• TOP
  • ランボルギーニがサーキット専用ハイパーカーに搭載する新V12エンジンのシェイクダウンを実施

ランボルギーニがサーキット専用ハイパーカーに搭載する新V12エンジンのシェイクダウンを実施

Writer:大貫直次郎 

ランボルギーニのスクアドラ・コルセが今夏デビュー予定の新型ハイパーカーに採用するサーキット専用6.5LV12エンジンのテスト走行を敢行!

 伊ランボルギーニおよびモータースポーツ活動を担うランボルギーニ・スクアドラ・コルセは325日(現地時間)、新型ハイパーカーに搭載するサーキット専用V12エンジンの最初のシェイクダウンを行ったことを発表した。

Lamborghini Squadra Corse V12 1.jpg▲今回シェイクダウンを敢行したエンジンは、形式がV12気筒、排気量が6.5リットルの自然吸気ユニットで、車体のミッドシップにマウント。最高出力は830hpを発生する

 今回走行テストを実施したエンジンは、形式がV12気筒、排気量が6.5リットルの自然吸気ユニットで、車体のミッドシップにマウント。最高出力は830hpを発生するという。本国のオフィシャルサイトでは、走行シーンと新V12エンジンの咆哮が視聴できる18秒あまりの動画も公開。車両の一部も写っており、そのアグレッシブな造形が垣間見える。

Lamborghini Squadra Corse V12 2.jpgLamborghini Squadra Corse V12 3.jpgLamborghini Squadra Corse V12 4.jpg▲カーボン製ディフューザーや大型リアウィング、デュアルエアインテークを内蔵したレーシングフードなど、通常の公道仕様車とは異なる専用パーツを多数装備

 なお、ランボルギーニは新型ハイパーカーの一部概要もアナウンス。大型のリアウィング、ルーフのエアスクープ、デュアルエアインテークを内蔵したレーシングフードなど、通常の公道仕様車とは異なる特徴を多数備え、またアルミニウム製のフロントフレームとカーボンファイバーモノコックで最高の安全水準を実現しながら、先進のセルフロック・ディファレンシャルでサーキットにおけるドライバビリティの向上を果たした設計で仕立てているという。開発は最終ステージに入っており、ワールドプレミアは本年夏ごろを予定している。

Lamborghini Squadra Corse V12 5.jpg▲新型ハイパーカーのイメージ画像。ワールドプレミアは本年夏ごろを予定する

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年11月号

  • ・緊急レポート 新型日産フェアレディZ
  • ・特集1 HOTハッチ頂上決戦!
  • ・特集2 こだわりステーションワゴン

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る