ー 

10代目となる新型アコードがついに日本での販売を開始。車種展開はEXの1グレードで構成

Writer:大貫直次郎 

ホンダが2モーターハイブリッドシステムを搭載した新型アコードを発売。車両価格は465万に設定

 ホンダは2月20日、10代目となる新型アコードを発表し、翌21日に発売した。車種展開は「EX」の1グレード構成で、車両価格は465万円に設定する。

HONDA ACCORD F.jpg▲ホンダ・アコードEX 価格:465万円 全長4900×全幅1860×全高1450mm/ホイールベース2830mm 車重1560kg 乗車定員5名 ロングセラーモデルとしての自信を感じさせる力強く端正なフロントフェイスが印象的

 10代目アコードは「ABSOLUTE CONFIDENCE―絶対的な自信、純然たる信頼―」を商品コンセプトに据え、3つのキーワード、すなわち動感のある美しいスタイル、高品位で直感的な動的性能、自信/品格に満ちたアップスケール・クオリティの具現化を目指して開発された。

HONDA ACCORD R.jpg▲より軽量化し、剛性を高めた新世代プラットフォームとボディを採用し、ゆるぎない安定感を創出する低重心なプロポーションを具現化した

 エクステリアについては、磨き上げた走りの性能からイメージを膨らませ、動体としての在るべき姿を追求したスタイリングで構成し、アコードならではの上質感や走りのパフォーマンスを表現する。具体的には、ロングセラーモデルとしての自信を感じさせる力強く端正なフロントフェイスや、スポーティな走りを実現させ、かつゆるぎない安定感を創出する低重心なプロポーションなどを採用した。なお、ボディサイズは全長4900×全幅1860×全高1450mm/ホイールベース2830mmに設定。外板色はプラチナホワイトパール/クリスタルブラックパール/ルナシルバーメタリック/ブリリアントスポーティブルーメタリック/パッションレッドパールという5タイプをラインアップした。

HONDA ACCORD COLOR.jpg▲外板色はプラチナホワイトパール/クリスタルブラックパール(写真)/ルナシルバーメタリック/ブリリアントスポーティブルーメタリック/パッションレッドパールという5タイプを設定

 内包するインテリアは、コンサートホールをイメージしてデザイン。ドアを開けた瞬間からドライビングを楽しむ間、そして降りた後も心地よい余韻を楽しめるような、上質なキャビン空間を演出する。また、見やすいインターフェイスや手のひらにフィットするステアリングホイールなど、操作性のよさと機能美の両立にもこだわり、五感のすべてで満足感を味わえる、しっとりとした大人の上質感を実現した。内装カラーはブラックとアイボリーの2タイプを用意する。

HONDA ACCORD INTERIOR B.jpgHONDA ACCORD INTERIOR W.jpg▲見やすいインターフェイスや手のひらにフィットするステアリングホイールなど、操作性のよさと機能美の両立にこだわってコクピットをデザイン。内装カラーはブラックとアイボリーの2タイプを用意する

 パッケージング自体は、アコードの強みである広々とした室内空間をより進化させたことがトピック。ボディの骨格変更やホイールベースの延長により、足もとや膝まわりなど、乗員の居住スペースをさらに広げ、室内空間に最上のゆとりを持たせた。さらに、インテリジェントパワーユニット(IPU)をこれまでのリアシート背面から後部座席の下へ配置変更することで、トランクルーム容量も大幅に拡大。ハイブリッドセダンではクラストップの573リットルの荷室スペースを実現した。

HONDA ACCORD SEAT1.jpg▲フロントシートは背もたれを従来比で約90mm高く設定。上部をタイトに絞り込み、サイドサポートのフロント面をサイド面へツイストさせるダイナミックなデザインを採用する

HONDA ACCORD SEAT2.jpg▲リアシートは背もたれ角度を従来に対してより傾け、さらに高さを50mm延長。ワイドな造形によってゆとりの着座姿勢を実現した

 基本骨格に関しては、より軽量化し、剛性を高めた新世代プラットフォームとボディを採用。前マクファーソンストラット/後マルチリンクのシャシーには、ダンパーの減衰力を4輪独立で制御するアダプティブダンパーシステムを、アコードとして初採用する。また、ドライバーの気分やシチュエーションに合わせて車両特性を変えられるドライブモードには、従来モデルと同様のNORMAL、SPORTモードに加え、COMFORTモードを新たに追加。よりスムーズで静粛性の高いドライビングが楽しめるようにアレンジした。

HONDA ACCORD POWER UNIT.jpg▲パワートレインには2モーターならではの力強い加速と滑らかな走りを実現したホンダ独自のハイブリッドシステム「e:HEV」を搭載。燃費性能についてはWLTCモードで22.8km/リットルを達成した

 パワートレインについては、2モーターならではの力強い加速と滑らかな走りを実現したホンダ独自のハイブリッドシステム「e:HEV」を搭載。原動機としてはLFB型1993cc直列4気筒DOHC16V・i-VTECアトキンソンサイクルエンジン(145ps/17.8kg・m)+H4型モーター(135kW/315N・m)+IPU(インテリジェントパワーユニット)+リチウムイオン電池で構成し、さまざまな場面で"走る喜び"が体感できる、リニアで軽快な走りと燃費性能を高次元でバランスさせる。その燃費性能については、WLTCモードで22.8km/リットル、JC08モードで30.0km/リットルを達成した。

HONDA ACCORD SIFT.jpg▲シフト操作をスイッチ式にすることで先進的な見え方と優れた操作性を両立させたエレクトリックギアセレクターを採用する

 高い衝突安全性能と先進の安全運転支援技術を具現化したことも新型アコードの特徴だ。衝突安全では、新世代プラットフォームやボディの採用により、全方位に対してより優れた衝撃吸収・分散構造を実現。安全運転支援の面では、衝突軽減ブレーキ(CMBS)/誤発進抑制機能/歩行者事故低減ステアリング/先行車発進お知らせ機能/標識認識機能/路外逸脱抑制機能/渋滞追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)/LKAS(車線維持支援システム)/後方誤発進抑制機能/オートハイビームで構成する最新の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」を標準で装備した。

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年04月号

  • 羊の皮をかぶった狼

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る