ー 

2020年1月にマイナーチェンジを予定するホンダ・シビックのティーザーサイトが公開

Writer:大貫直次郎 

ホンダが発売前の改良モデル「シビック」を専用ホームページで先行公開。ハッチバックにはトップロードサンルーフを新設定

 ホンダは1115日、20201月にマイナーチェンジを予定するシビックのハッチバック/セダンに関する情報を専用ホームページで事前公開した

honda civic hb 事前1.jpg▲改良モデルのシビック・ハッチバック「ロー&ワイドを基調とした、躍動感と先進感あふれる革新的なスポーティシェイプに、さらなる磨きをかけた」と主張する

 今回公開されたのは、5ドアハッチバックと4ドアセダンの前後スタイリングの画像に、ボディカラーのラインアップ、そして特徴的な3点のエクイップメントだ。また、メッセージとして「自分の想いで、自由に動く。答えを出し、自分を、世界を変えていく。そんな前を向いて進む人たちとともに走るべく、シビックは進化を重ねてきた」「常識を疑い、挑み、覆し、これまでになかった新しい答えへとたどり着く。今より、もっと自由になるために。生きる力に、推進力を。NEXT CIVIC20201月登場」と謳っている。

honda civic hb 事前2.jpg▲ハッチバックボディカラーにプラチナホワイト・パール/ソニックグレー・パール/オブシダンブルー・パールを新設定する

 スタイリングに関しては、2ボディともに緻密なデザイン変更を実施する。ハッチバックは「ロー&ワイドを基調とした、躍動感と先進感あふれる革新的なスポーティシェイプに、さらなる磨きをかけた」と主張。また、セダンは「流麗なルーフライン、硬質で彫刻的なサイドパネルをもつ先進的で上質なフォルムに、いっそうの成熟が漂う」と表現した。

honda civic sedan 事前1.jpg▲改良モデルのシビック・セダンは「流麗なルーフライン、硬質で彫刻的なサイドパネルをもつ先進的で上質なフォルムに、いっそうの成熟が漂う」スタイリングと謳う

 ボディカラーについては、ハッチバックに新色のプラチナホワイト・パール/ソニックグレー・パール/オブシダンブルー・パールを設定。ほかにクリスタルブラック・パール/フレームレッドを用意する。一方、セダンは新色にプレミアムクリスタルブルー・メタリックを採用。ほかにプラチナホワイト・パール/クリスタルブラック・パール/ルナシルバー・メタリック/コスミックブルー・メタリック/プレミアムクリスタルレッド・メタリックをラインアップした。

honda civic sedan 事前2.jpg▲セダンはボディカラーに新色のプレミアムクリスタルブルー・メタリックを採用。ほかにプレミアムクリスタルレッド・メタリックやプラチナホワイト・パールなどを用意する

 エクイップメントでは、ハッチバックのCVT車に新設計のトップロードサンルーフをオプション設定したことが注目点だ。手動で天井部のカバーをスライドさせれば、室内を陽光で満たすガラスサンルーフが出現。また、ガラス部には電動開閉およびチルトアップ機能を内蔵する。一方、シートに関してはソフトウィーブ×プライムスムースの新コンビシートを採用したことが特徴。また、機能面では路上に設置されたインフラ設備との双方向通信を行うETC2.0車載器を搭載した。

honda civic hb 事前3.jpg▲ハッチバックのCVT車に新設計のトップロードサンルーフをオプション設定

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報