ー 

スズキがインドネシアで7名乗りクロスオーバーモデルの新型「XL7」を発表!

Writer:大貫直次郎 

アジア市場におけるスズキの新型車攻勢が活発化。インドネシアで3列式シートを採用したクロスオーバーSUVの新型「XL7」をリリース!

 スズキは215日、インドネシア子会社のスズキ・インドモービル・モーター社(SIM社)がクロスオーバーSUVの新型「XL7(エックスエルセブン)」をリリースしたと発表した。

 新型XL7は、SUVのデザインとMPV(多目的乗用車)の利便性を高度に融合させた、3列式シート7名乗りの新世代クロスオーバーモデルである。

SUZUKI XL7 1.jpg▲新型スズキXL7SUVのデザインとMPVの利便性を高度に融合させた新世代クロスオーバーモデルだ。ボディサイズは全長4450×全幅1775×全高1710mm/ホイールベース2740mm232名乗車の3列式シートを採用して7名の乗車定員を確保する

 エクステリアは力強いフロントフェイスや張り出しの強いフェンダーモールなどによって、SUVらしいタフで力強いルックスを創出。内包するインテリアは232名乗車の3列式シートに多彩なシートアレンジ、上質感を高めた内装デザインなどで構成した。

 基本骨格については、新世代プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」に新設計の「TECT」ボディを組み合わせ、軽量かつ高剛性なストラクチャーを具現化。シャシーには専用セッティングの前マクファーソンストラット/後トーションビームを採用し、グランドクリアランスは200mmを確保する。ボディサイズは全長4450×全幅1775×全高1710mm/ホイールベース2740mmに設定した。

SUZUKI XL7 2.jpg▲搭載エンジンには改良版のK15B1462cc直列4気筒DOHC16Vガソリンユニットを採用。トランスミッションには5MT4ATを設定する。本国でのキャッチフレーズは"THE NEW EXTRAORDINARY SUV"

 搭載エンジンには改良版のK15B1462cc直列4気筒DOHC16Vガソリンユニットを採用。10.5の圧縮比から最高出力77kW(104.7ps)/6000rpm、最大トルク138Nm/4400rpmを絞り出す。トランスミッションには5MT4ATを組み合わせた。

 生産はSIM社のチカラン工場で実施し、周辺のアジアおよび中南米へも順次輸出していく予定の新型XL7。日本への導入は現在のところ未定であるが、近年の日本市場では7名乗りクロスオーバーSUVの潜在ユーザーが結構多いだけに、マイルドハイブリッド化して設定されれば予想以上に注目を集めそうである。

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年04月号

  • 羊の皮をかぶった狼

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る