ー 

充実の安心装備にホワイトインテリアを採用したマツダ2の特別仕様車が発売

Writer:大貫直次郎 

国産コンパクトカークラスでは唯一となる白本革基調の内装で仕立てたマツダ2の特別仕様車「White Comfort」が登場。合わせて全機種に新外板色の「ポリメタルグレーメタリック」を追加設定

 マツダは5月13日、小型5ドアハッチバックモデルのマツダ2(MAZDA2)に特別仕様車の「White Comfort(ホワイト・コンフォート)」を新設定し、同日より発売。合わせて、全機種に新外板色の「ポリメタルグレーメタリック」をラインアップした。

White Comfortの車種展開は以下の通り。
15S White Comfort:2WD216万7000円/4WD237万6000円
XD White Comfort:2WD249万1500円/4WD270万500円

▲マツダ2・XD White Comfort(2WD) 価格:6SAT249万1500円 全長4065×全幅1695×全高1525mm/ホイールベース2570mm 車重1150kg 乗車定員5名 写真のボディカラーは新色のポリメタルグレーメタリック

 今回の特別仕様車は、充実の安全装備を導入した通常モデルの「L Package」をベースに、国産コンパクトカークラスでは唯一となる白本革を基調としたインテリアを採用したことが訴求点である。まずシートには、ピュアホワイトのレザーとウォームグレーのグランリュクス(スエード調人工皮革)、そしてウォームグレーのメランジ調クロス素材を組み合わせたスペシャルな表皮を貼付。また、インパネデコレーションパネル(助手席)にはウォームグレーのグランリュクス(シルクベージュステッチ)を、エアコンルーバーベゼル内側にはスチールブルーのアクセントを、コンソールサイドデコレーションにはピュアホワイトの合成皮革(ライトグレーステッチ)を、ドアトリムにはウォームグレーのグランリュクス(シルクベージュステッチ)を、フロントのドアアームレストにはピュアホワイトの合成皮革(ライトグレーステッチ)を、フロントドアアームレストロアパネルにはピュアホワイトを採用して、非日常を感じさせる心地よいキャビン空間を演出した。

▲インパネデコレーションパネル(助手席)にはウォームグレーのグランリュクス(シルクベージュステッチ)を、エアコンルーバーベゼル内側にはスチールブルーのアクセントを採用する

 ボディカラーには、シックかつ精悍な印象をもたらす新外板色のポリメタルグレーメタリックのほか、スノーフレイクホワイトパールマイカ、ジェットブラックマイカ、マシーングレープレミアムメタリック、ソウルレッドクリスタルメタリック、セラミックメタリックをラインアップ。足もとには高輝度塗装16インチアルミホイール+185/60R16タイヤを装着する。また、機構面としては車両構造技術のSKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS(スカイアクティブ ビークル ダイナミクス)や車両運動制御技術のG-ベクタリング コントロール プラス(GVC Plus)を採用して、リニアリティあふれる安定した走りを具現化。さらに、アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)やアダプティブLEDヘッドライト(ALH)、マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)、360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)といった先進安全装備も組み込んだ。

▲シートにはピュアホワイトのレザーとウォームグレーのグランリュクス(スエード調人工皮革)、ウォームグレーのメランジ調クロス素材を組み合わせたスペシャルな表皮を貼付した

 搭載エンジンは直噴ガソリン(Di)仕様のP5-VPS型1496cc直列4気筒DOHC16V(110ps/14.4kg・m)、コモンレール式ディーゼル仕様のS5-DPTS型1498cc直列4気筒DOHC16V直噴ターボ(105ps/25.5kg・m)を設定。トランスミッションにはSKYACTIV-DRIVEの6EC-ATを組み合わせ、駆動レイアウトには2WD(FF)と4WDをラインアップする。ボディサイズは全長4065×全幅1695×全高1525~1550mm/ホイールベース2570mmに設定した。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報