• TOP
  • 3回目のリファイン実施。レクサスのフラッグシップ、最新LSは「世界の頂点」に君臨する存在になったか

 ー 

3回目のリファイン実施。レクサスのフラッグシップ、最新LSは「世界の頂点」に君臨する存在になったか

Writer:西川淳 Photo:小久保昭彦

レクサスLS500hエグゼクティブ(4WD) 試乗記

IMG_2574.JPGレクサスLS500hエグゼクティブ(4WD) 価格:THS 1711万7000円 エグゼクティブは後席居住性を高めたトップグレード 足回りは4輪マルチリンク式エアサス ハイブリッドのパワートレーンは3.5リッター・V6(299ps)+モーター(180ps)

最新モデルは乗り心地、静粛性、そして快適性が一段と向上

 レクサスのフラッグシップ、LSが、デビュー以来3回目の改良を受けた。プレミアムブランドともなれば、年次改良でモデルを発展させるのは当然の話。度重なる改良は、目の肥えたユーザーの厳しい声を丹念に拾い上げて、商品力強化に努めている一例といえる。高額車両のビジネスにおいては、メーカーの企画力に加えて販売店の底力も問われる。というのは、商品力向上においてもユーザーとのコミュニケーションが大切だからだ。

 今回のLSの改良は、主にハイブリッドモデル、とくに売れ筋と思われるFRモデルの乗り心地や静粛性、快適性などの向上が図られた。ランフラットタイヤの構造最適化に始まり、2018年の4WD車用に続いてFR車のショックアブソーバーにも伸圧独立オリフィスを採用した。さらにAVS(アクティブ・バリアブル・サスペンション・システム)の姿勢制御を再チューニング。通常モードで走行中のバッテリーアシスト量とアクセル特性を変更し、より静かでスムーズな加速を追求した。Fスポーツはブレーキダストとブレーキノイズを減らしたブレーキパッドを組み込んでいる。

 改良点は走りの面だけではない。人気装備のリアシートエンターテインメントシステム装着車の後席快適性を高め、一部の上位グレードはフロントシートの後方リクライニング角を拡大。快適性や使い勝手に細かくこだわったリファインを施した。

IMG_2583.JPG最新ハイブリッドは通常走行時のバッテリーによるアシスト量とアクセル特性をリファイン タイヤと足回りの改良と相まって一段とスムーズな走りを追求

最新モデルは、モーターを主役にスルスル走る!スムーズで速く、そして静粛

 フラッグシップの改良内容を実感するためにハイブリッド車に試乗した。

 もともと高い静粛性に定評のあるLSだけに、はたして変化がわかるものなのか、乗る前は不安だったが、杞憂だった。静粛性の違いがはっきりとわかるというよりも、走りの質感が変わったことで、結果的に快適性が高まり、従来以上に静かに感じた、というのがファーストインプレッションである。

 アクセルを普通に踏む加速において、エンジンに頼る度合いが明らかに減っている。モーターを主役にスルスル走るという感覚が強まっているのだ。その結果、スムーズで速く、そして従来以上に静かに走っているように感じる。電動化された高級サルーンの模範的な発展型である。

 一方で、気になる点もまだ残っていた。静かで快適になったから、いっそう目立つのだろうか、フロアからの微振動が気になった。わずかな振動だが、不快だった。このあたりの快適性に関する改良は、もぐら叩きのようなものだと思われるが、今後も改善に取り組んでほしい。すでにパワートレーンは素晴らしいのだから。

IMG_2647.JPGインパネは横方向の広がりを強調したデザイン 走りに関連するコントロール系はドライバー正面に配置 中央モニターは大型12.3インチ

IMG_2672.JPGIMG_2695.JPGセミアニリン本革シート標準 エグゼクティブの後席は左右独立リクライニング&マッサージ機能付き 左側はオットマン標準 室内長2080mm

IMG_2613.JPGライトはシャープ形状フルLED ウインカーはシーケンシャル式

※次ページでスペックを紹介

1  2

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報