ー 

コンフォート性を加味したロータス・エヴォーラGT410が日本上陸!

Writer:大貫直次郎 

スポーツ志向に特化したロータス・エヴォーラGT410 Sportのシャシー性能に快適性を付与した「ロータス・エヴォーラGT410」を新設定。車両価格は1397万円

 ロータスカーズ日本正規販売輸入総代理店のエルシーアイ株式会社は422日、ニューモデルのロータス「エヴォーラGT410Evora GT410)」を発表し、同日より予約受注を開始した。車両価格は1397万円に設定する。

EVORA GT410 1.jpg▲ロータス・エヴォーラGT410 スポーツ志向に特化したエヴォーラGT410 Sportの高度なシャシー性能を維持しながら、コンフォート性を踏まえた専用セッティングを施す。車両価格は1397万円に設定

 新設定のエヴォーラGT410は、スポーツ志向に特化したエヴォーラGT410 Sportの高度なアルマイト加工軽量押出し結合リベット高剛性アルミシャシー構造を継続しながら、コンフォート性を踏まえた専用セッティングを施したことが特徴である。

EVORA GT410 2.jpg▲懸架機構には専用チューニングのツーリングサスペンション(前後アイバッハ製コイルスプリング+ビルシュタイン製ノンアジャスタブルダンパー)を採用。シューズにはミシュランPilot Sport 4Sタイヤを装着する

 まず前後ダブルウィッシュボーンの懸架機構には、専用チューニングのツーリングサスペンション(前後アイバッハ製コイルスプリング+ビルシュタイン製ノンアジャスタブルダンパー)に前後アイバッハ製アンチロールバーを採用。シューズにはミシュランPilot Sport 4Sタイヤ(前235/35ZR19、後285/30ZR20)+Vスポーク鋳造アルミホイール(前8.0J×19、後9.5J×20。シルバーおよびブラックより選択)を装着する。一方、外装にはGFRPフロントアクセスパネルとGFRPルーフ、GFRP/ガラスリアテールゲートを採用した。なお、ボディサイズはエヴォーラGT410 Sportと同寸の全長4390×全幅1850×全高1240mm/ホイールベース2575mm/前後トレッド1564×1575mmに設定。車重はMT1375kgAT1382kg(本国仕様)と、エヴォーラGT410 Sport比で14kg増に収めている。

EVORA GT410 3.jpg▲ボディサイズはエヴォーラGT410 Sportと同寸の全長4390×全幅1850×全高1240mm/ホイールベース2575mmに設定。車重はMT1375kgAT1382kg(本国仕様)と、エヴォーラGT410 Sport比で14kg増に収めている

 ミッドシップ配置のパワートレインは基本的にエヴォーラGT410 Sportと共通で、3456cc・V型6気筒DOHCVVT-iスーパーチャージャーエンジン(416ps/7000rpm420Nm/3500rpm)+6MT6ATを搭載する。性能面も変わりなく、0100km/h加速がMT4.2秒/AT4.1秒、最高速度がMT305km/hAT275km/hと公表した。

EVORA GT410 4.jpg▲リクライニング対応のスパルコ製チャコールクロス/エボニーブラックレザー/レザー調スポーツシートを装着。キャビンは防音仕様が標準

 インテリアに関しては、リクライニング対応のスパルコ製チャコールクロス/エボニーブラックレザー/レザー調スポーツシート(ブラックステッチ+ロータスヘッドレストロゴ)、チャコールクロス/エボニーブラックレザードアカード+内蔵アームレスト/ストレージ、ガンメタルインテリアカラーパック(センターコンソールパネル/ドアグラブハンドル)、ブラックフルレザーステアリングホイール、防音仕様、ケンウッド製SD AV ナビゲーション/光ビーコン対応ETC2.0などを標準装備し、高レベルのコンフォート性能を確保。また、機構面ではドライバー選択式ESPモード(DriveSportRaceOff)やタイヤプレッシャーモニタリングシステム、フロントシートヒーター、エアコン、リバースカメラ、リアパーキングセンサー、12Vウエットバッテリーといったアイテムを標準で採用した。

EVORA GT410 5.jpg▲チャコールクロス/エボニーブラックレザードアカード+内蔵アームレスト/ストレージを設定する

 なお、今回のエヴォーラGT410のリリースに合わせて、エヴォーラGT410 Sportの一部仕様変更も実施。GFRPルーフ(以前はカーボンルーフが標準)やリクライニング対応スパルコ製ブラックアルカンタラスポーツシート(以前はカーボンスポーツシートが標準)、ケンウッド製ナビゲーション/光ビーコン対応ETC2.0(以前はクラリオン製ナビゲーション/VICSETC2.0がオプション)、防音仕様(以前はオプション)、マッドフラップ(以前はオプション)、12Vウエットバッテリー(以前はリチウムイオンバッテリー)を標準で設定する。さらに、追加仕様およびオプションとして、APレーシング4ポットキャリパーへのブラックとレッドの無償選択の追加(以前はイエローのみ)、インテリアカラーパックでのメタリックブラック/アークティックシルバー/グロスレッド/ソリッドイエロー/メタリックオレンジ/メタリックホワイト/ソリッドレッド/ボディー同色のオプション設定(以前はイエロー/レッドのみ)、エクステリアカラーの変更(新ペイント14色追加、旧6色を削除)、人気のオプションをまとめて分かりやすくしたツーリング/スポーツパックの追加などを敢行。ユーザーの幅広いニーズに対応できる仕組みに刷新している。

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報