーティン初のSUVDBX」が広範囲なサーキット開発プログラムを実施。既存のスポーツモデルに匹敵するパフォーマンスレベルを達成

 英アストンマーティンは925日(現地時間)、同ブランド初のSUVとなる「DBX」の開発が最終段階に入ったと発表した。

ASTON MARTIN DBX1.jpg▲アストンマーティンは同ブランド初のSUVモデルである「DBX」が開発の最終ステージに入ったと発表した。独ニュルブルクリンクでの耐久テストでは8分を切るラップタイムを何度も記録したという

 独ニュルブルクリンクのノルドシュライフェ(北コース)において、DBXの広範囲なサーキット開発プログラムを行ったアストンマーティンのエンジニアリングチームは、1ラップで8分を切るタイムを何度も記録する。また、現行ラインアップのなかで最もスポーツ性が高いヴァンテージ(Vantage)と同等のコーナリングスピードを記録し、同時に同ブランドが誇るスーパーGTカーのDBSスーパーレッジェーラ(DBS Superleggera)を上回るブレーキ性能を実現したという。

ASTON MARTIN DBX2.jpg▲搭載エンジンはヴァンテージにも採用する4リットルV8気筒DOHCツインターボユニットで、DBX用にさらなる高出力化チューニングを実施。最高出力は550ps、最大トルクは700Nmを発生する

 搭載エンジンはヴァンテージやDB11にも採用する4リットルV8気筒DOHCツインターボユニットで、DBX用にさらなる高出力化チューニングを実施。最高出力は550ps、最大トルクは700Nmに達する。テスト走行では、180mph(約290km/h)超の最高速度を繰り返し確認しているという。プロダクションモデルにおける最高速度と加速性能は、テストプログラムの最終盤で改めて設定される見込みだ。

ASTON MARTIN DBX3.jpg▲アストンマーティンDBXは今後数カ月でさらなる煮詰めを行って最終スペックを決め、本年12月にワールドプレミアを果たす予定だ

 DBXの開発プログラムは、これから数カ月に渡ってパワートレインにいっそうの磨きをかけるとともに、ダイナミック・パフォーマンスのセットアップをさらに煮詰める計画。そして、市場で最もエキサイティングなSUVモデルに昇華させ、本年12月に正式発表する予定だ。日本への早期導入も期待したいところである。

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る