ー 

VWポロが安全性を強化。セーフティパッケージにレーンキープアシストシステムを設定

Writer:大貫直次郎 

フォルクスワーゲンがポロのオプションパッケージの仕様変更を実施。セーフティパッケージにレーンキープアシストシステム"Lane Assist"を追加

 フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは324日、人気コンパクトカーのポロにオプション設定するセーフティパッケージの仕様変更を実施した。

VW POLO MC1.jpg▲フォルクスワーゲン・ポロにオプション設定するセーフティパッケージにレーンキープアシストシステム"Lane Assist"を追加設定。安全性をいっそう高めた

 今回の変更は、レーンキープアシストシステムの"Lane Assist"を追加し、さらなる安全性の強化を図ったことが特徴だ。同システムは、フロントガラス上部に設置したカメラにより、走行中の車線をモニタリング。ドライバーの意図しない車線の逸脱を検知すると、ステアリング補正を行ってドライバーに警告し、ステアリング操作をサポートする仕組みだ。

VW POLO MC2.jpg"Lane Assist"はフロントガラス上部に設置したカメラにより走行中の車線をモニタリングし、ドライバーの意図しない車線の逸脱を検知するとステアリング補正を行ってドライバーに警告し、ステアリング操作をサポートする

 セーフティパッケージの内容は、TSI HighlineTSI R-LineGTI用がレーンキープアシストシステム"Lane Assist"のほか、駐車支援システム"Park Assist"/パークディスタンスコントロール(フロント&リア、前進および後退時衝突軽減ブレーキ機能付)/オプティカルパーキングシステム/ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)/リアトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)で構成し、オプション価格は132000円。一方、TSI Comfortline Limited用はレーンキープアシストシステム"Lane Assist"のほか、駐車支援システム"Park Assist"/パークディスタンスコントロール(フロント&リア、前進および後退時衝突軽減ブレーキ機能付)/オプティカルパーキングシステム/ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)/リアトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)/アダプティブクルーズコントロール ACC(全車速追従機能付)で構成し、オプション価格は154000円に設定した。

 なお、ポロ・シリーズの車両価格(2623000円~3589000円)およびセーフティパッケージ以外のオプション価格は従来と同様である。

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年04月号

  • 羊の皮をかぶった狼

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る