ー 

安心と上質を「プラス」したカローラ/カローラ・ツーリングの特別仕様車が登場

Writer:大貫直次郎 

新型カローラ/カローラ・ツーリングに特別仕様車の「G-X“PLUS”」と「HYBRID G-X“PLUS”」を新設定。安全装備の拡充に上質感を高めたインテリアを採用

 トヨタ自動車は5月13日、新型カローラのセダンとツーリングに特別仕様車の「G-X“PLUS”」と「HYBRID G-X“PLUS”」を新設定し、同日より発売した。

▲トヨタ・カローラG-X“PLUS” 価格:197万2300円 インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]やバックガイドモニターなどを標準で採用する

車種展開は以下の通り。
カローラG-X“PLUS”:2WD197万2300円
カローラHYBRID G-X“PLUS”:2WD243万9800円/4WD263万7800円
カローラ・ツーリングG-X“PLUS”:2WD204万9300円
カローラ・ツーリングHYBRID G-X“PLUS”:2WD251万6800円/4WD271万4800円

 今回の特別仕様車は、カローラ/カローラ・ツーリングG-XおよびHYBRID G-Xをベースに、安全装備の拡充と上質感を高めたインテリアを採用したことが特徴である。

▲アナログメーターリングやメータークラスター、ウレタン3本スポークステアリングホイールにシルバー塗装を採用した

 まず安全装備では、ガラスや壁などの静止物を検知して衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]、ディスプレイオーディオに後方の視界を表示するバックガイドモニターなどを標準で採用。また、外からの視線にも配慮したUVカット機能付のプライバシーガラス(セダン:リアドア/バックウィンドウ、ツーリング:リアドア/リアクォーター/バックドア)を特別装備した。

▲トヨタ・カローラ・ツーリングG-X“PLUS” 価格:204万9300円 外からの視線にも配慮したUVカット機能付のプライバシーガラスを特別装備

 インテリアについては、アナログメーターリングやメータークラスター、ウレタン3本スポークステアリングホイール、インサイドドアハンドル、ドアトリムガーニッシュにシルバー塗装を採用し、さらにレジスターノブにはサテンメッキ加飾を施して、上質感を付与したことがトピック。そのうえで、車両価格をベース車比で3万6300円高と、買い得感の高いプライスタグに設定した。

▲インサイドドアハンドルとドアトリムガーニッシュにシルバー塗装を、レジスターノブにサテンメッキ加飾を施した

 パワートレインに関しては基本的にベース車と共通で、G-X“PLUS”に2ZR-FAE型1797㏄直列4気筒DOHCエンジン(140ps/17.3kg・m)+7速スポーツシーケンシャルシフトマチック付Super CVT-iを、HYBRID G-X“PLUS”の2WDに2ZR-FXE型1797㏄直列4気筒DOHCエンジン(98ps/14.5kg・m)+1NM型フロントモーター(53kW/163N・m)のリダクション機構付きTHSⅡを、HYBRID G-X“PLUS”の4WD(E-Four)に2ZR-FXE型1797㏄直列4気筒DOHCエンジン(98ps/14.5kg・m)+1NM型フロントモーター(53kW/163N・m)+1MM型リアモーター(5.3kW/55N・m)のリダクション機構付きTHSⅡを搭載。ボディサイズはセダンが全長4495×全幅1745×全高1435mm、ツーリングが全長4495×全幅1745×全高1460mmに設定している。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報