• TOP
  • 最新フェラーリの誘惑! 史上最強V8・720psを誇るF8トリブートをマラネロで体感

 ー 

最新フェラーリの誘惑! 史上最強V8・720psを誇るF8トリブートをマラネロで体感

Writer:西川淳 Photo:Ferrari

フェラーリF8トリブート 試乗記

2U2A7321.jpgフェラーリF8トリブート 価格:7SMT 3305万円 488GTBの後継となるV8ミッドシップスポーツ ターボラグを徹底的に排除した720ps仕様3.9リッター・V8ツインターボ搭載 0~200km/h加速は488比0.5秒速い7.8秒

サーキット指向488ピスタと同出力。キャラクターは毎日乗れるスーパーカー

 F8トリブートは、458イタリア、488GTBの系譜に列なるマラネロの新たな主力ミッドシップモデルだ。

 フェラーリは2世代ごとにプラットホームを一新してきたが、今回はもう1世代使う選択がなされた。それだけ、このプラットホームとV8ターボエンジンのポテンシャルは高かった。

 フロントスクリーン回りのシルエットには458や488と共通する雰囲気を感じる。けれども、エアロダイナミクスは大幅に改められ、ディテールのデザインはまったく異なる。

 パワートレーンは最高出力が720psにアップされたF154エンジンに注目が集まる。サーキット指向の488ピスタ用と同スペックだが、性格の異なるチューニングが施されている。高い性能スペックは、ピスタの開発で得た経験をもとに、パワートレーンやシャシーの制御をリファインした成果である。F8トリブートは、毎日乗って楽しいスーパーカーにするため、快適性とスポーツ性能とのバランスを高次元で追求した。目指すベクトルは、トラック性能を第一義とした488ピスタとは明らかに異なる。

2U2A7364.jpgボディタイプは写真のGTB(クーペ)とスパイダーをラインアップ 走りは最新のシャシー制御技術でシャープネスと安定性を追求

素晴らしい加速。V8ツインターボは4000rpm以上で絶品サウンドを奏でる!

 ドライブフィールは、「快適」のひと言。マラネロ郊外の、比較的路面の荒れたカントリーロードを走らせても、ドタバタせず、きれいにショックをいなして、心地よい固さの乗り心地をみせた。ピスタも悪くはなかったが、もう少しダイレクト感があった。F8のほうが、ショックの伝え方が柔らかい。

 前輪の高いスタビリティにも驚いた。つねに手応えよく、ミッドシップカーであることを忘れさせる。後輪は、よくできたシャシー制御のおかげで、アクセルを踏んでも踏んでも自然に動く。自在に操っているという自信をドライバーに芽生えさせる。

 絶品はブレーキのフィールだ。488よりダイレクトに反応し、踏みしろが短くなったというのに、実にコントロールしやすい。ペダルフィールが固くて短く、よく利くブレーキにありがちな「カックン挙動」は皆無。このブレーキがあるからこそ、さらに自信を持って、アクセルを踏み込めた。

 加速はもちろん素晴らしい。すさまじいスピードだが安定感は抜群で、狭いワインディングロードをガンガン攻め込んでいける。4000rpmを超えてからのV8ノートはまさにフェラーリ・ミュージック。どこまでも踏んでいけそうで、怖くなったほどだ。0~100km/h加速2.9秒、トップスピード340km/hのスーパーパフォーマンスを実感した。スパイダーも発表済みである。

2U2A7457.jpg室内は新形状メータークラスターとセンターコンソール回りが新鮮 主要コントロールはステアリング部にレイアウト トランスミッションは7速DCT 変速は大型パドルで行う

2U2A7493.jpgシートは軽量設計バケット 素材は本革とアルカンターラのコンビ 乗り心地は適度な固さ 速度が上昇するほどフラットに変化する

5P2A4935.jpg3902cc・V8DOHC32Vツンターボ 720ps/770Nm 排気サウンドは超刺激的 パワーウエイトレシオ:1.99kg/ps

※次ページでスペックを紹介

1  2

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年12月号

  • ・巻頭特集 2021SUV最前線
  • ・特集 Japaneseスポーツレジェンド
  • ・スペシャルピックアップ 新型ホンダe 試乗記

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る