• TOP
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイアが商品改良を実施。スマートフォンとの連携が可能なディスプレイオーディオを新採用

 ー 

トヨタ・アルファード/ヴェルファイアが商品改良を実施。スマートフォンとの連携が可能なディスプレイオーディオを新採用

Writer:大貫直次郎 

トヨタのラグジュアリー・ミニバンのアルファード/ヴェルファイアがマイナーチェンジ。スマートフォンとの連携を可能にした9インチのディスプレイオーディオを標準装備

 トヨタ自動車は1218日、人気ラグジュアリー・ミニバンのアルファード/ヴェルファイアの一部改良を行い、202016日に発売すると発表した。

アルファード.jpg▲トヨタ・アルファードSR"Cパッケージ" 価格:THS5654000円 全長4950×全幅1850×全高1950mm/ホイールベース3000mm 乗車定員7

車種展開は以下の通り。

■アルファード
X:352万円(4WDは25万4000円高)
X"サイドリフトアップチルトシート装着車":363万5000円(4WDは22万8000円高)
S(8名乗り):386万4000円(4WDは25万5000円高)
S(7名乗り):390万8000円(4WDは25万5000円高)
S"サイドリフトアップチルトシート装着車":388万4000円(4WDは22万9000円高)
S"Cパッケージ":466万4000円(4WDは25万4000円高)
G:453万9000円(4WDは25万4000円高)
G"サイドリフトアップチルトシート装着車":442万1000円(4WDは22万8000円高)
GF:518万5000円(4WDは19万8000円高)
GF"サイドリフトアップチルトシート装着車":488万3000円(4WDは23万1000円高)
SC:526万円(4WDは19万7000円高)
Executive Lounge:726万9000円(4WDは19万7000円高)
Executive Lounge S:742万1000円(4WDは19万8000円高)
■アルファード・ハイブリッド
X(8名乗り):454万7000円
X(7名乗り):459万円
X"サイドリフトアップチルトシート装着車":458万7000円
S:479万9000円
G:534万4000円
G"Fパッケージ":550万7000円
SR:549万1000円
SR"サイドリフトアップチルトシート装着車":532万円
SR"Cパッケージ":565万4000円
Executive Lounge:759万9000円
Executive Lounge S:775万2000円
■ヴェルファイア
X:352万円(4WDは25万4000円高)
X"サイドリフトアップチルトシート装着車":363万5000円(4WDは22万8000円高)
Z(8名乗り):386万4000円(4WDは25万5000円高)
Z(7名乗り):390万8000円(4WDは25万5000円高)
Z"サイドリフトアップチルトシート装着車":388万4000円(4WDは22万9000円高)
Z"Gエディション":466万4000円(4WDは25万4000円高)
V:453万9000円(4WDは25万4000円高)
V"サイドリフトアップチルトシート装着車":442万1000円(4WDは22万8000円高)
VL:518万5000円(4WDは19万8000円高)
VL"サイドリフトアップチルトシート装着車":488万3000円(4WDは23万1000円高)
ZG:526万円(4WDは19万7000円高)
Executive Lounge:726万9000円(4WDは19万7000円高)
Executive Lounge Z:742万1000円(4WDは19万8000円高)
■ヴェルファイア・ハイブリッド
X(8名乗り):454万7000円
X(7名乗り):459万円
X"サイドリフトアップチルトシート装着車":458万7000円
Z:479万9000円
V:534万4000円
V"Lエディション":550万7000円
ZR:549万1000円
ZR"サイドリフトアップチルトシート装着車":532万円
ZR"Gエディション":565万4000円
Executive Lounge:759万9000円
Executive Lounge Z:775万2000円

ヴェルファイア.jpg▲トヨタ・ヴェルファイアZG2WD) 価格:8SAT526万円 全長4935×全幅1850×全高1935mm/ホイールベース3000mm 乗車定員7

 今回の一部改良は、機能性および利便性の向上を図って旗艦ミニバンとしての魅力度をさらに引き上げたことが特徴である。

アルファード内装.jpg▲写真はアルファードSR"Cパッケージ"の内装。スマートフォンとの連携を可能にした9インチのディスプレイオーディオを標準装備した

 まずオーディオシステムでは、スマートフォンとの連携を可能にした9インチのディスプレイオーディオ(DA)を標準装備したことがトピック。DAは、SmartDeviceLink対応のスマホアプリ(TCスマホナビや音楽・ラジオのアプリなど)をディスプレイ上に表示し、普段使いのスマホと同様の操作ができる。LINEカーナビでは音声認識での目的地設定やLINEのメッセージ送受信、音楽再生などが可能で、またApple CarPlayAndroid Autoについても日常利用している地図アプリや音楽アプリなどをディスプレイ上で操作・利用できる。一方、従来通りの車載用ナビゲーション機能を利用したいユーザーには、エントリーナビキットまたはT-Connectナビキットの2種類からの選択を可能とした。

アルファードDA.jpgDASmartDeviceLink対応のスマホアプリをディスプレイ上に表示し、普段使いのスマホと同様の操作ができる

 従来より設定のT-Connect SDナビゲーションシステムについては10.5インチディスプレイを、リアシートエンターテインメントシステムについては13.3インチディスプレイを新採用。画面を大型化することで、より見やすい環境を提供する。

アルファードSDナビ.jpgT-Connect SDナビゲーションシステムには大型化した10.5インチディスプレイを採用する

アルファート リアシート13.3インチディスプレイ.jpg▲リアシートエンターテインメントシステムには大型化した13.3インチディスプレイを組み込む

 また、バックガイドモニターを全車標準装備するとともに、3LEDヘッドランプ、ウェルカムパワースライドドア&予約ロック機能の標準装備設定グレードを拡大。さらに、スライドドアの開閉に連動してステップが展開・格納される電動サイドステップをオプション設定するなど、使用性をいっそう向上させた。

アルファード3眼LEDヘッドランプ.jpgヴェルファイア 3眼LEDヘッドランフ.jpg3LEDヘッドランプ(写真上アルファード/同下ヴェルファイア)とウェルカムパワースライドドア&予約ロック機能の標準装備設定グレードを拡大した

アルファード電動サイドステップ.jpg▲スライドドアの開閉に連動してステップが展開・格納される電動サイドステップをオプション設定する

 パワートレインに関しては基本的に従来と同様で、2AR-FE2493cc直列4気筒DOHCガソリンエンジン(182ps24.0kgm)+Super CVT-i2GR-FKS3456ccV6気筒DOHC直噴ガソリンエンジン(301ps36.8kgm)+Direct Shift-8AT2AR-FXE2493cc直列4気筒DOHCガソリンエンジン(152ps21.0kgm)+前2JM型モーター(105kW270Nm)/後2FM型モーター(50kW139Nm)のリダクション機構付THSⅡE-Fourという3機種を採用。ボディサイズはアルファードが全長49454950×全幅1850×全高19351950mm/ホイールベース3000mm、ヴェルファイアが全長4935×全幅1850×全高19351950mm/ホイールベース3000mmに設定している。

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年12月号

  • ・新型レクサスNX
  • ・新型トヨタ・カローラクロスとライバル
  • ・特集 トヨタSUVワールド

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る