ー 

アウディQシリーズの末っ子「Q2」のハイパフォーマンスモデル「SQ2」が待望の日本上陸!

Writer:大貫直次郎 

アウディのプレミアムコンパクトSUVのQ2に300psを発生する2.0TFSIエンジンを搭載した高性能版「SQ2」を新設定

 アウディ・ジャパンは12月3日、人気プレミアムコンパクトSUVのQ2シリーズにスポーツ性能を大幅に高めた「SQ2」をラインアップし、同日より発売した。車両価格は599万円に設定する。

Audi_SQ2 1.jpg▲アウディSQ2 価格:7SMT599万円 全長4220×全幅1800×全高1525mm 車重1570kg 乗車定員5名 パワーユニットに2.0TFSI1984cc直列4気筒DOHC16V直噴インタークーラー付ターボエンジン(300ps400Nm)を搭載する

 SQ2のハイライトは、何といってもそのパワートレインにある。搭載エンジンは2.0TFSIの1984cc直列4気筒DOHC16V直噴インタークーラー付ターボユニットで、最高出力は300ps/5300~6500rpm、最大トルクは400N・m/2000~5200rpmを発生。専用セッティングの7速Sトロニックトランスミッションを介して、強力パワーを4WDシステムのクワトロ(quattro)に伝達する。センターデフとして電子制御多板クラッチを備えるクワトロは、前後トルク配分を適切にコントロール。また、スポーティ走行のコーナリング時ではホイールセレクティブコントロールがコーナー内側のホイールに軽いブレーキをかけることで、スムーズかつ的確なハンドリング性能を具現化した。性能面では、0→100km/h加速が4.8秒、最高速度が250km/h(電子制御リミッター作動)と公表する。

Audi_SQ2 2.jpg▲駆動機構にはQ2シリーズとして日本初採用となるクワトロシステムを導入。懸架機構には専用にセットアップしたS Sportサスペンションを組み込んだ

 前マクファーソンストラット/後マルチリンクで仕立てた懸架機構には、専用にセットアップしたS Sportサスペンションを組み込む。シューズには専用18インチアルミホイール+235/45R18タイヤを装着。操舵機構にはギアレシオを専用にクイック化したプログレッシブステアリングを装備した。また、エンジンやトランスミッション、電動パワステなどの制御モードをauto/comfort/dynamic/efficiency/individualから選択できるアウディドライブセレクトも採用している。

 エクステリアについては、専用アレンジのシングルフレームグリルやバンパーなどを導入してよりアグレッシブかつスポーティに仕立てたことが訴求点。ボディサイズは全長4220×全幅1800×全高1525mm/ホイールベース2595mm、車重は1570kgに設定する。ボディカラーには専用色のデイトナグレーPEおよびクワンタムグレーを含めて全8タイプをラインアップした。

Audi_SQ2 3.jpg▲レッドを基調としたSQ2インテリアデザインパッケージを設定。ブレーキやアクセルを自動制御して車間距離と速度を一定に保つ最新のアダプティブクルーズコントロールを標準で装備する。日本導入モデルのハンドル位置は右

 インテリアに関しては、標準でクロス/レザー仕様、オプションでファインナッパレザーを採用。また、ファインナッパレザーのシートセンター地にロックグレーステッチを施したマグマレッドを、さらにエアコン吹き出し口に付くレッドアクセントリング、マルチカラーアンビエントライティングを組み合わせたSQ2インテリアデザインパッケージを設定している。

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報