• TOP
  • 2020年注目フレッシュモデル! MIRAIは「未来」のクラウン!? 究極のクリーン・スポーツサルーンの完成度に迫る

 ー 

2020年注目フレッシュモデル! MIRAIは「未来」のクラウン!? 究極のクリーン・スポーツサルーンの完成度に迫る

Writer:山本シンヤ Photo:小久保昭彦+横田康志朗+TOYOTA

新型MIRAI 新車解説/2020年末デビュー予定

メインIMG_2773.JPGトヨタMIRAI 新型は現行モデルからコンセプトを一新 走行性能を重視したFRスポーツセダン FC(フューエルセル=燃料電池)システムは全面改良 航続距離は現行モデル比30%アップ

新型は走行性能を重視したFRレイアウト。スポーティで伸びやかな造形

 トヨタMIRAIは、世界初の量産燃料電池車(FCV)として2014年に登場。2ndモデルとなる新型は一般的なモデルチェンジとは異なり、パワートレーンにトヨタフューエルセルシステム(TFCS)を用いる以外はすべてが新しい。コンセプトチェンジという表現がふさわしい。

 現行型は個性的なデザインながら基本はオーソドックなFFセダンだ。新型は走行性能を重視したFRスポーツセダンに全面刷新。フロントミッドシップレイアウト、ワイド&ロー、低い全高を生かしたスポーティでのびやかな造形はクルマ自体の魅力度が高い。ボディサイズは全長×全幅×全高4975×1885×1470mm、ホイールベース2920mmと、クラウンとレクサスLSの中間だ。

 タイヤは25/45R20を装着、ボディ色は新開発のブルー(フォースブルー・マルチプルレイヤーズ)だが、これらは量産仕様にも採用されるもよう。

 インテリアは、ドライバーを包み込むようなインパネデザインと12.3インチのワイドモニターを取り入れたセンタークラスターが特徴。環境対応車でありながらもドライバーズカーであることをアピールする。現行モデルは4名乗りだが、新型は5名乗りである。

IMG_2823.JPG全長×全幅×全高4975×1885×1470mm ホイールベース2920mm ボディサイズはメルセデスEクラス(同4950×1850×1450mm/WB2940mm)と同等

航続距離800kmオーバー! 異次元の静粛性と走行フィールを目指し開発

 水素を空気中の酸素と化学反応させて発電して走るパワートレーンの詳細は未公表だが、FCスタックをはじめとするTFCSをすべて再設計。航続距離は現行モデル比で約30%アップを目標に開発が進められている。現行モデルの航続距離は約650km(JC08モード)。新型は800㎞超えを目標にしている。

 プラットフォームは「TNGAを採用」という以外の詳細は未公表。駆動方式がFFからFRに変更されているからGA-LシャシーをベースにFCVに最適なスペックに改善されているのだろう。関係者によると「異次元の静粛性」と「いままでにない走行フィール」を目指して開発が進められているという。

 チーフエンジニアの田中義和氏(現行モデルも担当)は、「FCVだから選んだのではなく『「ほしいクルマ」を選んだらそれがFCVだった』というクルマに仕上げました」と語っている。

 ショー出展車はコンセプトカーの位置づけだが、前回の東京モーターショーで世界初公開されたクラウンと同じように、ほぼこのままの姿で市販されることは確実。日本や北米、欧州などで2020年末からの発売を予定している。ステアリングを握るのが楽しみな1台である。

MIRAI-Concept_08.jpgインパネ中央に12.3インチワイドモニターをレイアウト メーターはフル液晶仕様 ディンプル本革巻きステアリングなど各部はスポーティ指向 ショー出品車のシートは本革

PA102949.JPG新型は現行の4シーターから5シーターに改良 サルーンとしての魅力をアップ 着座位置は低めの設定 各部の作りは上質

PA102922.JPGMIRAIは水素を空気中の酸素と化学反応させて発電 その電力で走行する究極のエコカー

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年7月号

  • ・いま、乗っておきたいエンジン車特集
  • ・主要22社電動化戦略オールガイド
  • ・池田直渡「クルマのパースペクティブ」

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る