ー 

三菱自動車は東京オートサロン2020で新型軽スーパーハイトワゴンを初公開!

Writer:大貫直次郎 

三菱自動車も気合入ってます! 東京オートサロン2020で新型軽スーパーハイトワゴンを初公開。既存のRV群もドレスアップして勢ぞろい

 三菱自動車は1224日、幕張メッセで2020110日~12日に開催される東京オートサロン2020での出展概要を発表した。

 今回の東京オートサロンでは、"Drive your Ambition"をテーマに、2020年初頭の発売を予定する新型軽スーパーハイトワゴンやドレスアップした既存のRV群の計7台を披露する。

三菱 東京オートサロン2020 1.jpg▲三菱自動車のブースの中央には"Coming Soon"の看板を掲げた新型軽スーパーハイトワゴンの2台が展示される

 最大の注目は、"Coming Soon"の看板を掲げた新型軽スーパーハイトワゴンの2台。東京モーターショー2019で披露したSuper Height K-Wagon Concept(スーパーハイト軽ワゴンコンセプト)」の発展型で、より量産モデルに近い仕様が展示されるものと見込まれる。また、2台ということは標準タイプとカスタムタイプを公開するのかもしれない。

eKクロス WILD BEAST Concept.jpg▲"THE WILD BEAST(ワイルド・ビースト)"をコンセプトに、遊び心を感じるアウトドアイメージを強調した軽ハイトワゴン「eKクロス WILD BEAST Concept

 残る5台は、既存のRVをカスタマイズしたモデル群だ。まず、軽ハイトワゴン「eKクロス WILD BEAST Concept」。"THE WILD BEAST(ワイルド・ビースト)"をコンセプトに、遊び心を感じるアウトドアイメージを強調することでeKクロスの持つSUVらしい新しい魅力をいっそう引き立てたことが特徴だ。ボディカラーはイエローとブラックのカラーリングをベースに、ルーフおよびテールゲートやボディサイドにブラック&グレーのカモフラージュ柄のアクセントを配置。タイヤはオンロードの快適性とオフロードでの走破性を両立するトーヨータイヤ製OPEN COUNTRY R/Tを装着し、同時にホイールはボディと同様のカラーリングで彩って全体の統一感を高めている。

アウトランダーPHEV 特務機関 NERV仕様.jpg▲プラグインハイブリッドEV「アウトランダーPHEV特務機関NERV仕様」。災害などで威力を発揮する特別装備を豊富に組み込む

 2台目はプラグインハイブリッドEV「アウトランダーPHEV特務機関NERV仕様」。特務機関NERVは、ゲヒルン株式会社が運営する「特務機関NERV防災」アプリや防災情報配信サービスで、地震や津波、気象警報などの防災気象情報、停電情報といった生活情報などを速報で発信する組織。NERVの名称はもちろん、『エヴァンゲリオン』シリーズの著作権者である株式会社カラーと、同作の権利を管理する株式会社グラウンドワークスの許諾に基づき使用している。出展車は特務機関NERVのラッピングを施したうえで、米国カイメタ社が製造する平面型衛星アンテナ「KYMETA u7」を搭載し、スカパーJSAT株式会社とコラボレーションして衛星通信によるインターネット接続サービスを提供する。また、内閣府の協力により準天頂衛星「みちびき」を利用した衛星安否確認サービス「Q-ANPI」端末を装備し、みちびきを利用した災害用通信も提供している。一方、タイヤにはトーヨータイヤ製OPEN COUNTRY R/T、ホイールにはCRIMSONLYCANを採用し、災害時の支援活動におけるオフロードでの走破性も高めた仕様とした。

エクリプス クロス 週末探検家仕様.jpg▲クロスオーバーSUV「エクリプス クロス週末探検家仕様」。スマートフォン連携ディスプレイオーディオ「SDA」とオリジナルアプリ「週末探検家」のコネクティッドシステムを採用する

 3台目はクロスオーバーSUV「エクリプス クロス週末探検家仕様」。スマートフォン連携ディスプレイオーディオ「SDA」とオリジナルアプリ「週末探検家」のコネクティッドシステムを組み込んだモデルで、サスペンションにはワイヤレスリモコンおよびスマートフォンアプリで車高の上げ下げができるエアーサスペンションジャパン製のスーパーパフォーマンスキットを採用。また、タイヤにはトーヨータイヤ製OPEN COUNTRY R/T、ホイールにはRAYSTEAM DAYTONA M9を装備し、行動範囲がさらに広がる、楽しさがより深まる、週末探検家にふさわしい仕様に仕立てた。

デリカD:5 ALL BLACKSサポートカー.jpg▲ラグビーワールドカップ2019日本大会におけるラグビーニュージーランド代表チームALL BLACKSのサポートカーを務めたモデル仕様のデリカD:5 ALL BLACKSサポートカー」

 残りの2台は、オールラウンドミニバン「デリカD:5」のカスタマイズカーだ。1台は「デリカD:5 ALL BLACKSサポートカー」。ラグビーワールドカップ2019日本大会におけるラグビーニュージーランド代表チームALL BLACKSのサポートカーを務めたモデル仕様で、ボンネットとテールゲートにはALL BLACKSのロゴマークをあしらい、また左右ボディサイドにはチームの象徴でありニュージーランド固有のシダの葉であるシルバーファーンを大胆に配する。シューズにはヨコハマ製GEOLANDAR X-AT G016タイヤとADVAN Racing RZⅡホイールを装着し、ALL BLACKSの鍛え抜かれたラガーマンを彷彿とさせる力強い足もとを演出した。

デリカD:5 eye・キュート.jpg▲かわいらしくて親しみやすいフロントフェイスに仕立てた「デリカD:5 eye・キュートproduced byテリー伊藤」

 もう1台は「デリカD:5 eye・キュートproduced byテリー伊藤」。演出家・コメンテーターのテリー伊藤氏がプロデュースしたカスタマイズカーで、ボンネットをアッパーグリルまで延長させたうえで丸型のヘッドライトを組み込んだフロントフェイス、タータンチェック柄のシート表地、ヨコハマ製GEOLANDAR CV G058タイヤ+MLJDAYTONAホイールのシューズなどを特別装備して、かわいらしさや親しみやすさ、そしてクラシカルモダンなムードを創出している。

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年11月号

  • ・緊急レポート 新型日産フェアレディZ
  • ・特集1 HOTハッチ頂上決戦!
  • ・特集2 こだわりステーションワゴン

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る