ー 

フェラーリ初のプラグインハイブリッド・スーパースポーツが待望の日本上陸!

Writer:大貫直次郎 

フェラーリがシステム合計出力1000psを誇るPHEVモデル「SF90ストラダーレ」を日本で発表。お値段は5340万円~

 フェラーリ・ジャパン109日、ブランド初の市販PHEVPlug-in Hybrid Electric Vehicle)「SF90ストラダーレ(Stradale)」を日本で発表した。

SF90 Stradale ジャパンプレミア1.jpg▲フェラーリ・SF90ストラダーレ 価格:8DCT5340万円 全長4710×全幅1972×全高1186mm ホイールベース2650mm 車重1570kg タイヤサイズは前255/35ZR20/後315/30ZR20 公表値の最高速度は340km/h0100km/h加速は2.5

 ワークスレーシングチームのスクーデリア・フェラーリ(Scuderia Ferrariの誕生90周年を記念して名づけられた「SF90ストラダーレ」は、ハイブリッドシステムを採用したほうがハイパフォーマンスなスポーツカーを造れる」という、フェラーリの確固たる信念をもって開発されたPHEVスポーツカーだ。パワーユニットはリアミッドシップに置かれた3990ccV8気筒DOHCツインターボエンジン(780ps800Nm)、前輪左右に独立配置された2基のモーターとエンジンおよびギアボックス間に設置したモーター(3基で計162kW220ps)に容量7.9kWh高性能リチウムイオンバッテリーという、計1000psの強心臓を搭載して4輪を駆動(e-4WD)する。エンジンと組み合わせるトランスミッションには、新設計の8DCT(デュアルクラッチトランスミッション)を採用。性能面では、最高速度が340km/h0100km/h加速が2.5秒、0200km/h加速が6.7秒、100km/hからの停止距離が29.5mを誇る。

SF90 Stradale ジャパンプレミア2.jpg▲ボディおよびシャシーは新設計。マルチマテリアルとマルチテクノロジーのアプローチによって新パワーユニットとAWDの導入に伴う応力の吸収に対応しながら、効率的に高剛性化と軽量化を果たした

 ステアリングに配置したエレクトロニック・ビークルダイナミクス・モードセレクターの「eManettino(イーマネッティーノ)」によって、ドライバーは4つの走行モードを選択できる。まず「eドライブ」は、V8エンジンは停止したままで、駆動は前輪のモーターが担当。バッテリーがフル充電の状態から最大25kmまでの走行が可能だ。次に標準的なドライビングモードの「ハイブリッド」は、V8エンジンとモーターの稼働を制御ロジックが自己判断し、全体の効率性を最適化させる。3つめの「パフォーマンス」では、エンジンが稼働し続けると同時に、バッテリーは効率よりも充電を優先。よりパワーが必要であれば、瞬時に全体をフル活用する。そして4つめの「クオリティ」では、システム全体が最高出力を発揮。制御ロジックは、バッテリー充電よりもパフォーマンスを優先するという仕組みだ。

SF90 Stradale ジャパンプレミア3.jpg▲パワーユニットはリアミッドシップに置かれた3990ccV8ツインターボエンジン(780ps)、前輪左右に独立配置された2基のモーターとエンジンおよびギアボックス間に設置したモーター(3基で計162kW220ps)に高性能のリチウムイオンバッテリーで構成する

 ボディおよびシャシーは新設計で、マルチマテリアルとマルチテクノロジーのアプローチによって、新パワーユニットとAWDの導入に伴う応力の吸収に対応しながら、効率的に高剛性化と軽量化を果たす。また、ビークルダイナミクスとしてeSSC(エレクトリック・サイドスリップコントロール)や新ブレーキ・バイ・ワイヤ・システムなども組み込んだ。

 エクステリアの造形に関しては、フェラーリ・スタイリングセンターのデザインチームが担当。エアロダイナミクスや重量配分などを踏まえたうえで、フェラーリのスーパーカーからインスピレーションを得たスポーティかつ存在感あふれるデザインを構築する。フェラーリ初となるマトリックスLEDヘッドランプや水平イメージのテールランプ、コンパクトなドームフォルムのキャビンセクションなども印象的に仕上がった。

SF90 Stradale ジャパンプレミア4.jpg▲エクステリアはフェラーリ・スタイリングセンターのデザインチームが担当。エアロダイナミクスや重量配分などを踏まえたうえで、フェラーリのスーパーカーからインスピレーションを得たスポーティかつ存在感あふれるデザインを具現化する

 インテリアについては、「手はステアリングホイールに」という発想から生まれた新しいヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)を導入したことがトピック。インパネからはスイッチの数が大幅に削減され、インストルメントクラスターにはフェラ-リ初の16インチのフルデジタルディスプレイが組み込まれる。また、走行に必要な各種情報をフロントガラスに映し出す最新のヘッドアップディスプレイも装備した。

 SF90ストラダーレのグレード展開は、標準仕様とスポーツ志向のオプション装着車「アセットフィオラーノ(Assetto Fiorano)」の2タイプを用意。アセットフィオラーノには、専用カーボンファイバー製リアスポイラーやアルミ製マルチマチック・ショックアブソーバー&チタン製スプリング、カーボン製インテリアパーツなどを組み込んでいる。

 日本でのSF90ストラダーレの車両価格は5340万円。アセットフィオラーノは570万円ほど高くなるという。

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年2月号

  • ・トヨタ/レクサス 新型BEV 16モデル公開
  • ・日産アンビション 2030 始動
  • ・NEWトヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキー

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る