ー 

エクステリアを刷新したジャガー・Fタイプの改良新型が日本での受注を開始

Writer:大貫直次郎 

ジャガーのスポーツクーペ&コンバーチブルのFタイプがスタイリングを変更して日本デビュー。旗艦エンジンの5リットルV8は最高出力575psを発生

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは1月9日、プレミアムスポーツクーペ&コンバーチブル「ジャガー・Fタイプ」の改良新型を発表し、同日より受注を開始した。合わせて、発売初年度の限定グレードとして「ファーストエディション(FIRST EDITION)」をラインアップする。

Jaguar F-TYPE1.jpg▲ジャガー・Fタイプ・Rクーペ(AWD) 価格:8SAT1590万円 全長4470×全幅1923×全高1311mm ホイールベース2622mm 乗車定員2名 グロスブラックメッシュ仕上げのフロントグリルやシグネチャー・デイタイム・ランニングライト(DRL)付プレミアムLEDヘッドライトなどを新装備した

車種展開は以下の通り。

■直列4気筒INGENIUMガソリンエンジン(2l・300ps)搭載車
Fタイプ・クーペ:865万円
Fタイプ・Rダイナミック・クーペ:933万円
Fタイプ・Rダイナミック・コンバーチブル:1101万円
■V型6気筒ガソリンエンジン(3l・380ps)搭載車
Fタイプ・Rダイナミック・クーペ:1237万円
Fタイプ・Rダイナミック・クーペ(AWD):1322万円
Fタイプ・Rダイナミック・コンバーチブル(AWD):1490万円
Fタイプ・ファーストエディション・クーペ(AWD):1454万円
Fタイプ・ファーストエディション・コンバーチブル(AWD):1611万円
■V型8気筒ガソリンエンジン(5l・575ps)搭載車
Fタイプ・Rクーペ(AWD):1590万円
Fタイプ・Rコンバーチブル(AWD):1737万円

Jaguar F-TYPE2.jpgLEDシケイン・シグネチャーテールライトを配備して美しいプロポーションをいっそう際立たせた

 今回発表した改良新型のジャガー・Fタイプは、エクステリアのデザインを大幅に変更したことが最大の訴求点である。まずフロント部では、新しいグロスブラックメッシュ仕上げのフロントグリルや新造形のクラムシェル・ボンネット、シグネチャー・デイタイム・ランニングライト(DRL)付プレミアムLEDヘッドライトなどを採用し、力強くかつ先進的なマスクを創出。サイドビューでは、ベント部にジャガーのリーパーロゴを新しく配したことが特徴だ。そしてリアセクションでは、ジャガー初の電気自動車「I-PACE」より導入しているLEDシケイン・シグネチャーテールライトを装備して、美しいプロポーションをいっそう際立たせる。また、オプションのブラックパックを選択した際はリアのリーパーロゴをブラックに変更可能とした。

Jaguar F-TYPE3.jpg▲ジャガーのリーパーロゴを配したサイドベントや新造形のクラムシェル・ボンネットを採用する

 インテリアについては、12.3インチのインタラクティブ・ドライバーディスプレイを標準で装備したことがトピック。また、ジャガーの設立年を示す「JAGUAR Est.1935」のロゴをグローブボックスのボタンやセンターコンソールフィニッシャー、シートベルトガイドに配し、70年以上スポーツカーを作り続けているジャガーの歴史が体現できるアレンジを施した。

Jaguar F-TYPE4.jpg12.3インチのインタラクティブ・ドライバーディスプレイを標準装備。グローブボックスのボタンやセンターコンソールフィニッシャーにはジャガーの設立年を示す「JAGUAR Est.1935」のロゴを配した

 搭載エンジンは、2リットル直列4気筒INGENIUMガソリンエンジン(1995cc直列4気筒ターボ。300ps/400N・m)、3リットルV型6気筒スーパーチャージド・ガソリンエンジン(2994cc・V型6気筒DOHCスーパーチャージャー。380ps/460N・m)、5リットルV型8気筒スーパーチャージド・ガソリンエンジン(4999cc・V型8気筒DOHCスーパーチャージャー。575ps/700N・m)という全3機種をラインアップする。高性能バージョンのFタイプ・Rシリーズには5リットルV8エンジンを採用し、スポーツシフト等を内蔵した専用セッティングの電子制御8速AT、改良を施したスプリング/アンチロールバー/アダプティブダイナミクスの連続可変ダンパーで構成した強化型サスペンション、「R」のデザインをエッチング加工したエグゾーストパイプなどを組み込んだ。

Jaguar F-TYPE6.jpgFタイプ・Rクーペには4999ccV8気筒DOHCスーパーチャージャーエンジン(575ps)を搭載。最高速度は300km/h0100km/h加速は3.7秒と公表

 限定グレードとして設定された「ファーストエディション」の概要を見ていこう。ベースモデルはFタイプ・Rダイナミック・クーペおよびFタイプ・Rダイナミック・コンバーチブルで、パワーユニットには3リットルV6エンジンを搭載。特別装備として、外装にはダークサテングレー・エクステリア・デザインパックやブラック・コントラストルーフ、20インチホイール(Style5102グロステクニカルグレイ、コントラストダイヤモンド・ターンドフィニッシュ)を、内装にはウィンザーレザー・パフォーマンスシート(12ウェイ電動シート/メモリ付)やエボニースエード・クロスヘッドライニング、スクリプト入りアルミニウム・インストルメントパネル、アルミニウムパドルシフト、ファーストエディション・トレッドプレートを採用した。外装カラーはサントリーニブラック、アイガーグレー、フジホワイトの3色を、内装カラーはエボニー/ライトオイスターステッチ、マーズ/フレームレッドステッチの2色を設定している。

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報