• TOP
  • 「注目モデル試乗」本家eパワー、ノートeパワーのヤリスやフィットにはない魅力

 ー 

「注目モデル試乗」本家eパワー、ノートeパワーのヤリスやフィットにはない魅力

Writer:河村康彦 Photo:小久保昭彦

日産ノートeパワーXブラックアロー 価格:215万3800円 試乗記

日産ノートeパワーXブラックアロー 「エンジンで発電/モーターで走る」シリーズハイブリッド車 モーターをはじめパワートレーンはリーフ用アイテムを導入 加速フィールは力強く俊敏
日産ノートeパワーXブラックアロー 「エンジンで発電/モーターで走る」シリーズハイブリッド車 モーターをはじめパワートレーンはリーフ用アイテムを導入 加速フィールは力強く俊敏

魅力はモーターの利点を生かしたパワフルな加速。気持ちいい!

 日産自慢のeパワーの特徴は、リーフで培ったEVテクノロジーやそのノウハウを生かした、シリーズ式ハイブリッドモデル、という点にある。発電用エンジンを搭載することで駆動用バッテリーの容量を抑制し、価格の上昇や重量の増加を抑えている。
 ノートeパワーは発電用1.2リッター直3エンジン(79ps/103Nm)とモーター(109ps/254Nm)を組み合わせる。駆動方式はFF。車重は約1.2トン。バッテリー容量を抑えたとはいえ、純エンジン仕様に対する重量増は150kg以上に達する。

 一方で、ライバル各車に対して大きな強みは、圧倒的に大きなトルク値だ。すべての駆動力は電気モーターが発生するため、2.5リッターエンジン車と同等のビッグトルクが「スタートの瞬間」から発揮される。これは大きな魅力だ。
 eパワーの発進加速力は、初めて乗るユーザーが思わず歓声を上げるほど力強い。そして、バッテリー充電量に余裕がある場面では、エンジンを始動させずに、ほぼ無音の状態でスピードがぐんぐん増していく。まさにEV感覚そのものである。

 この感覚に慣れると、エンジン回転数が上がってから力強い加速力が得られる通常エンジン車の走りが、何ともまどろっこしく感じられてしまうほど。ノートの人気がeパワー仕様に集中しているのは、先進イメージ満点の走りが評価されているからに違いない。

全長×全幅×全高4100×1695×1520mm 車重1220kg 最小回転半径:5.2m ブラックアローのボディカラーは全10タイプ ルーフは黒仕上げ

新鮮な「ワンペダル・ドライビング」、未来的な走りが味わえる

 走りの特徴は、もう1点ある。強力な駆動用モーターを活用した強い回生力によって、アクセルOFFの場面で高い減速Gを得られるモードを設定していることだ。アクセル操作だけで日常の走行シーンのほとんどをカバーする「ワンペダル・ドライビング」が可能である。
 eパワーは、加速シーンでも減速のシーンでも、従来のエンジン車とは明確に異なる独自の走りのテイストが味わえる。

 バッテリー容量が少ないために発電用エンジンが稼動するシーンが多く、そのノイズの高まりによって「EV走行時」との印象の違いは大きい。また、基本は同じシリーズ式ハイブリッド車でありながら、三菱アウトランダーPHEVやホンダのe:HEVのようなエンジン直結駆動モードは未装備。そのため、モーターの効率低下が大きい高速走行時には、燃費面で不利といったマイナス面も指摘できる。

 それでも、ノートeパワーの独自性は揺るがない。190万円強がスターティングプライスと、比較的手ごろな設定ながら、未来的な走行感覚が味わえるのは大きな魅力だ。しかもピュアEVとは異なり、充電は不要。日本発の〝孤高のコンパクトカー”といえる1台である。

オートクルーズやオーディオスイッチを配置したステアリングはDシェイプ Sとエコの走行モードでアクセルを離すと自動的にブレーキが利く「eペダル」作動
ブラックアローはダーク系ファブリックシート装着 室内は広く後席足元空間は余裕たっぷり 室内長2065 mm 乗り心地はしなやかな設定
荷室容量は標準ガソリン車と共通 後席は6対4分割式
ファインビジョンメーター標準 速度計内側に燃費などを表示
走行セレクターはリーフと同イメージのシンプル形状 電動車のためトランスミッションは未搭載
ハロゲンヘッドライト標準 写真のプロジェクター式LEDはop
ブラックアローは185/65R15タイヤとダーク塗装アルミ標準
1198cc直3DOHC12V(79ps/103Nm)は発電用 駆動はモーター(109ps/254Nm)が行う モーターはリーフと共通仕様の交流同期型 JC08モード燃費:34.0km/リッター

日産ノートeパワーXブラックアロー 価格:215万3800円 主要諸元と主要装備

グレード=e-POWER Xブラックアロー
価格=215万3800円
全長×全幅×全高=4100×1695×1520mm
ホイールベース=2600mm
トレッド=フロント1480×リア1485mm
車重=1220kg
エンジン=1198cc直3DOHC12V(レギュラー仕様)
最高出力=58kW(79ps)/5400rpm
最大トルク=103Nm(10.5kgm)/3600~5200rpm
モーター=交流同期電動機
定格出力=70kW(95ps)
最高出力=80kW(109ps)/3008~10000rpm
最大トルク=254Nm(25.9kgm)/0~3008rpm
JC08モード燃費=34.0km/リッター(燃料タンク容量41リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:トーションビーム
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ドラム
タイヤ&ホイール=185/65R15+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=5名
最小回転半径_=5.2m
●主な燃費改善対策:ハイブリッド/ミラーサイクル/可変バルブタイミング/電動パワーステアリング/アイドリングストップ
●ブラックアロー専用装備:ブラックカラールーフ&ドアミラー&アウトサイドドアハンドル/15インチダークメタリックアルミ/専用カラーシート地&ドアトリム/ダークシルバーフィニッシャー/ブラック内装トリム
●主要装備:スーパーUVカット断熱グリーンガラス(フロントドア)/プライバシーガラス(リア3面)/ハイビームアシスト/サイドターンライト内蔵ドアミラー/インテリジェントオートライト/プッシュパワースターター/e-POWERモードスイッチ/インテリジェントキー/ピアノ調センタークラスター/オートAC/前席バニティミラー/6対4分割リアシート/インテリジェントエマージェンシーブレーキ/車線逸脱警報/車両接近通報装置/イモビライザー
●装着メーカーop:LEDヘッドランプ7万7000円/SRSカーテンエアバッグ4万9500円/インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物検知機能付き)+インテリジェントルームミラー(インテリジェントアラウンドビューモニター表示機能付き)+ヒーター付きドアミラー7万7000円/寒冷地仕様2万4200円
●ボディカラー:プレミアムコロナオレンジ+スーパーブラック2トーン(op2万4200円)
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は8480円
取材協力●マースガーデンウッド御殿場

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報