ー 

BMWが誇る優美で官能的なスタイルの最高級4ドアクーペが待望の日本上陸!

Writer:大貫直次郎 

BMWが最上級クーペモデルの8シリーズにより伸びやかなスタイリングを有する新型「グランクーペ」を設定

 BMWジャパンは10月25日、旗艦4ドアクーペモデルの8シリーズにより伸びやかで官能的なスタイルを持つ「グランクーペ」を新設定し、同日より発売した。

bmw-8-series 1.jpg▲BMW M850i・xドライブ・グランクーペ 価格:8SAT1715万円 全長5085×全幅1930×全高1405mm ホイールベース3025mm 乗車定員5名 パワートレインにはN63B44D型4394cc・V型8気筒DOHCガソリンツインターボエンジン(530ps/750N・m)+電子油圧制御式8速ATを搭載する。懸架機構にはグランクーペ専用設計のサスペンションを装着

車種展開は以下の通り。

840iグランクーペ:1152万円
840iグランクーペ・Mスポーツ:1298万円
840d・xドライブ・グランクーペ:1226万円
840d・xドライブ・グランクーペ・Mスポーツ:1372万円
M850i・xドライブ・グランクーペ:1715万円

 今回設定されたグランクーペは、クーペとカブリオレに続く8シリーズの第3のバリエーションとなる。基本骨格には他バリエーションと同様に、ボディ骨格の内部(センター・トンネル)にカーボン素材を組み込んだカーボン・コア構造を採用。そのうえで、ホイールベースをクーペより205mm伸ばして3025mmとし、伸びやかで優雅なフォルムを構築する。また、後席部に十分な頭上空間を確保しながらも、ルーフ後端からCピラー、リアフェンダーにかけて大きく絞り込み、くびれが美しく艶やかなルックスを創出した。

bmw-8-series 2.jpg▲後席部に十分な頭上空間を確保しながらもルーフ後端からCピラー、リアフェンダーにかけて大きく絞り込み、くびれが美しく艶やかなスタイリングを具現化した

 インテリアについては、スポーティかつエレガントなデザインのキャビン空間に、厳選されたレザーをはじめとする最上クオリティのマテリアル、10.25インチのインフォメーションディスプレイと12.3インチのデジタル表示メーターパネルを配した先進的なコクピットなどによって、独創のラグジュアリースペースを構築する。また、後席には2つの独立したシートを装着し(センター部も着座可能)、それぞれ個別の空調装備を設定。優雅なラインを描くセンターコンソールおよびドアトリムのラインも、高級感を盛り上げるのにひと役かっている。

bmw-8-series 4.jpg10.25インチのインフォメーションディスプレイと12.3インチのデジタル表示メーターパネルを配した先進的かつエレガントなコクピット空間を演出。日本仕様のハンドル位置はM850iが右/左、それ以外のグレードが右のみの設定

bmw-8-series 5.jpg▲後席には2つの独立したシートを装着し、それぞれ個別の空調装備を設定。優雅なラインを描くセンターコンソールおよびドアトリムのラインも印象的だ

 パワートレインに関しては、840iグレードにB58B30C型2997cc直列6気筒DOHCガソリンターボエンジン(340ps/500N・m)+電子油圧制御式8速ATを、840dグレードにB57D30B型2992cc直列6気筒DOHCディーゼルターボエンジン(320ps/680N・m)+電子油圧制御式8速ATを、M850iグレードにN63B44D型4394cc・V型8気筒DOHCガソリンツインターボエンジン(530ps/750N・m)+電子油圧制御式8速ATを搭載する。駆動方式は840iにシリーズ初の後輪駆動(FR)を、それ以外のグレードにインテリジェント4輪駆動システムのxドライブを採用した。一方、懸架機構についてはグランクーペ専用設計のサスペンションを装着。クーペ比でリアトレッドを30mm拡大し、さらにインテグラル・アクティブ・ステアリングやアダプティブMサスペンション・プロフェッショナルなどを設定して、BMWの最上級クーペらしい"駆けぬける歓び"を具現化した。

bmw-8-series 3.jpg▲ホイールベースを既存のクーペより205mm伸ばして3025mmとし、伸びやかで優雅な4ドアクーペのフォルムを構築した

 安全・運転支援機能の高度化も訴求点だ。高速道路での渋滞時にドライバーをサポートする「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援システム」や、35km/h以下での走行時に直近の50m軌跡を記憶して通った道を自動で後退可能な「リバースアシスト」など、最新のシステムを積極的に採用。ほかにも、高性能3眼カメラや高性能プロセッサーおよびレーダー等を活用した先進のアクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)やレーンチェンジウォーニング(車線変更警告システム)およびレーンチェンジアシスト、レーンディパーチャーウォーニング(車線逸脱警告システム)、ステアリング&レーンコントロールアシスト、サイドコリジョンプロテクションおよび衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)、クロストラフィックウォーニングなどを装備する。さらに、最新のBMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントやBMWオペレーティング・システム7.0、BMWコネクテッド・ドライブも鋭意採用している。

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る