• TOP
  • 「注目モデル試乗」軽快&ビビッド。1.4リッターターボを積むスズキ・スイフトスポーツのホットな味わい

 ー 

「注目モデル試乗」軽快&ビビッド。1.4リッターターボを積むスズキ・スイフトスポーツのホットな味わい

Writer:河村康彦 Photo:小久保昭彦

スズキ・スイフトスポーツ 価格:6MT 187万円/6SAT 194万1500円 試乗記

スズキ・スイフトスポーツ エキサイティングな走りを追求したイメージリーダー 現行モデルは1.4リッターターボ(140ps)搭載 ボディは3ナンバー高剛性仕様 車重は旧型比70kg軽量化
スズキ・スイフトスポーツ エキサイティングな走りを追求したイメージリーダー 現行モデルは1.4リッターターボ(140ps)搭載 ボディは3ナンバー高剛性仕様 車重は旧型比70kg軽量化

ひと際目を引く個性派。軽量設計の純スポーツモデル

 中国やアメリカという「大きなクルマを好む地域」が世界の2大自動車マーケットとなって久しいこともあってか、このところ多くのクルマのボディサイズが大型化している。
 加えて最近目立つのが車両価格の上昇だ。排出ガス対策/燃費規制の厳格化や運転アシスト機能拡充への対応といった理由があるとはいえ、乗り出し価格が200万円に迫るKカーも珍しくない状況。こうした現実を目の当たりにすると、「新車は高くなった_」と感じるし、同感だというユーザーは、多いだろう。

 そうした中にあって、サイズ面でも価格面でもキラリと光る内容の持ち主が、スズキ・スイフトだ。中でもシリーズの頂点に位置し、イメージリーダーでもあるスイフトスポーツは、日本のコンパクトカー群の中にあって、ひと際目を引く個性派である。

 運動性能の向上や海外市場での商品性も踏まえ、現行モデルの全幅は従来比で40mmワイドになった。それでも全長×全幅×全高3890×1735×1500mmのスリーサイズは、取り回し性抜群。ワインディングロードをはじめ、日本の道路環境にまさにジャストフィットする。MT/AT仕様ともに「1トン切り」を達成した軽量設計も特筆ポイントだ。

全長×全幅×全高3890×1735×1500mm 車重970kg(MT) 最小回転半径:5.1m パワーウエイトレシオ:6.93kg/ps ボディカラーは全6色

絶品のスポーツ心臓。走りの情熱が凝縮されている!

 エンジンは1.4リッターターボ(140ps/230Nm)。ターボ化に関しては、一部には否定的な意見もあった。だが、実際にはいい意味で「ターボらしくない」フィーリングに仕上がっている。ステアリングを握れば、その魅力は即座に実感できる。

 懸念されたターボラグはほとんどなく、排気量を従来の1.6リッターから1.4リッターにダウンしたにもかかわらず、低回転域でのトルク感も十分だ。
 何しろ、MT仕様車は6速ギアで 40km/hを下回っている状態でも、アクセルペダルの踏み加えによって速度は徐々に上昇する。その際のエンジン回転数は、1000rpmを下回るほどにもかかわらず、だ。
 同時に、高回転域にかけてのパワーの伸び感も満足レベル。いま以上に「スポーツ心臓」らしい味付けを求めるならば、残された課題は6300rpmに設定されたレッドラインを、あと500rpmほどは伸ばしてほしい、といったことくらいだろうか。

 軽快感の強いハンドリング感覚は、まさに「軽さの勝利」という印象。コンパクトなボディと相まって、「クルマを着る」という表現がこれほど似合うモデルは珍しい。そのうえ価格は、200万円を切っている。
 スイフトスポーツは、走りの情熱が凝縮されたビビッドな存在である。

室内はスポーティなレッド加飾がアクセントを演出 ステアリングはディンプル加工本革巻き ハンドリングはシャープなセッティング オーディオレス仕様 ナビはディーラーop フルオートAC標準
前席はサポート性を追求したバケット形状 運転席はヒーターとハイト調節付き 乗り心地はやや固め 高速域ではフラット感が高まる 室内長1910mm
後席は6対4分割 後席使用時のラゲッジ容量は265リッター サブトランク未装備
回転計はレッド仕上げ レッドゾーンは6300rpm 速度計は260km/h表示
6MTの操作性は良好 ギア比はスポーツ走行に最適なクロースレシオ
ヘッドライトはLED セーフティパッケージ装着車はオートハイビーム標準
195/45R17タイヤ+切削光輝アルミ フロントストラットとリアダンパーはモンロー製
1371cc直4DOHC16Vターボ 140ps/230Nm シャープな吹き上がりと豊かなトルクが印象的 JC08モード燃費:16.4km/リッター(MT)
エグゾーストエンドは左右ツイン 排気サウンドは刺激的

スズキ・スイフトスポーツ 主要諸元と主要装備

グレード=スポーツ(MT)
価格=6MT 187万円
全長×全幅×全高=3890×1735×1500mm
ホイールベース=2450mm
トレッド=フロント1510×リア1515mm
車重=970kg
エンジン=1371cc直4DOHC16Vターボ(プレミアム仕様)
最高出力=103kW(140ps)/5500rpm
最大トルク=230Nm(23.4kgm)/2500~3500rpm
JC08モード燃費=16.4_km/リッター(燃料タンク容量37リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:トーションビーム
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=195/45R17+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=5名
最小回転半径=5.1m
●主な燃費改善対策:可変バルブタイミング/電動パワーステアリング/筒内直接噴射/アイドリングストップ
●主要装備:LEDヘッドライト/フロント&リアフォグランプ/モンロー(テネコ社製)フロントストラット&リアダンパー/スポーツ専用エクステリア(フロントバンパー&グリル&サイドスポイラー&ルーフエンドスポイラー)/デュアルエキゾーストパイプ/リア3面スモークガラス/17インチ切削加工&ブラック塗装アルミ/キーレスプッシュスタートシステム/本革巻きステアリング/チルト&テレスコピック機構/スポーツ専用メーター/マルチインフォメーションディスプレイ/専用セミバケットシート/ステンレス製ペダル/フルオートAC/イモビライザー
●装着メーカーop:セーフティパッケージ(SRSカーテンエアバッグ+フロントシートSRSエアバッグ+デュアルセンサーブレーキサポート+車線逸脱抑制機能+ふらつき警戒+先行車発進お知らせ機能+ハイビームアシスト+アクティブクルーズコントロールほか)8万8000円/全方位モニター用カメラ6万8200円
●ボディカラー:チャンピオンイエロー4
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は1万240円

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年07月号

  • ・新車解説・新型トヨタ・ヤリスクロス
  • ・新車解説・新型ダイハツ・タフト
  • ・バリュー・フォー・マネーなクルマたち

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る