• TOP
  • コンパクトSUV特集:全長4495mm/LC譲りのプレミアムテイスト。レクサスUXが人気者になった理由とは

 ー 

コンパクトSUV特集:全長4495mm/LC譲りのプレミアムテイスト。レクサスUXが人気者になった理由とは

Writer:西川淳 Photo:小久保昭彦

レクサスUX・250hバージョンL(4WD) 価格:THS 544万9074円 試乗記

メインIMG_2396.JPGレクサスUX・250hバージョンL(4WD) UXのパワーユニットはハイブリッドと2リッター自然吸気(174ps)の2種を設定 プラットフォームは新世代GAーC バージョンLは本革シートと18インチタイヤを標準装備した上級グレード

「すっきりとスポーティな走り」を追求した開発姿勢

 レクサスで最も小型のSUVであるUXで知っておきたい点は、開発プロセスにおいてつねにフラッグシップクーペのLCと乗り比べ、乗り味を煮詰めていったという事実だろう。最新のレクサスはLCが走りのイメージリーダーだから。

 LC以降に発表されたモデル、UXを含めLSやESにもLC的な走りの要素が織り込まれている。実はこれ、ラグジュアリーブランドにとっては実に重要だ。メルセデスもBMWも、ライドクオリティを一気通貫させようと努力している。レクサスもハイグレードな走りが、ブランドのアイデンティティとなるよう一所懸命だ。

 UXはヒット作トヨタC-HRと同じプラットフォーム(FF車用アンダーフロア)を使っている。もちろん単に流用しているのとは違う。「新たなライフスタイルを提案するコンパクトクロスオーバー」というコンセプトのため、UXには新開発高速燃焼エンジンや発進用ギア付きCVT、改良型ハイブリッドシステムなど新たなメカニズムが投入された。そんなツールを上手に活用して、LCが提示した「すっきりとスポーティな」最新レクサス・テイストを、小さなSUVにどうやって盛り込むか。そこが開発のキモだった。

IMG_2409.JPGリアランプはスポイラーイメージ 左右が連結したワイド形状 ボディカラーは写真のテレーンカーキマイカメタリックなど全13色 4WDはハイブリッドに設定

パワーユニットはハイブリッドと2リッターガソリンの2種。完成度はハイレベル

 乗り込んで前方を見ると、視界がいいことに気づく。サイドミラー周辺がすっきりしていて巻き込みの不安がない。ボンネットの凹凸が「コンパクトなサイズ」を、わかりやすくしている。慣れない街中でも自信を持って走り回れそうだ。

 落ち着いたデザインのインテリアも印象に残った。エクステリアはそれなりに目立つ元気なSUVに見えたが、インテリアは上品だ。

 首都高速のような道路を適度なペースで走るぶんには、2リッターエンジン(146ps)にモーター(フロント109ps/リア7ps)を組み合わせたハイブリッド(250h)の4WDが好ましい。適度な重厚感が落ち着いた走りを演出してくれる。

 2リッター(174ps)の高速燃焼ガソリン(200)の FFに乗ると、「なるほど LC的な走りだ」と思えた。軽快なハンドリングに終始し、小さな凸凹を上手にいなす。段差を乗り越えたときのショックの抑え方などは、重厚な4WD仕様よりもきれいにまとめたほど。ただし、走行シーンによっては軽快さがアダとなってフロント回りがブレてしまう場合があった。

 UXの完成度は上々だ。最近のレクサス(というかトヨタ車全体)は、FFパッケージを基本とするモデルのほうが走りの完成度が高く、演出が上手だ。開発コンセプトが明確で、ユーザーの満足度も高いと思われる。

IMG_2502.JPGインパネはすっきりとしたデザイン ワイドな視界を提供 アイポイントは比較的低めの設定 中央に10.3インチワイドディスプレイ装着

IMG_2539.JPG

IMG_2547.JPGバージョンLの本革シートは前席ヒーター&ベンチレーション機能付き シートカラーは写真のオーカーをはじめ全5タイプ 室内長1830mm

IMG_2497.JPG最新モデルは荷室ローデッキタイプを標準設定 後席使用時の最大容量310リッター

IMG_2507.JPGメーターは走行モードで表示が変わるTFT液晶式 写真はスポーツモード

レクサスUX・250hバージョンL(4WD) 主要諸元と主要装備

タイトル回りIMG_2418.JPG

グレード=250hバージョンL(4WD)
価格=THS 544万9074円
全長×全幅×全高=4495×1840×1540mm
ホイールベース=2640mm
トレッド=フロント1550×リア1550mm
最低地上高=160mm
車重_=1640kg
エンジン=1986cc直4DOHC16V(レギュラー仕様)
最高出力=107kW(146ps)/6000rpm
最大トルク=188Nm(19.2kgm)/4400rpm
モーター最高出力=フロント80kW(109ps)/リア5kW(7ps)
モーター最大トルク=フロント202Nm(20.6kgm)/リア55Nm(5.6kgm)
WLTCモード燃費=21.6km/リッター(燃料タンク容量43リッター)
(市街地/郊外/高速道路=21.1/21.7/21.7km/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:ダブルウィッシュボーン
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=225/50R18+アルミ
駆動方式=4WD
乗車定員=5名
最小回転半径=5.2m
●主要燃費改善項目:ハイブリッド/電気式無段変速/アイドリングストップ/筒内直接噴射/可変バルブタイミング/電動パワーステ/充電制御
●主要装備:レクサスセーフティシステム+(プリクラッシュセーフティ+レーントレーシングアシスト+全車速追従型レーダークルーズコントロール+アダプティブハイビーム+ロードサインアシスト+先行車発進告知)/パーキングサポートブレーキ/ITSコネクト/車両接近警報装置/3眼フルLEDヘッドライト/ヘッドライトクリーナー/LEDフロントフォグライト/撥水機能付きUV・IRカットガラス(フロントドア)/フロントパフォーマンスロッド/アクティブコーナリングアシスト/ハンズフリーパワーバックドア/TFT液晶メーター/本革巻きステアリング/アナログクロック/本革シート/前席シートヒーター&ベンチレーション/レクサスクライメイトコンシェルジュ/プレミアムサウンドシステム/10.3インチディスプレイナビゲーション/サウンドライブラリ/ドライブモードセレクト/ETC2.0ユニット
●装着メーカーop:NAVI・AI-AVSパフォーマンスダンパー14万3000円/ルーフレール3万3000円/おくだけ充電2万4200円/アクセサリーコンセント4万4000円/カラーヘッドアップディスプレイ8万8000円/ブラインドスポットモニター+パーキングサポートブレーキ+パノラミックビューモニター12万1000円/マークレビンソンプレミアムサラウンドサウンドシステム23万2100円/おくだけ充電2万4200円/寒冷地仕様2万5300円
●ボディカラー:テレーンカーキマイカメタリック
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は1万1400円

IMG_2478.JPG1986cc直4DOHC16V(146ps)+モーター(フロント109ps/リア7ps)全域スムーズ 優れた静粛性が魅力 WLTCモード燃費:21.6km/リッター

IMG_2448.JPG225/50R18ランフラットタイヤと切削光輝アルミ装着 最低地上高160mm

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年04月号

  • 羊の皮をかぶった狼

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る