ー 

マクラーレンの"ロングテール"シリーズの最新作「765LT」が予約受注をスタート

Writer:大貫直次郎 

マクラーレン史上最もパワフルな最新"LT(ロングテール)"の「765LT」がオーダー受付を開始。日本での車両価格は4450万円~

 マクラーレン・オートモーティブは4月6日、伝統の高性能モデル"LT(ロングテール)"仕様の最新バージョンとなる「765LT」のオーダー受付を正式に開始した。販売台数は765台の限定で、デリバリーは本年9月より実施予定。日本での車両価格は4450万円~に設定する。

McLaren 765LT1.jpg▲マクラーレン765LT 伝統の高性能モデル"LT(ロングテール)"仕様の最新バージョンとして開発。販売台数は765台の限定。日本での車両価格は4450万円~に設定する

 本年3月3日に発表されたニューモデルの765LTは、1990年代のマクラーレンF1 GTRで幕を開け、2015年からは公道走行モデルに適用されるようになった"ロングテール"の最新バージョンとして開発される。ベース車は基本骨格にカーボンファイバー製"モノセル"モノコックを採用した、マクラーレンのSUPERシリーズに位置する「720S」。ここにビスポークのカーボンファイバー製LTボディパネルやエアロダイナミクス機能などを鋭意組み込んだ。具体的には、フロントの大型スプリッターや拡張したアクティブリアウイング、カーボンファイバー製のフロア/ドアブレード/リアディフューザー、そしてアクティブリアウイングを高い位置に置いたロングテールなどを採用し、エアロダイナミックダウンフォースを720S比で25%増加。また、車重はカーボンファイバーやボリカーボネート素材の活用、軽量デュアルサスペンションの導入などによって、720S比で約80kgの削減を成し遂げる。ボディサイズは全長4600×全幅1930×全高1157mm/ホイールベース2670mmに設定。720Sと比べてフロントの最低地上高は5mm低くなり、同時にフロントトレッドを6mm拡大したことで、グリップ性能と前後の空力バランスの両面を向上させた。

McLaren 765LT2.jpg▲ボディサイズは全長4600×全幅1930×全高1157mm/ホイールベース2670mm、乾燥車重は1229kg。写真のボディカラーは専用色のナルド・オレンジ

 ミッドシップに配したパワーユニットは720Sに搭載するM840T型3994cc・V型8気筒DOHCツインターボエンジンのチューンアップバージョンで、専用セッティングの燃料供給装置やチタン製エグゾーストシステムなどの組み込みによって、最高出力は720S比で45psアップの765ps/7500rpm、最大トルクは30N・mアップの800N・m/5500pmを発生する。トランスミッションにはコンフォート/スポーツ/トラックのモードを備えた専用セッティングの7速DCT(7速シームレスシフトギアボックス=7SSG)を組み合わせ、後輪を駆動。性能面では0→100km/h加速が2.8秒、0→200km/h加速が7.2秒、最高速度が330km/hを実現した。

McLaren 765LT3.jpg▲ミッドシップ配置のパワーユニットは720Sに搭載するM840T3994ccV8気筒DOHCツインターボエンジンのチューンアップバージョンで、最高出力は765ps7500rpm、最大トルクは800Nm5500pmを発生

 シャシー面ではアルミニウム製デュアルウィッシュボーンサスペンションをベースに、精度と制御をさらに向上させたPCCⅡ(プロアクティブ シャシーコントロールⅡ)や専用チューニングのダンパーおよびスプリングなどをセットしたことが特徴。同時に、操舵機構にはギア比をよりクイック化するとともにトーションバーを固めに調整した電動油圧式パワーステアリングを採用する。また、制動機構には前Φ390mm/後Φ380mmのカーボンセラミックディスクと前モノブロック6ピストン/後4ピストンの鍛造アルミニウム製キャリパーを装備。シューズには前9J×19/後11J×20・10本スポークウルトラライトウエイト鍛造アロイホイール(チタン製ホイールボルト)+前245/35R19 93Y(XL)/後305/30R20 103Y(XL)ピレリP Zero Trofeo Rタイヤを装着した。

McLaren 765LT4.jpg▲カーボンファイバー・プライマリー・インテリア・コンポーネント・パックやMSO Definedカーボンファイバー・エクステンデッド・シフトパドルなどを標準で装備する

 インテリアに関してはモータースポーツから着想したデザインで構成し、カーボンファイバー骨格のレーシングシートやセンタートンネルおよびフロアの全体をカバーする軽量のアルカンターラなどを採用する。また、内装色には淡い色彩を初めて導入した。さらに、ドーブ・グレーのアルカンターラにサイタス・グレーのステッチ、バーント・オレンジのアルカンターラにカルミンのステッチ、ミッドナイト・ブルーのアルカンターラにキングフィッシャー・ブルーのステッチという3つの仕様をラインアップしている。

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年10月号

  • ・新型トヨタ・アクア・オールガイド
  • ・新型日産ノート・オーラNISMO
  • ・新型ホンダ・シビック試乗&ライバル比較

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る