• TOP
  • 現代版・羊の皮をかぶった狼特集:従来比75psの強心臓。MINI・JCWクラブマンの見かけによらぬ高性能

 ー 

現代版・羊の皮をかぶった狼特集:従来比75psの強心臓。MINI・JCWクラブマンの見かけによらぬ高性能

Writer:西川淳 Photo:小久保昭彦

MINI・JCWクラブマン 価格:8SAT 568万円 試乗記

メインIMG_7312.JPGMINI・JCWクラブマン 0→100km/h加速を4.9秒でクリアするスーパーモデル アクセルワイドオープン時の迫力は満点 JCW用2リッターターボユニットは専用ピストン/強化型クランクシャフト/新設計ターボ採用 全域パワフル&スムーズ

MINIとしては大型。でも使いやすく実用的。注目は極上パワートレーン

 MINIクラブマンは現行型が2ndモデル。全長×全幅×全高は42755×1800×1470mm。旧型に比べてサイズアップしたが、日本でも使い勝手のいい大きさにまとめている。

 観音開き式リアゲートを備えたボディは、旧型の変型3ドアから、一般的な4ドアに改良。実用性は大幅に上昇し、乗車定員は4名から5名に増えた。ルックス的にも、いかにもMININIの上級モデルらしい雰囲気にまとめられている。

 クラブマンの最高性能仕様であるJCW(ジョンクーパーワークス)が、いちだんと魅力的になったのは昨秋だった。

 注目はパワートレーン。MINI史上最強の306ps/450Nmの2リッター直4ターボエンジンを8速ATと4WD(オール4)の組み合わせで新搭載した。最高出力は従来比で一気に75psアップ。最大トルクも100Nm増強された。メーカーが自ら「限界を超えた」と表現したのもうなづける。パワーアップは専用ピストンや強化型クランクシャフト、新設計ターボチャージャーを採用した効果だ。

 エクステリアは、大型エアインテーク付きフロントバンパーやツインパイプのテールエンド、そして鮮烈な赤のアクセントがスポーティムードを演出。しかし、子供っぽさは皆無。このあたりがMINIらしい。大人のスポーツモデルという味わいは格別だ。

IMG_7326.JPG全長×全幅×全高4275×1800×1470mm ホイールベース2670mm 車重1600kg パワーウエイトレシオ:5.56kg/ps 駆動方式は電子制御4WD リアランプはユニオンジャックをイメージ

洗練されたパフォーマンス。走りは刺激を残したGTスポーツ

 走りはGTスポーツといったイメージ。JCWというと、過激な走りを期待しがちだが、実に洗練されている。

 スピード性能は0→100km/h加速を4.9秒でクリアするほど圧倒的。アクセルペダルを深く踏み込むと、4WDながら時にトルクステアが感じられるほどだ。しかし、決してじゃじゃ馬ではない。

 2000rpm以下の低回転域でもトルクは豊かで、ハイチューンユニット特有の神経質な印象はない。緩急自在、という言葉は、このクルマのためにある。

 フットワークは硬派なセッティング。とはいえ、全体的なライドテイストは、スポーティになりすぎず、それでいてスタンダード仕様とは歴然と違うという、絶妙な着地点を見つけ出している。ヤンチャなところはエンジンサウンドの演出くらいだ。

 ワインディング路は、ロールを抑えたきれいな旋回姿勢でコーナーを駆け抜ける。このあたりはレースフィールドの名門ネームを名乗るにふさわしい。高速クルージングもいっそう得意になった。高価だが、十分納得のいくハイパフォーマーである。

IMG_7226.JPG室内はMINIの伝統イメージを継承 ヘッドアップディスプレイ標準 室内中央にナビをビルトイン ハンドリングは痛快 適度にキビキビしたセッティング

IMG_7274.JPGIMG_7275.JPG前席はサポート性に優れたバケット形状 素材は本革とアルカンターラのコンビ 乗車定員5名 固めだが快適性は高水準

IMG_7293.JPG1998cc直4DOHV16Vターボ 306㎰/5000rpm 306ps/5000rpm 450Nm/1750~4500rpm 従来モデル比75ps/120Nmパワフル

タイトル回りIMG_7344.JPGフロントマスクはMINIヘッドライトはMINI共通の印象 丸型ヘッドライトはリング状デイランニング灯標準 ウインカー作動時は黄色に輝く

IMG_7301.JPGリアゲートは伝統の観音開き式 ラゲッジ容量は後席使用時360リッター/最大1250リッター 使い勝手はミニワゴン

MINI・JCWクラブマン 主要諸元と主要装備

IMG_7338.JPGグレード=JCWクラブマン
価格=8SAT 568万円
全長×全幅×全高=4275×1800×1470
ホイールベース=2670mm
トレッド=フロント1565×リア1565mm
車重=1600kg
エンジン=1998cc直4DOHC16Vターボ(プレミアム仕様)
最高出力=225kW(306ps)/5000rpm
最大トルク=450Nm(45.9kgm)/1750~4500rpm
WLTCモード燃費=12.1_km/リッター(燃料タンク容量48リッター)
(市街地/郊外/高速道路=8.9/12.3/14.2km/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:マルチリンク
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=225/40R18+アルミ
駆動方式=4WD
乗車定員=5名
最小回転半径=5.5m
●主な燃費改善対策:可変バルブタイミング/電動パワーステアリング/アイドリングストップ
●主要装備:ドライビングアシスト(前車接近警告+衝突回避・軽減ブレーキ)/リアパークディスタンスコントロール/アクティブクルーズコントロール/レインセンサー/リアビューカメラ/リアパークディスタンスコントロール/LEDヘッドランプ/リアフォグランプ/JCW専用エクステリア/JCW本革マルチファンクションステアリング/ライトパッケージ/アンスラサイトヘッドライナー/ダイナミカ・レザーコンビネーション・インテリア/JCWスポーツシート/8エアバッグ/サーボトロニックステアリング/スポーツサスペンション/スポーツAT/MINIドライビングモード/パフォーマンスコントロール/クルーズコントロール/ETC内蔵自動防眩ルームミラー/レインセンサー/2ゾーンオートAC/オンボードコンピュータ/ナビゲーション/MINIコネクテッド/ハンズフリーテレホンシステム/タイヤ空気圧警告システム
●装着メーカーop:アップルカープレイ&ワイヤレスパッケージ3万8000円/19インチアロイホイール・サーキットスポーク2トーン(235/35R19タイヤ)11万6000円/レッドスポーツストライプ3万3000円/アラームシステム5万7000円/MINIスタイルインテリア・ピアノブラックイルミネーテッド2万7000円/プライバシーガラス5万1000円/前席シートヒーター4万8000円/パーキングアシストパッケージ5万5000円/MINIドライバーサポートデスク3万5000円/ハーマンカードン製HiFiラウドスピーカーシステム12万6000円
●ボディカラー:レベルグリーン(op11万9000円)
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は1万9730円

IMG_7366.JPG225/40R18タイヤ標準 写真の135/35R19タイヤとスポークアルミはop(11万6000円)

IMG_7381.JPGエグゾーストエンドは左右ツイン 排気音は迫力ある重低音

IMG_7268.JPGトランスミッションは8速AT パドルシフト標準 変速はシャープでダイレクト スポーツ走行に最適

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年1月号

  • ・新型SUBARU・WRX・S4
  • ・NEWマツダCX-5
  • ・特集 2022版最新Kカー選び

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る