• TOP
  • コンパクトSUV特集:全長3995mm/小さくて安い。最近、良く見かけるトヨタ・ライズに乗ってみた

 ー 

コンパクトSUV特集:全長3995mm/小さくて安い。最近、良く見かけるトヨタ・ライズに乗ってみた

Writer:河村康彦 Photo:小久保昭彦

トヨタ・ライズZ(4WD) 価格:CVT 228万2200円 試乗記

メインIMG_6695.JPGトヨタ・ライズZ ライズはダイハツの新世代クルマ作り技術DNGAを全面採用 メカニズムはロッキーと共通 全車1リッター直3ターボ(98ps)搭載 駆動方式はFFと4WDを設定

普段使いにぴったりの大きさ。ロッキーとの違いはフロントマスク

 コンパクトを自称するSUVは数多いものの、クルマのサイズ感を全長で表現する欧米のモデルには、全長は短いものの全幅が1900mmに達するモデルもある。

 そんな中にあって、「これぞ真のコンパクト」と紹介したくなるニューモデルが、ダイハツ・ロッキーとトヨタ・ライズだ。2019年11月にデビューした兄弟車である。両車は、ダイハツが開発と生産を担当。ライズは、ダイハツがトヨタに対してOEM供給するフレッシュSUVだ。

 全長×全幅×全高3995×1695×1620mmのボディサイズは、日本固有の規格、5ナンバー枠に収まる。狭い道路でも駐車時でも持て余さない、「普段使い」にぴったりの大きさである。

 ライズとロッキーの違いはフロントマスク。ライズはトヨタRAV4に似た台形グリル、ロッキーは六角形のセンターグリルを採用した。ただしこの部分も、実際にデザイン作業を行ったのはトヨタではなくダイハツ側だという。

IMG_6765.JPGボディ色は計11タイプ 写真はライズ専用ターコイズブルーマイカメタリックの2トーン仕様(op5万5000円)

気持ちのいい走り、静粛性が高い点も好印象。なかなかいいね

 エンジンはターボ付きの1リッター3気筒DOHC12V(98ps/140Nm)。トランスミッションは、D-CVTを組み合わせる。D-CVTは、ベルト駆動だけでなくギア駆動を併用することで、変速レンジの拡大と伝達効率の向上を狙った新世代CVTだ。走り始めると、その加速力に不満を抱くシーンは皆無。「際立って強力」というわけではないが気持ちよく走れる。

 昨今の3気筒エンジンらしく、低回転からのトルク感の強さが印象的。結果として、あえて高回転域まで引っ張る必要性は薄く、予想以上に静粛性が高い点も好印象だ。

 ただし、「低開度域はコントロール性重視で、中・高開度領域はレスポンス重視の設定」と説明されたアクセルのスロットル特性は、やや疑問が残る。アクセル操作に対するリニアリティに、時に不自然さが感じられるからだ。

 インテリア各部の仕上がりは「価格を考慮すれば十分に納得」という印象。大人4名が実用的に着座できるスペースが確保されている。ただし全般にシートが小振りに感じられる点は残念だ。

 パーキングスピードでの大舵角操作ではややフリクションが気になるものの、操安性そのものに大きな不満はない。視界のよさをはじめ、狭いスペースでの取り回し性のよさは「さすが」の水準。

 ライズとロッキーは日本にぴったりのSUV。「デビュー早々、好調なセールスを記録」というニュースは納得できる。使い勝手に優れたフレンドリーモデルだ。

IMG_6811.JPGインパネはセンター部をドライバー側に傾けたスポーティ形状 センターコンソールはハイマウントタイプ 視界は広く車両感感覚を把握しやすい

IMG_6818.JPG

IMG_6820.JPG室内は広く開放的 後席の頭上空間やひざ前の空間はゆとりがあってリラックスして乗車できる

IMG_6805.JPG後席使用時の最大容量369リッター 荷室ボードは高さ調節式 サブトランクは深い

IMG_6456.JPG

IMG_6460.JPGメーターは中央部のLEDパネルが切り替わる設定 4種のデザインが選べる 速度は大型デジタル

トヨタ・ライズZ(4WD) 主要諸元と主要装備

タイトル回りIMG_6708.JPG

グレード=ライズZ(4WD)
価格=CVT 228万2200円
全長×全幅×全高=3995×1695×1620
ホイールベース=2525
トレッド=フロント:1475×リア:1470mm
最低地上高=185mm
車重=1050kg
エンジン=996cc直3DOHC12Vターボ(レギュラー仕様)
最高出力=72kW(98ps)/6000rpm
最大トルク=140Nm(14.3kgm)/2400~4000rpm
WLTCモード燃費=17.4km/リッター(燃料タンク容量36リッター)
(市街地/郊外/高速道路=13.3/18.8/19.0_km/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:トーションビーム
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ドラム
タイヤ&ホイール=195/60R17+アルミ
駆動方式=4WD
乗車定員=5名
最小回転半径=5.0m
●主な燃費改善対策:可変バルブタイミング/アイドリングストップ/自動無段変速機/電動パワーステアリング/充電制御
●主要装備:スマートアシスト(衝突回避支援ブレーキ+衝突警報機能+車線逸脱警報+車線逸脱抑制制御+前後ブレーキ制御付き誤発進抑制機能+先行車発進お知らせ+アダプティブドライビングビーム+前後コーナーセンサー+標識認識機能+レーンキープコントロール+全車速追従アダプティブクルーズコントロール)/車速感応式間欠ワイパー/ヒルホールドシステム/SRSカーテンシールドエアバッグ/カラードバンパー/バックドア一体リアスポイラー/フルLEDヘッドライト/LEDシーケンシャルターンランプ/LED前後フォグランプ/アクティブマルチインフォメーションメーター/本革巻きステアリング/キーフリーシステム/前席レッドパイピング付きファブリックシート/2段可変式デッキボード/荷室ユーティリティフック/オートAC/前席シートヒーター/リアヒーターダクト/前後16cmスピーカー/USBソケット/前後スタビライザー
●装着メーカーop:ブラインドスポットモニター(リアクロストラフィックアラート付き)6万6000円/スマートパノラマパーキングパック(9インチスマホ連携ディスプレイオーディオ+フルセグTVアンテナ+ステアリングスイッチ+Ⓕカメラ+サイドカメラ+バックカメラ+ブルートゥース+USBソケット+Wi-Fiルーター)14万8500円
●ボディカラー:ブラックマイカメタリック×ターコイズブルーマイカメタリックタリク(op5万5000円)
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は9080円

IMG_6793.JPG996cc直3DOHC12Vターボ 98ps/6000rpm 140Nm/2400~4000rpm トルクフルな印象 WLTCモード燃費:17.4km/リッター(4WD)

IMG_6786.JPG195/60R17タイヤ+切削光輝アルミ標準 最低地上高185mm 最小回転半径5.0m

IMG_6627.JPGダイハツ・ロッキーG(FF) 価格:CVT 200万2000円 ロッキーは6角形グリル採用 写真はコンパーノレッドの2トーン仕様(op7万7000円)

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報