• TOP
  • コンパクトSUV特集:全長4465mm/eボクサー搭載。マイルドハイブリッド仕様のSUBARU・XVの先進性を探った

 ー 

コンパクトSUV特集:全長4465mm/eボクサー搭載。マイルドハイブリッド仕様のSUBARU・XVの先進性を探った

Writer:桂伸一 Photo:小久保昭彦

SUBARU・XVアドバンス 価格:7CVT 292万6000円

メインIMG_0779.JPGSUBARU・XVアドバンス XVは2019年10月の改良で2リッターエンジンをマイルドハイブリッド仕様のeボクサーに統一 同時に安全機能と悪路走破性が向上 駆動方式は4WD eボクサーはトルクフルなモーターの特徴を生かした走りが魅力

2リッターモデルは全車eボクサー搭載。最新モデルは装備も充実

 XVは、本格SUV特有の高いドライビングポジションは苦手だが、通常のセダン、ワゴンよりは開放感がほしい、というユーザーにぴったりのクロスオーバーである。オンロードでの操縦性と、オフロードの走破性はSUBARUならでは。海外でも高い人気を誇る実力車だ。

 スタイリングは伸びやかな印象。ボディサイズは全長×全幅×全高4465×1800×1550mm。ホイールベースは2670mm。小さすぎず、大きすぎない。日本にほどよくマッチする設定だ。 

 そのXVがパワーユニットの見直しを行い2リッターエンジンをeボクサーに一本化した。eボクサーは、2リッターの水平対向4気筒(145ps/188Nm)とモーター(13.6ps/65Nm)を組み合わせたマイルドハイブリッド仕様。さまざまな走行シーンでモーターが適切なアシストを行い、スムーズで環境に優しい走りを実現する。

 最新のXVはeボクサーの搭載以外にも、装備が充実した。いまやお家芸になった安全制御のアイサイト・ツーリングアシストを1.6リッターの一部を除き全車標準化。悪路走破性を高めるXモードは雪道など滑りやすい路面用の「SNOW・DIRT」と、泥粘地からの脱出用「DEEP SNOW・DIRT」の2つのモードが選べるようになった。

IMG_0785.JPGXVはブラックのクラッディングパーツがワイルドな印象を訴求 ボディ色は写真のクールグレーカーキはじめ全10色

走りの余裕がアップ。アクセルを踏み込んだ瞬間に分かる

 試乗車は最上級グレードのアドバンス。市街地から首都高速、高速道路へとごく一般的な走行状況で感じられたeボクサーの威力は、走りの余裕。まず発進加速、アクセルを踏み込んだ瞬間のツキがいい。ミッションは CVTだがモータートルクが先に立ち上がり、空転感は相殺されて違和感はない。

 中間加速もモーターのオーバーシュートにより、期待値以上の加速の盛り上がりがある。中間加速のよさが実感できるのがうれしい。eボクサーは、40km/hでの市街地走行や、高速の70km/hクルーズでもエンジンを積極的に休止してEV走行を行う。メーカーによると「eボクサーの実用燃費は、従来の2リッターモデル比で20%ほど優れる」という。今回の試乗はトータルで14km/リッターと、十分に納得できるデータをマークした。

 走りは上質。荒れた市街地の路面でも、ストローク量のある足回りは滑らかな乗り味。直進状態からステアリングを切り始めた瞬間の応答性も引き締まっていた。

 唯一気になった点はブレーキ。ペダル踏力初期の減速感に乏しい。踏む込むと若干遅れて急減速するいわゆるカックンブレーキのイメージだ。同じeボクサーでもフォレスターとは印象が違った。ブレーキの初期応答、遊びの調整の影響かと思われる。

IMG_0878.JPGインパネはソフトパッド仕上げ 室内中央上部に6.3インチマルチファンクションディスプレイ装備 ステアリング応答性は引き締まった印象

IMG_0929.JPG

IMG_0937.JPG室内は前後席ともゆったりとした設計 室内長2085mm シートは座り心地に優れた大型サイズ 前席は電動調節機構付き 写真はオプションの本革仕様

IMG_0872.JPG荷室はワゴンイメージ 荷室最大長は1399mm 後席使用時容量340リッター

IMG_0908.JPGメーターはブルー仕上げ 中央の4.2インチモニターに各種情報を表示

SUBARU・XVアドバンス 主要諸元と主要装備

タイトル回りIMG_0795.JPG

グレード=アドバンス
価格=7CVT 292万6000円
全長×全幅×全高=4465×1800×1550mm
ホイールベース=2670mm
トレッド=フロント:1555×リア:1565mm
最低地上高=200mm
車重=1550kg
エンジン=1995cc水平対向4DOHC16V(レギュラー仕様)
最高出力=107kW(145ps)/6000rpm
最大トルク=188Nm(19.2kgm)/4000rpm
モーター=10kW(13.6ps)/65Nm(6.6kgm)
WLTCモード燃費=15.0km/リッター(燃料タンク容量48リッター)
(市街地/郊外/高速道路=11.5/15.5/16.8km/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:ダブルウィッシュボーン
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール=225/55R18+アルミ
駆動方式=4WD
乗車定員=5名
最小回転半径=5.4m
●主な燃費改善対策:ハイブリッドシステム/アイドリングストップ/可変バルブタイミング/電動パワーステアリング/自動無段変速機/ロックアップ機能付きトルクコンバーター
●主要装備:アイサイトコアテクノロジー(プリクラッシュブレーキ+アクティブレーンキープ+AT誤発進&後進抑制制御+車線逸脱警報+ふらつき警報+全車速追従機能付きクルーズコントロール+先行車発進お知らせ機能)/アクティブトルクベクタリング/7エアバッグ/X-MODE/アクティブトルクスプリットAWD/SIドライブ(走行モード切替機構)/パドルシフト/LEDヘッドランプ/LEDフロントフォグランプ/専用フロントグリル/アクティブグリルシャッター/シルバー塗装フロントバンパーガード&サイドクラッディング/オートライト&ワイパー/マルチファンクションディスプレイ/パドルシフト/本革巻きステアリング/前席電動調節シート/前後席シートヒーター/アルミパッド付きスポーツペダル/USB電源/歩行者保護エアバッグ
●装着メーカーop:ローマウントタイプルーフレール+シャークフィンアンテナ+本革シート+アイサイトセイフティプラス
●ボディカラー:クールグレーカーキ
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は9780円

IMG_0855.JPG1955cc水平対向4DOHC16V(145ps/188Nm)+モーター(13.6ps/65Nm) WLTCモード燃費:15.0km/リッター

IMG_0852.JPG225/55R18タイヤ+アルミ装着 最低地上は200mm 足回りはしなやか

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る