• TOP
  • ベントレーがコンチネンタルGTとベンテイガのスポーティな特徴を際立たせる「スタイリングスペシフィケーション」を発表

 ー 

ベントレーがコンチネンタルGTとベンテイガのスポーティな特徴を際立たせる「スタイリングスペシフィケーション」を発表

Writer:大貫直次郎 

徹底したテストを経て開発・製造したベントレーのカーボンファイバー製パーツ「スタイリングスペシフィケーション」がコンチネンタルGTシリーズとベンテイガに設定

 英国ベントレーは4月30日(現地時間)、徹底したテストを経て開発・製造したカーボンファイバー製エアロパーツ「スタイリングスペシフィケーション」を発表した。設定車種はプレミアムスポーツクーペのコンチネンタルGTとオープンモデルのコンチネンタルGTコンバーチブル、そしてプレミアムクロスオーバーSUVのベンテイガの3モデル。また、ラグジュアリーサルーンの新型フライングスパーにも間もなく導入する計画だ。

▲軽量かつ高剛性なハイグロス2×2ツイルカーボンファイバー材で仕立てたハンドメイドのエアロパーツ群で構成する「スタイリングスペシフィケーション」を纏ったベントレー・コンチネンタルGT

 新設定の「スタイリングスペシフィケーション」は、軽量かつ高剛性なハイグロス2×2ツイルカーボンファイバー材で仕立てたハンドメイドのエアロパーツ群で構成する。コンチネンタルGTシリーズにはフロントバンパースプリッター、メタリックなベントレーバッジをあしらったサイドスカート、リアディフューザー、トランクリッドスポイラーを採用。一方、ベンテイガにはバイプレーンテールゲートスポイラーやリアスクリーンストレーキも組み込み、さらに同じ仕上げのフロントエアブレード、ウイングベント、ミラーキャップをオプションで用意した。

▲コンチネンタルGTシリーズにはフロントバンパースプリッターやメタリックなベントレーバッジをあしらったサイドスカート、リアディフューザーなどを採用する
▲入念なテストを実施してスペックを決定したトランクリッドスポイラーを装着
▲サイドスカートには電気鋳造方式で製作した立体的なベントレーバッジを配する

 これらのコンポーネントの設計、開発、テスト、製造承認のプロセスは、ベントレーが新型モデルの企画で行っているプロセスと同様の過程を踏む。まず、各モデルの空力性能を補完する目的で、数値流体力学(CFD)ソフトウェアを使用して前後のリフト量や全体的な抗力などの空力性能テストを繰り返し行い、入念な改良を敢行。また、パワートレインの冷却、ブレーキの冷却、騒音、振動、ハーシュネス(NVH)への影響についてもシミュレーションを実施する。さらに、電気的なテストではPDC(パークディスタンスコントロール)からレーダーシステム、車載通信やエンターテイメント用のアンテナに至るまで、カーボンファイバー製パーツが車両システムに与える影響を最小限に抑えることを念頭に置いた。
 こうしたバーチャルなテストを完了した後、最初の物理的なプロトタイプを製造し、風洞実験室や実際のコースでテストしてさらなる改良を加える。また、トップスピードに至るまでのあらゆる走行条件で安定性やフィーリング、加速時とブレーキング時の性能を評価し、ベントレーのドライビングダイナミクスが低下しないことを確認。これにパスしてから、さらに10万kmの車両総合試験を含む耐久性プログラム、渡河性能、縁石への衝突、悪路での走行など過酷なテストを実施する。同時に、ベントレーの品質ラボラトリーにおいて振動、熱循環、点荷重、衝撃などの過酷な試験を通して最終的なスペックを決定するという内容だ。

▲ベントレー・ベンテイガにはテールゲートスポイラーとリアスクリーンストレーキを組み込み、さらに同じ仕上げのフロントエアブレード、ウイングベント、ミラーキャップをオプションで用意した
▲専用デザインのバイプレーンテールゲートスポイラーを設定
▲マフラーエンドを包み込むようにアレンジしたリアディフューザー

 一方、製造工程においても何回ものテスト製造を行い、ベントレーに求められる厳しい要件を満たす一貫した再現性のある製造公差を具現化。この際、3Dスキャンも行い、公称計測値と比較することで製造精度を評価している。

▲パイクスピーク インターナショナル ヒルクライムで量産車部門の最速記録を樹立したコンチネンタルGT(写真・奥)とそれを記念した限定モデルのコンチネンタルGTリミテッドエディション(同・手前)。今回の「スタイリングスペシフィケーション」の新パーツは、これらのモデルのカーボンファイバー製パーツを手がけたエンジニアリングチームが開発を担った

 なお、今回の「スタイリングスペシフィケーション」の新パーツは、先代のコンチネンタルGT(GT3-Rおよびスーパースポーツモデルを含む)やパイクスピーク、アイスレース用コンチネンタルGTのカーボンファイバーコンポーネントを手がけたエンジニアリングチームが開発を担当した。

関連リンク

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年12月号

  • ・巻頭特集 2021SUV最前線
  • ・特集 Japaneseスポーツレジェンド
  • ・スペシャルピックアップ 新型ホンダe 試乗記

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る