ー 

新型スズキ・ハスラー特集「内外装」:発売は2020年1月20日。造形は力強く、室内はさらに広く

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 Photo:小久保昭彦+SUZUKI

新型スズキ・ハスラー 価格:136万5100~174万6800円 新車ニュース

メインIMG_7776.JPGスズキ・ハスラー・ハイブリッドXターボ(4WD) 価格:7CVT 174万6800円 東京モーターショー2019に出展されたコンセプトモデルの市販版 「もっと遊べる! もっとワクワク!」をキーワードに開発

まずはプロフィール紹介。全車マイルドハイブリッド。価格は実質的には値下げのリーズナブル設定

 新型ハスラーが登場した。新型は「遊べるKカー」という従来からの個性を全方位で磨いた意欲作。東京モーターショー2019に出展されたコンセプトカーの市販モデルだ。

 スタイリングはいっそうボクシーで力強くなり、室内は使い勝手が向上。安全・運転支援機能が充実した。ラインアップはシンプル。LEDヘッドライトとアルミホイールを標準装備にしたXと、実用指向のGという2グレード構成。それぞれに自然吸気(49ps)とターボ(64ps)が設定され、駆動方式はFFと4WDが選べる。

 ツインカメラ方式のスズキ・セーフティサポートは全車標準(自然吸気ユニットを積むGには未装着車も用意)。価格は136万5100~174万6800円。メカニズムや機能のグレードアップを考慮すると実質的には値下げで、買い得感が高まった。

IMG_7770.JPGラインアップはLEDヘッドライトと15インチアルミを標準装備したX(写真)と実用指向のG それぞれに自然吸気(49ps)とターボ(64ps)を設定 トランスミッションは新型CVT 駆動方式はFFと4WD

造形はキープコンセプト。ホイールベースは旧型比35mm長い

 新型はひと目でハスラーとわかる造形。アイデンティティの丸型ヘッドライトは継承され、ボディラインは直線基調。タフでワイルドにまとめた。新型の特徴はリアクオーターウインドウ。Cピラーにガラスを追加し、サイドビューは伸びやかなイメージに変化。広い視界の確保にも貢献する。ボディサイズは全長×全幅×全高3395×1475×1680mm。全長と全幅は従来車と同じ。全高は15mm高い。ホイールベースは従来比35mm長い2460mmになった。

 ボディカラーは、気分を盛り上げるテンションMAX_、自然の風合いを生かしたナチュラルテイスト、ベーシックなニュートラルの3キャラクター全11タイプ。テンションMAX_はバーミリオンオレンジ、アクティブイエロー、ブリスクブルー、チアフルピンクの4色、ナチュラルテイストはデニムブルー、フェニックスレッド、シフォンアイボリー、クールカーキ、オフブルーの5色、ニュートラルはピュアホワイトとブルーイッシュブラックの2色。このうちバーミリオンオレンジ、デニムブルーなど6色はボディとルーフカラーが異なる2トーン塗装の専用カラー(4万4000円高)。新型は2トーン塗装の塗り分けが変更され、リアクオーター部はルーフと同色になる。

メインIMG_7885.JPGインパネはメーター/センター/助手席前の「縁取り」が個性的 各部に多くの小物入れを配した実用仕様 写真は全方位モニター付きメモリーナビゲーション(18万4800円)装着車 画面は9インチ

インパネは「縁取り」が印象的。室内はさらに広く実用的に変身

 インテリアは、使い勝手を重視して一新。SUVイメージが強調された。インパネはメーター、センター、助手席前のアクセントになる「縁取り」をデザイン化。ボディカラーに合わせてブルー/オレンジ/ホワイトの3色のトリミング色がある。メーターは燃費などの情報表示ゾーンをカラー液晶化。機能的で楽しい演出が目を引く。シートはクッション性を高めた大型タイプ。前席はベンチ形状からセパレート形状になり、センター部には小物収納スペースを新設。左右別体でスライド&リクライニングができる後席は、荷室側からスライド&フォールダウンできるように改良された。

 従来から高い評価を受けていたスペース性はリファイン。前後タンデムディスタンスは1035mm。前席左右の乗員間距離は従来比30mm広い。新型は前後席ともにゆったりとしたスペースを確保。長距離クルージングに最適なパッケージングである。室内寸法は長×幅×高2215×1330×1270mm。旧型(2160×1295×1250mm)比で55mm長く、35mmワイド、20mm高くなった。

 装備は充実。最大の特徴は全方位モニター付きメモリーナビゲーションの新設定。メモリーナビは9㌅の大画面を備えたディスプレイオーディオ型。スマートフォンとの連携で多彩なインフォテインメント機能が提供される。価格は18万4800円だ。

IMG_7956.JPG

IMG_7963.JPG前席はセパレート形状 後席は左右独立スライド&リクライニング機構付き 新型の室内はホイールベース35mm延長を生かし広くて快適 前後席タンデムディスタンスは1035mm 室内長×幅×高2215×1330×1270mm

IMG_7910.JPG車両周囲の状況を映し出す全方位モニターはop 単体は5万2800円/メモリーナビとのセットは18万4800円

IMG_7880.JPGラゲッジは広く実用的 後席スライドと折りたたみで荷物に応じてスペースが調整できる ラゲッジアンダーボックスは取り外し可能

メインIMG_7783.JPG新型はCピラーにクオーターウィンドウを新設 2トーン塗装車はクオーターピラー部もルーフ同色

im0000006284 (1).jpgボディカラーは全11タイプ。このうちデニムブルーやバーミリオンレッドなど6色は2トーン塗装の専用カラー(4万4000円高) インパネ縁取りカラーはブルー/オレンジ/ホワイトの3色 ホワイトは全ボディ色で選択できる ※画像をクリックすると拡大します

ハスラーの価格.jpg※画像をクリックすると拡大します

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報