ー 

RAV4に真打ち登場。プラグインハイブリッドモデルを世界初披露

Writer:伊藤治彦 

 トヨタは、RAV4のプラグインハイブリッド車(PHV)の「RAV4 Prime」を世界初披露(米国車名・米国仕様)。11月22日(金)から開催のロサンゼルスオートショーに出展し、日本への投入は、米国と同時期の2020年夏を予定している。特徴は米国でクラストップレベルの加速性能などパワフルな走行を可能にした点だ。

20191120_02_01_top.jpg
▲RAV4 Prime 0→60マイル/h(0→96km/h)加速は5.8秒をマーク 米国および日本は2020年夏のデビュー 欧州では2020年後半の発売を予定

 新開発の大容量リチウムイオン電池や、大容量モーター、そして高出力を可能にする新たなプラグインハイブリッドシステムを搭載。RAV4のハイブリッドモデルと同様の2.5Lエンジンを搭載しながらも、システム出力はハイブリッドモデルを83hp(約62kw)上回るクラストップレベルの302hp(約225kw)を達成した。加速性能も秀でていて、0→60マイル/h(0→96km/h)加速は5.8秒。ハイブリッドの7.8秒を大きく上回るパフォーマンスを披露する。

 大容量リチウムイオン電池は床下に搭載。室内空間を確保するとともに、低重心化を実現して、走行安定性の向上に繋げている。駆動方式はハイブリッド車と同様の「E-Four」(電気式4WDシステム)で、走破性の高さを継承する。

20191120_02_11_4.jpg
▲新開発のプラグインハイブリッドシステムを採用 走りにこだわりながらもEV航続距離など優れた環境性能を実現

 パワフルな走りに加えて、39マイル(約62km)のEV航続距離を達成。プリウスPHVと同様のヒートポンプオートエアコンを採用するのも注目ポイントで、優れた空調システムをさらに最適化して高効率な電力消費を実現するなど、多岐にわたり環境性能に磨きをかけている。

 駆動用電池に蓄えた電力は最大1500Wの出力で家電などへ供給が可能。外部給電機能を搭載したためで、大容量電池の利点を活かし、災害時に役立つ機能も備えている。

20191120_02_31_1.jpg
▲ピアノブラックのアクセントを加えることで上級な印象に仕立てたエクステリア 足もとには19インチ専用アルミを採用

 内外観のデザインにも手を加えている。エクステリアデザインは、専用ミッドグリルとロアバンパーを採用することで、プレミアムなワイド感や低重心感を演出。メッシュグリルでスポーティさを際立たせ、ピアノブラックのアクセントで高級感を高めるなど細部にまでこだわった演出が心憎い。

 19インチ専用アルミホイールに大径タイヤを組み合わせ、SUVらしい力強さと安定感も演出。ボディカラーには、鮮やかで質感の高いスーパーソニックレッドを新設定した。ボディ下部にブラック塗装を採用。ブラックルーフと合わせて、引き締まった印象を与え、スポーティで上質なキャラクターに仕上げている。

20191120_02_24_2.jpg
▲パドルシフトを採用するなどインテリアでも走りにこだわる ヒートポンプオートエアコンを採用して高効率な電力消費を実現

 インテリアでは、RAV4として初採用したアイテムが注目で、視認性を高めるヘッドアップディスプレイや、大型9インチディスプレイオーディオを投入。スポーティな走行を支援するパドルシフトも設定するなど抜かりない。

 電動車ならではの運転の楽しさに加えて、EV航続距離をはじめとする優れた環境性能を実現。しかも、走りにこだわり「Fun to Drive」を追求して開発した、日本デビューが待たれるモデルだ。

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年2月号

  • ・新型日産ノート/新車解説・試乗速報・ライバル比較
  • ・新型トヨタMIRAI/新車解説・試乗速報
  • ・特集 最新SUV一気乗り

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る