• TOP
  • オペルが日本市場への再進出を発表! 参入の開始時期は2021年を予定

オペルが日本市場への再進出を発表! 参入の開始時期は2021年を予定

Writer:大貫直次郎 

オペル・ブランドが15年ぶりに日本で復活! まずは2021年後半をめどに3モデルを発売する計画

 独オペルオートモビルは2月18日、2021年に日本市場へ再参入すると発表した。2006年に日本から撤退して以来、約15年ぶりの復活となる。

Opel-Kunze-Lohscheller.jpg▲独オペルが2021年に日本市場に再参入するとアナウンス。都内の発表会ではオペルオートモビルのCEOであるミヒャエル・ローシェラー氏(写真・右)が壇上に立った

 東京都内で開催された発表会では、オペルオートモビルのCEOであるミヒャエル・ローシェラー(Michael Lohscheller)氏が壇上に立ち、「オペルはかつて日本の販売会社やユーザーを失望させてしまった。今度の復活後は、決して撤退することはない」と強調。また、再進出の理由については「日本の自動車市場は世界で3番目に大きく、オペルにとっては大きな可能性のある市場」「日本のユーザーのクルマに対する目は非常に厳しく、これに対処することによってブランドのプレステージ性が見い出せる」と説明する。そして、今後の展開については「日本での優先事項は顧客満足と収益性。ドイツのブランドとして高い期待に応えるとともに、ユーザーの期待以上のものを届けられるよう、あらゆる努力を傾ける」と明言した。

 気になる販売網については、傘下に入っているグループPSAの直営事業に組み込む形で展開するとのこと。つまり、プジョーやシトロエン、DSといったブランドと販売戦略を並列化するわけだ。現在、東京や横浜、名古屋、大阪などの都市部を中心にパートナーを募っており、また店舗はドイツというルーツを強調する目的でドイツ語の"アウトハウス"という名称を使うという。2024年までには、日本の輸入車市場における人口面積比で80%以上のエリアがカバーできる販売網を構築する計画だ。

Opel-Corsa.jpg▲ドイツ本国のベストセラーカーとしても知られるコンパクトハッチバックのコルサ。ピュアEVの設定も予定している

Opel-Combo-Life.jpg▲多彩な機能を有するコンボライフ。プジョー・リフターやシトロエン・ベルランゴと基本コンポーネントを共用したMPV

Opel-Grandland-X.jpg▲新世代CセグメントSUVのグランドランドX。プラグインハイブリッド仕様の導入も予定している

 車種ラインアップについては、まず初年度に、ドイツ本国でもベストセラーとして知られる欧州名コルサ(CORSA)、多彩な機能を持つマルチパーパスビークルのコンボライフ(COMBO LIFE)、そして新たなCセグメントSUVのグランドランドX(GRANDLAND X)を導入する予定。また、コルサをベースにしたピュアEVやグランドランドXのプラグインハイブリッド仕様など、電動化を進めたモデルも設定する計画である。

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年04月号

  • 羊の皮をかぶった狼

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る