• TOP
  • 現代版・羊の皮をかぶった狼特集:抜群のスピード。絶妙ハンドリング。いい汗かけるBMW・M135iのドライビングハイとは?

 ー 

現代版・羊の皮をかぶった狼特集:抜群のスピード。絶妙ハンドリング。いい汗かけるBMW・M135iのドライビングハイとは?

Writer:桂伸一 Photo:小久保昭彦

BMW・M135i・xドライブ 価格:8SAT 630万円 試乗記

メインIMG_7425.JPGBMW・M135i・xドライブ 3rdモデルはFFベースに変身 M135iはMパフォーマンス社がチューニングした純スポーツグレード 全域パワフルで爽快な吹き上がりを見せる2リッター直4ターボ(306ps)搭載

実力は270km/hオーバー! Mパフォーマンスの技が生きる

 FR=フロントエンジン、リアドライブを貫いてきたBMW1シリーズが、新型3rdモデルでFFベースに改めた。試乗車は最新1シリーズの最強モデル、M135i・xドライブである。

 車名の数字と排気量の関係性がなくなって久しいが、M135iは2リッター直4DOHCターボを搭載。スペックは、306ps/450Nm、トランスミッションは8速ステップAT、駆動方式はFFを基本に最大 50%まで後輪に駆動力を配分するxドライブ。つまり状況に応じて4WDとして走行する。

 パフォーマンスは鮮烈。M135iの1→100km/h加速は、リアルスポーツカーに匹敵する4.7秒_ 最高速度は250km/hでリミッターが作動、エンジニアによれば実力は 270km/hオーバーだという。白熱したライバル争いを展開する欧州スーパースポーツハッチの中でも、スピード性能は頭抜けている。

 高速道路のクルージングは、BMWらしい高剛性ボディと引き締まったサスの動きがMを名乗るにふさわしい。 225/40R18サイズのランフラットタイヤを装着するが、路面の綱ぎ目や凹凸通過時のスムーズネスはさすが。タイヤの特性を理解したBMWの技術力の成果だ。

IMG_7430.JPG全長×全幅×全高4355×1800×1465㎜ ホイールベース2670㎜ 車重1580㎏ パワーウエイトレシオ:5.16㎏/㎰ 駆動方式は電子制御4WD

圧倒的なコーナリング性能。生粋のドライビングマシン!

 ワインディング路に到着。アンダーステアを誘発しやすいFFベースゆえ、コーナリング時には「曲げるためのブレーキ制御」が介入する。ただし普通に操縦する限り、制御感はない。誰もが「よく走り、よく曲がるクルマ」だと思うだろう。

 スポーツモードに切り替えてアクセルを踏み込む。エンジンの鼓動はこれが4気筒か?と思うほど重厚なサウンドに変わり、レスポンスは鋭くなった。

 同時にステアリングは応答性がいちだんとシャープに研ぎ澄まされる。舵角の方向に身をよじるように曲がっていく。前輪に組み込まれたLSDの効果が大きい。パイロンスラロームにトライする。旋回と同時にアクセルを踏み込むと、舵角の方向に思いのままに曲がっていった。

 FRにLSDを装着した状態とは感覚的に異なるが、高い車速でも操作に正確に応答するという意味では同じ。FF特有のアンダーステアは出ない。それでも試乗車のタイヤはショルダー部がすでに摩耗していた。「曲がる性能」を満喫するため、アクセルを踏み続けた証拠だろう。

 M135i・xドライブのフィールは非日常感覚。極太のステアリングを握りしめ、刺激的なメカニカル音をBGMにアクセルをワイドオープンする快感は最高だ。しかもスピード性能は超一級品。ハンドリングもハイレベルだ。

 誰もが、その走りの虜(とりこ)になるに違いない。生粋のドライビングカーである。

IMG_4309.JPGインパネは最新BMW共通イメージ 本革巻きスポーツステアリングは太いグリップ部が特徴

IMG_4331.JPGIMG_4334.JPG写真のMスポーツシートはアダプティブサスペンションとセットop(11万円) 前席はハイバック形状 後席の足もとスペースは余裕たっぷり 乗り心地は硬質

IMG_7404.JPG1998cc直4DOHC16Vターボ 306ps/5000~6250rpm 450Nm/1750~4500rpm 最高速は250km/hでリミッター作動 実力は270km/hオーバー

IMG_4277.JPGアダプティブLEDDヘッドライトはセットop(27万円) フォグは未設定

BMW・M135i 主要諸元&主要装備

IMG_4238.JPGグレード=M135i・xドライブ
価格=8SAT 630万円
全長×全幅×全高=4355×1800×1465mm
ホイールベース=2670mm
トレッド=フロント1565×リア1560mm
車重=1580kg
エンジン=1998cc直4DOHC16Vターボ(プレミアム仕様)
最高出力=225kW(306ps)/5000~6250rpm
最大トルク=450Nm(45.9kgm)/1750~4500rpm
WLTCモード燃費=12.0_km/リッター(燃料タンク容量50リッター)
(市街地/郊外/高速道路=8.9/12.2/14.0_km/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:マルチリンク
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=225/40R18+アルミ
駆動方式=4WD
乗車定員=5名
最小回転半径=5.4m
●主要燃費改善項目:無段階バルブリフト(バルブトロニック)/筒内直接噴射/吸排気無段階可変バルブタイミング(ダブルVANOS)/充電制御/アイドリングストップ/電動パワーステアリング
●主要装備:ドライビングアシスト(車線逸脱警告+レーンチェンジウォーニング+前車接近警告+衝突回避・被害軽減ブレーキ+クロストラフィックウォーニング+トラフィックサインアシスト)/パーキングアシスト(パークディスタンスコントロール+パーキングアシスト+リアビューカメラ+後退時ステアリングアシスト機能)/BMWコネクテッドドライブ・プロフェッショナル/ランフラットタイヤ/Mスポーツサスペンション/Mスポーツブレーキ/Mエアロダイナミクスパッケージ/Mリアスポイラー/18インチMライトアロイホイール/BMWサービスインクルーシブプラス(3年間)/ドライビングパフォーマンスコントロール/セリウムグレーメッシュキドニーグリル/自動防眩ドアミラー/コンフォートアクセス/LEDヘッドライト/レインセンサー&オートライト/BMWライブコクピット(10.25インチマルチディスプレイメーター+10.25インチコントロールディスプレイ+HDDナビゲーション)/2ゾーンオートAC/マルチファンクションMスポーツレザーステアリング/チルト&テレスコピックステアリング/自動防眩ルームミラー/スポーツシート/スルーローディングシステム(3分割リアシート)/イルミネーテッドボストン・インテリアトリム/オートマチックテールゲート
●装着メーカーop:ビジョンパッケージ(アダプティブLEDヘッドライト+ハイビームアシスタンス+BMWヘッドアップディスプレイ)27万円/デビューパッケージ(Mスポーツシート+Mシートベルト+アダプティブサスペンション)11万円/Hi-Fiスピーカーシステム(205w・10スピーカー)5万円
●ボディカラー:ミサノブルー(op7万9000円)
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は1万7970円

IMG_4287.JPG225/40R18ランフラットタイヤ+8J軽量スポークアルミ装着 足回りは固めの設定

IMG_4252.JPG排気エンドは大径左右ツイン スポーツモード選択時に刺激的な快音を奏でる

IMG_4320.JPGトランスミッションは8速AT パドル標準 シフト基部に各種コントロールスイッチを集中配置

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年1月号

  • ・新型SUBARU・WRX・S4
  • ・NEWマツダCX-5
  • ・特集 2022版最新Kカー選び

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る