ー 

2020年注目フレッシュモデル! 新型ハスラーがティザー開始。4WDはオフロード走行モード新設定

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 Photo:小久保昭彦+横田康志朗

新型スズキ・ハスラー 新車紹介/2019年12月末デビュー予定

メインIMG_4342.JPGスズキ・ハスラー 新型は2019年12月デビュー予定 写真は「アーバンアウトドアスタイル」を標榜するドレスUP仕様 スタイリングはボクシーで骨太

一段とボクシー&ワイルドに変身。街でもアウトドアでも目立つ造形

 新型ハスラーのデビューは2019年12月末。2ndモデルは、「ちょっぴりワイルド、すごく楽しい_」という従来からの個性をいっそう鮮明にした。スタイリングはキープコンセプト。アイデンティティの丸型ヘッドライトは継承され、ホイールベースは現行モデル比35mm長くなった。新たにリアクオーターウィンドウがプラスされたサイドビューはのびやかな印象。ボディサイズは軽自動車規格の関係で全長×全幅3395×1475㎜と変わらないが、より存在感が増した。最低地上高はFF、4WDとも180㎜。ラフロードや河原に乗り入れる際でも安心なクリアランスを確保している。オプションの2トーン塗装の塗り分けは、従来から変更され、新型はリアクオーター部もルーフと同色だ。

 インテリアはタフなイメージを強調。インパネは、メーター/センター/助手席に印象的な「縁取」を設定。ボディカラーに応じてトリミング色が選べる。メーターは燃費などの情報表示ゾーンを拡大した。シートはクッション性に優れた大型形状。前席はベンチ形状からセパレート形状に変更され、センター部に小物収納スペースを新設。後席は荷室側からスライド&フォールダウンができる。

修正IMG_4344.JPG新型は2トーン塗装の塗り分けを一新 4WDはオフロード/凍結路に対応した走行モードを新設 最低地上高180mm

全車マイルドハイブリッド仕様。ターボは全車速対応クルーズコントロール装備

 パワーユニットは、自然吸気とターボの2種。全車ISG(モーター機能付き発電機)を組み合わせたマイルドハイブリッド仕様。ユニットは従来と共通だが、各部の改良で走り、燃費ともに実力がアップしている。駆動方式はFFと4WD。4WDは、既存のヒルディセントコントロールに加え、オフロードや凍結路の走行に適した走行モードが選べる。

 安全・運転支援システムのデュアルカメラブレーキサポートは、夜間の歩行者検知機能をプラス。ターボには車線逸脱抑制機能付きアダプティブクルーズコントロールを新装備する。

 新型ハスラーのティザーサイトはこちら

修正PA233714.JPGインパネはタフな印象 新型はメーター/センター/助手席に印象的な「縁取り」を設定 オーディオはスマホと連携するディスプレイタイプや通常ナビなど多彩なシステムをラインアップ

修正PA233718.JPG修正PA233723.JPG前席はセパレート形状 センター部に小物収納スペースを用意 センターアームレスト標準 後席はロングスライド機構付き ホイールベース30mm延長で室内スペースは従来型比で拡大

PA233738.JPGアイデンティティの丸型ヘッドライトを継承 バンパーにフォグをビルトイン クラッディングパーツは力強い造形

_DSC1990.jpgルーフキャリアをはじめ多彩なオプションを設定 ライフスタイルに合わせたドレスUPが楽しめる

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報