• TOP
  • ダイハツとトヨタで販売。小粒でピリリと辛い、コペンGRスポーツの「気持ちのいい世界」とは

 ー 

ダイハツとトヨタで販売。小粒でピリリと辛い、コペンGRスポーツの「気持ちのいい世界」とは

Writer:河村康彦 Photo:小久保昭彦

コペンGRスポーツ 試乗記

メインIMG_5600.JPGコペンGRスポーツ 価格:5MT 243万5000円/7CVT 238万円 2019年1月の東京オートサロンに出展されたモデルの市販バージョン 「意のままに操れる気持ちのいい走り」をテーマに開発

ダイハツとトヨタの情熱の結晶。ボディは徹底強化

 もっとスポーティなコペンがほしい――そんな声を受けてコペンGRスポーツがデビューした。コペンGRスポーツは、2019年の東京オートサロンでサプライズ展示が行われ、話題を集めたファインチューンドカーだ。

「トヨタがモータースポーツ活動を通じて培った知見を共有し、ダイハツが開発を行った」というコラボレーションモデルである。ダイハツ店とトヨタの全ディーラーで販売される。GRブランドとしては初の軽自動車だ。

 これまでのコペンにあったどの仕様とも一線を画したシャープな表情のフロントマスクは、水平基調かつワイド感を強調したGRモデルの流儀に沿った仕上がり。スポーツモデルらしく、ボディ各部の形状は空力性能向上に配慮しながら決定したという。床下にスパッツを採用するなど、目に見えない部分にも気を配っている。

 ルーフは、リトラクタブル式の電動オープンシステムを継承。コペン最大の特徴だけに、走り重視モデルでありながら、「軽量化のために外すという選択肢はなかった」という。

 ただし、オープンボディゆえのウイークポイントを改善するために、剛性向上対策は徹底している。

 ダイハツがD―フレームと呼ぶ、オープンボディ用の骨格構造を踏襲したうえで、専用ブレースを床下のフロントとセンター部分に追加して局部剛性を向上。そして専用チューニングが施されたサスペンションと、専用設定のパワーステアリングを採用した。5速MT仕様にはLSDを組み込み、走りの強化を図っている。

IMG_5612.JPGGRスポーツは従来のローブ/Xプレイ/セロに続く第4の個性 コペンはDーフレームと呼ぶ独特のボディ構造を採用 主要ボディパネルは樹脂製

レカロシート標準。パワーユニットは64psターボ!

 コペンGRスポーツのドアを開ける。目に飛び込んできたのは、標準仕様よりも明らかにスポーティなインテリア。センタークラスターとドアグリップ部のピアノブラック加飾は、このモデル専用のコスメティック。そして最も目を引くアイテムは、GRのロゴ入りレカロシートだ。本格スポーツカーらしい雰囲気を大いに高めている。

 一方、物足りないのはステアリングホイールとメーターのグラフィック。前者は名門モモ製だが、ぼってりと大きなセンターパッドがスポーツカーらしくない。速度計は140km/hスケールで、目盛りは大ざっぱ。実用車風で残念だ。

 5速MTとCVTが設定されるコペンGRスポーツのうち、今回の試乗車は5MT。エンジンは658ccの直3DOHC12Vターボ。スペックは64ps/6400rpm、92Nm/3200rpm。車重は850kgで駆動方式はFFだ。エンジンはとくに手を加えられていない。

メイン02IMG_5704.JPG室内は各所にピアノブラック加飾を施し上質な精悍さを表現 ステアリングはモモ製本革巻き 電動パワーステアリングはしっかり感を高めた専用制御 タイトさが車両との一体感を高める

冴えるフットワーク!日本が誇る超コンパクトスポーツ

「64ps自主規制」の関係もあり、加速力は「それなり」というのが実感。ファインチューンド・オープンKカーの「好敵手」といえるホンダS660モデューロXとの重量差はわずかに10㎏。実際、両車の加速感は甲乙つけがたい。

 走りのテイストで最も感心した点はフットワーク。深い舗装の継ぎ目が連続する西湘バイパス(神奈川県)を走行しても、いっさい跳ねない。路面をなめるように走ってくれるという点では、S660よりもわずかだが上を行っている印象である。

 高い直進性やクルージング時のフラット感は、コペンもS660もKカーとしてトップクラス。ともに70km/h付近から「空力性能」が実感できる。

 S660に軍配が上がるのはトランスミッション。コペンの5速に対してS660は6速。コペンで高速クルージング中、存在しない第6速を目がけて何度もシフトアップをしたくなった。

 いずれにしても、これまでダントツといえた走りのポテンシャルを備えるS660モデューロXに対して、一矢を報いた実力派がコペンGRスポーツ。走りの完成度は高く、しかも楽しい。残念な点は、日本の財産ともいうべき超コンパクトスポーツカーが、国内でしか活躍の舞台を持たないこと。海外でも注目しているファンは多いのではないだろうか。

IMG_6062.JPG路面をなめるようにとらえるフットワークが印象的 高速走行時の安定性はハイレベル 操縦フィールは軽快で楽しい

オープン01IMG_5631.JPGオープン02IMG_5638.JPGオープン03IMG_5644.JPG電動開閉式アクティブトップは約20秒でオープン/クローズができる 開閉動作はスムーズ クローズド時の耐候性は高水準 トランク容量も実用的なサイズ

IMG_5738.JPGサポート性に優れたレカロシート標準 素材はスエード調ファブリック 着座位置は低い オープン時の開放感は最高

※次ページでスペックを紹介

1  2

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報