ー 

実用性とデザイン性が高度に融合。BMW3シリーズのワゴンモデルが待望の日本上陸!

Writer:大貫直次郎 

BMW3シリーズ・ツーリングが新型に移行。新デザインコンセプトと高い機能性に要注目!

 BMWジャパンは9月26日、新型BMW3シリーズ・ツーリングを発売した。

BMW 3 Touring1.jpgBMW 330iツーリング・Mスポーツ 価格:8SAT669万円 全長4715×全幅1825×全高1460mm ホイールベース2850mm 車重1690kg パワートレインには1998cc直列4気筒ツインパワーターボガソリンエンジン(258ps400Nmを搭載する

車種展開は以下の通り。

320i SEツーリング:494万円
320iツーリング:567万円
320iツーリング・Mスポーツ:619万円
320d・xドライブ・ツーリング:614万円
320d・xドライブ・ツーリング・Mスポーツ:666万円
330iツーリング・Mスポーツ:669万円
M340i・xドライブ・ツーリング:1005万円

なお、納車は本年11月以降に順次開始する予定だ。

BMW 3 Touring2.jpg▲ラゲッジゲート上部のガラス部分だけを開閉することができる独立開閉リアウィンドウや両手がふさがっている場合でも足の操作のみでラゲッジゲートの開閉が可能なオートマチック・テールゲート・オペレーションを組み込む

 新型3シリーズ・ツーリングは、余裕のあるラゲッジスペースにより多様なニーズに応えると同時に、家族と長距離移動をする場合でも快適なドライブを提供し、アクティブなライフスタイルを持つユーザーに向けたBMW最新のワゴンモデルである。まずエクステリアについては、新世代のデザインコンセプトを鋭意採用したことがトピック。象徴的なキドニーグリルを従来の2つのパーツに分かれたデザインから1つのフレームで縁取った立体的な造形とし、また流れる風を彷彿とさせる美しいショルダーラインとリアセクションを組み合わせて、より洗練されたワゴンフォルムを創出した。

BMW 3 Touring3.jpg▲流れる風を彷彿とさせる美しいショルダーラインとリアセクションを組み合わせてより洗練されたワゴンフォルムに仕立てる

 インテリアに関しては、10.25インチのコントロール・ディスプレイと、12.3インチのフルデジタル・メーターパネルを搭載する新世代のコクピットコンセプトを導入し、機能的かつ先進的な室内空間を実現。肝心のラゲッジスペースは、後席使用時で先代モデル比5リットル増加の500リットル、後席を倒すことで先代モデル比10リットル増加の最大1510リットルを成し遂げる。また、ラゲッジゲート上部のガラス部分だけを開閉することができる独立開閉リアウィンドウや、両手がふさがっている場合でも足の操作のみでラゲッジゲートの開閉が可能なオートマチック・テールゲート・オペレーションを採用することで、高い収納性と積載性を確保した。さらに、BMWとして初採用となるアンチ・スリップ・システムをラゲッジスペースにオプションで設定。このシステムは、車両が走行を開始すると、床面からゴム製の滑り止めが自動でせり上がり、ラゲッジスペース内の荷物の横滑りを防止する新機構である。

BMW 3 Touring4.jpg10.25インチのコントロール・ディスプレイと12.3インチのフルデジタル・メーターパネルを搭載する新世代のコクピットコンセプトを採用。日本仕様のハンドル位置は右

 運転支援システムについては、ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能を、3シリーズ・セダンに続いて3シリーズ・ツーリングにも装備したことが訴求点。この機能は、3眼カメラや毎秒2兆5000億回の演算能力を持つ画像処理プロセッサーおよびレーダーなどで構成し、高速道路上での渋滞時にドライバーがステアリング操作から解放されることで運転負荷を軽減し、かつ安全性をいっそう向上させる。また、3眼カメラと画像処理プロセッサーは正確なレーンキーピングと、より離れた場所や広い視野での素早い危険予測を可能とし、自動ブレーキやパーキングアシスタントなどさまざまな最先端の運転支援システムの精度と正確性をさらに高いレベルへと進化させた。一方、コネクティビティも充実しており、AI技術を活用することで音声で車両の操作、情報へのアクセスが可能なBMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントや車載通信モジュールによりドライバーとクルマ、そして取り巻く情報をITネットワークで繋ぐBMWコネクテッド・ドライブなどを設定している。

BMW 3 Touring5.jpg▲ラゲッジスペースは後席使用時で先代モデル比5リットル増加の500リットル、後席を倒すことで先代モデル比10リットル増加の最大1510リットルを実現

 パワートレインに関しては基本的にセダンモデルと同様で、320iに1998cc直列4気筒ツインパワーターボガソリンエンジン(184ps/300N・m)を、320dに1995cc直列4気筒ツインパワーターボディーゼルエンジン(190ps/400N・m)を、330iに1998cc直列4気筒ツインパワーターボガソリンエンジン(258ps/400N・m)を、M340iに2998cc直列6気筒Mツインパワーターボガソリンエンジン(387ps/500N・m)を搭載する。組み合わせるトランスミッションは8速AT(MスポーツおよびM340iは8速スポーツAT)で、320dとM340iにはインテリジェント4輪駆動システムのxドライブを組み込んでいる。

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年1月号

  • ・新型SUBARU・WRX・S4
  • ・NEWマツダCX-5
  • ・特集 2022版最新Kカー選び

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る