ー 

ロータスの歴史的なF1マシンをリスペクトしたエリーゼのスペシャルモデルが日本デビュー

Writer:大貫直次郎 

アイコニックな4台のロータスF1マシンをトリビュートした特別仕様車「エリーゼ・クラシックヘリテージエディション」が日本での予約受注を開始。生産台数は全世界で100台限定

 ロータスカーズ日本正規販売輸入総代理店のエルシーアイ株式会社は5月15日、ロータス・エリーゼに特別仕様車「クラシックヘリテージエディション(Classic Heritage Editions)」をラインアップし、同日より予約受注を開始した。車両価格は759万円の設定で、生産台数は全世界で100台の限定だ。なお、デリバリーは本年11月以降を予定している。

▲ロータス・エリーゼ「クラシックヘリテージエディション」 日本での車両価格は759万円で、生産台数は全世界で100台の限定。4仕様のカラーリングをラインアップし、各仕様の割り当て台数は受注状況に即して決定される

 今回設定されたロータス・エリーゼ「クラシックヘリテージエディション」は、2ZR-FE型1798cc直列4気筒DOHC16VデュアルVVT-iスーパーチャージャーエンジン(220ps/250N・m)をミッドシップ搭載したうえで、904kgの車両重量を実現した“究極のライトウェイトスポーツ”として名高い「エリーゼ・スポーツ220Ⅱ」をベースに、ロータスのアイコニックな4台のF1マシンをモチーフとしたスペシャルなカラースキームを纏ったことが特徴である。

▲ブラックのボディカラーにゴールドのストライプをあしらった仕様は、いわゆる“JPS”カラーのロータス「タイプ72D」をモチーフとする。内装には「インテリアカラーパック」を標準装備

 注目のボディカラーを見ていこう。まず、ブラックのボディカラーにゴールドのストライプをあしらった仕様は、1972年にエマーソン・フィッティパルディ選手がシーズン5勝を上げてチャンピオンに輝いた、いわゆる“JPS(ジョン・プレイヤー・スペシャル)”カラーのロータス「タイプ72D」をモチーフとする。一方、内装には「インテリアカラーパック(interior colour pack)」が標準装備され、シートのセンター表地やステッチ、アッパードアトリム、シフト周囲などはストライプカラーと同系色で仕立てた。

▲レッドのボディカラーにゴールド&ホワイトのストライプを配した仕様はロータス「タイプ49B」がモチーフ。内装にはレッドのシートセンター表地やアッパードアトリムにゴールドのアクセントカラーを採用する

 次にレッドのボディカラーにゴールド&ホワイトのストライプを配した仕様は、1968年シーズンにグラハム・ヒル選手をチャンピオンに導いたロータス「タイプ49B」がモチーフ。内装にはレッドのシートセンター表地やアッパードアトリムにゴールドのアクセントカラー、ホワイトのステッチなどを採用した。

▲ブルーのボディカラーにレッド&シルバーのストライプを配した仕様は、いわゆる“エセックス”カラーのロータス「タイプ81」がモチーフ。内装にはブルーのシートセンター表地やアッパードアトリムにレッドのアクセントカラーを採用する

 3台目のブルーのボディカラーにレッド&シルバーのストライプを配した仕様は、1981年シーズンにエリオ・デ・アンジェリス選手やマリオ・アンドレッティ選手、ナイジェル・マンセル選手らが駆った、いわゆる“エセックス”カラーのロータス「タイプ81」がモチーフ。内装にはブルーのシートセンター表地やアッパードアトリムにレッドのアクセントカラー、ブルーのステッチなどを採用した。

▲ダークブルーのボディカラーにホワイトのストライプを配した仕様は、ロータス初のポールポジションと優勝を獲得したロータス「タイプ18」がモチーフ。内装にはレッドのシートセンター表地やダークブルーのアッパードアトリムとステッチを採用する

 そして、4台目のダークブルーのボディカラーにホワイトのストライプを配した仕様は、1960年シーズンのモナコGPにおいてスターリング・モス選手のドライブでロータス初のポールポジションと優勝を獲得したロータス「タイプ18」がモチーフ。内装にはレッドのシートセンター表地やダークブルーのアッパードアトリムとステッチ、ホワイトのアクセントカラーを採用した。

▲クラシックヘリテージエディションの4仕様のカラーリングを象徴したユニオンフラッグ

 また、全カラーのダッシュボードには専用のシリアルナンバープレートを特別装備。さらに、クラリオン製CD/MP3/WMAオーディオ+4スピーカー、エアコンディショニング、クルーズコントロール、超軽量鍛造ブラックダイヤモンドカットアルミホイール、2ピースブレーキディスク、フルブラックカーペットとブラックカーペット(フロアマット)などを標準で備える。また、ハードトップ(ディーラーオプション)、リチウムバッテリー&コンディショナー、チタニウムエグゾースト、10スポーク軽量鍛造グロスブラックアルミホイール(無償選択)をオプションで用意した。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報