• TOP
  • アウディの旗艦ステーションワゴンのA6アバントにプラグインハイブリッドモデル「55TFSI eクワトロ」が登場

 ー 

アウディの旗艦ステーションワゴンのA6アバントにプラグインハイブリッドモデル「55TFSI eクワトロ」が登場

Writer:大貫直次郎 

アウディA6アバントのPHEVモデル「55TFSI eクワトロ」が欧州デビュー。EVモードでの航続距離は最大51km(WLTPモード)を達成

 独アウディは4月27日(現地時間)、旗艦ステーションワゴンのA6アバントのプラグインハイブリッドモデル「55TFSI eクワトロ」を本国で発表した。車両価格は7万1940ユーロ(約835万円)~に設定。日本への導入時期などは現時点で未定だ。

▲アウディA6アバント55TFSI eクワトロ パワーユニットには2.0TFSIの2リットル直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン+モーターを搭載。システム総出力は367ps/500N・mを発揮する。公表された性能は0→100km/h加速5.7秒、最高速度250km/h(リミッター作動)

 A6アバント55TFSI eクワトロは、パワーユニットに2.0TFSIの2リットル直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(252ps/370N・m)+モーター(105kW/350N・m)を搭載。システム総出力は367ps/500N・mを発揮する。駆動用バッテリーには、容量14.1kWhのリチウムイオンバッテリーを採用。ラゲッジルームのフロア下に効率的に配置し、荷室容量は後席使用時で405リットル、後席格納時で1535リットルを確保した。

▲駆動用バッテリーには容量14.1kWhのリチウムイオンバッテリーを採用。ラゲッジルームのフロア下に効率的に配置し、荷室容量は後席使用時で405リットル、後席格納時で1535リットルを確保した

 一方、トランスミッションには7速Sトロニックを組み合わせ、駆動機構にはクワトロ(4WD)システムを採用。そして、走行モードとして“EV”“Hybrid(ハイブリッド)”“Hold(ホールド)”の3モードを設定する。“EV”モードでは電動ドライブのみで走行し、航続距離はWLTPモードで最大51kmを実現。最高速度は135km/hとした。また、リチウムイオンバッテリーへの充電は、出力7.4kWのチャージャーを使用した場合、約2時間半でフル充電をこなす。“Hybrid”モードではガソリンエンジンとモーターのPHEVシステムが最大限の効率を果たすよう、高次元のバランスで走行パターンをセッティング。“Hold”モードでは現状のバッテリー充電状態が維持されるように走行し、エンジンを停止させた状態での一定時間のコースティング(惰性走行)も行う仕組みだ。
 また、55TFSI eクワトロには航続距離を延長させるPEA(Predictive efficiency assistant=予測効率アシスト)システムを装備。車両センサーやコネクティングシステムを活用したルートプランの設定のほか、アクセル開度の最適化およびペダルへの触感フィードバックなどを組み込み、航続距離の拡大を支援する。さらに、コネクティッド機能の「myAudi」アプリを使用すれば、バッテリー残量と航続の確認、充電場所の設定、充電タイマーのプログラミング、電費データの取得、そして空調の遠隔操作などを行うことが可能だ。

▲走行モードとして“EV”“Hybrid(ハイブリッド)”“Hold(ホールド)”の3モードを設定。“EV”モードでは電動ドライブのみで走行し、航続距離はWLTPモードで最大51kmを実現した

 内外装のアレンジに関しては、Sラインエクステリアパッケージおよびブラックスタイリングパッケージを組み込んで、先進的かつスポーティなデザインに仕立てたことがトピック。具体的には、マトリクスLEDヘッドライトやスポーツシート、4ゾーンオートマチックAC、アウディバーチャルコックピット、スポーツサスペンション、19インチアルミホイール、レッドブレーキキャリパーなどを標準で装備した。

▲アウディでは新世代のPHEVシステム搭載車を「TFSI e」と呼称。今後、車種展開を鋭意拡大していく予定

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年12月号

  • ・巻頭特集 2021SUV最前線
  • ・特集 Japaneseスポーツレジェンド
  • ・スペシャルピックアップ 新型ホンダe 試乗記

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る