ー 

2.0Lディーゼルターボエンジンを搭載した新型BMW1シリーズ「118d」が日本デビュー!

Writer:大貫直次郎 

BMWFF化した新型1シリーズに最新の2.0Lディーゼルターボエンジンを採用した「118d」を追加設定。車種展開は豊富に4グレードをラインアップ

 BMWジャパンは42日、第3世代となる新型1シリーズに2.0Lディーゼルターボエンジンを搭載した「118d」を新設定し、同日より販売を開始した。

BMW_118d1.jpgBMW 118d Mスポーツ(写真・左):8SAT451万円/プレイ(写真・右):413万円 全長43354355×全幅1800×全高1465mm ホイールベース2670mm 乗車定員5名 パワーユニットに1995cc直列4気筒DOHCターボディーゼルエンジン(150ps350Nm)を搭載する

車種展開は以下の通り。

118d プレイ・エディション・ジョイ+:385万円
118d Mスポーツ・エディション・ジョイ+:423万円
118d プレイ:413万円
118d Mスポーツ:451万円

 118dに搭載するパワーユニットは、最新型のSCRシステムを組み込むなどして排出ガスの低減を図るとともに、卓越したパワーと高い静粛性を実現した1995cc直列4気筒DOHCターボディーゼルエンジンだ。2200barの最大燃料噴射圧力や2ステージターボシステムにより、さらなるドライビング・ダイナミクスの向上を成し遂げ、最高出力は150ps/4000rpm、最大トルクは350Nm/17502500rpmを発生する。トランスミッションには専用セッティングの8ATMスポーツには8速スポーツAT)をセット。環境性能の面では、先代モデル比でCO2排出量を約5%削減し、同時に燃料消費率は16.7km/リットル(WLTC)を実現した。

BMW_118d2.jpg▲パワフルなディーゼルエンジンを象徴するようなΦ90mmのエグゾーストテールパイプをリア左右に配置。日本導入モデルのハンドル位置は右

 エクステリアに関しては、パワフルなディーゼルエンジンを象徴するような、Φ90mmのエグゾーストテールパイプをリア左右に配したことがトピック。また、ガソリンエンジンモデルと同様、先進の運転支援機構であるタイヤスリップ・コントロール・システム(ARB)、レーンチェンジウォーニングや後部衝突警告機能、クロストラフィックウォーニング(リア)、スピードリミット情報表示機能が追加されたドライビングアシスト、直近に前進した50mの軌跡を記憶し、その軌跡通りに後退する際にステアリング操作を自動で行うリバースアシストを備えたパーキングアシストを採用。AI技術を活用することで、音声で車両の操作や情報へのアクセスが可能となるBMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントや車載通信モジュールによりドライバーとクルマ、そして取り巻く情報をITネットワークでつなぐBMWコネクテッド・ドライブなども設定している。

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年07月号

  • ・新車解説・新型トヨタ・ヤリスクロス
  • ・新車解説・新型ダイハツ・タフト
  • ・バリュー・フォー・マネーなクルマたち

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る