• TOP
  • スターリング・モスに捧ぐ特別アレンジを施したマセラティの新型スーパースポーツ「MC20」のプロトタイプが公開

 ー 

スターリング・モスに捧ぐ特別アレンジを施したマセラティの新型スーパースポーツ「MC20」のプロトタイプが公開

Writer:大貫直次郎 

マセラティが新型スーパースポーツ「MC20」プロトタイプの第2弾画像を発表。4月に逝去したスターリング・モス卿に敬意を表する“STIRLING MOSS”のサインが入る

 伊マセラティは5月13日(現地時間)、開発中の新型スーパースポーツ「MC20」プロトタイプの第2弾となる画像を公開した。

▲スターリング・モス卿に敬意を表して“STIRLING MOSS”のサインを入れた「MC20」プロトタイプ。市場デビューは今秋以降になる見込み

 今回の画像では、カモフラージュした「MC20」プロトタイプに、2020年4月12日に90歳で逝去した“無冠の帝王”ことスターリング・モス卿に敬意を表して“STIRLING MOSS”のサインを前後フェンダーやリアパネルなどに貼付。合わせて、モスが駆って躍動したマセラティのレーシングマシン「エルドラド」(1958年)と「250F」(1956年)を、「MC20」プロトタイプとともに画像に収めた。

▲写真手前よりMC20プロトタイプ、250F、エルドラド。MC20はエルドラドをモチーフにデザインしたという

 エルドラドは1958年のモンツァでデビューしたシングルシーターのレーシングカーで、MC20はこのモデルをモチーフにデザインしたという。一方、250Fはモスのドライブで1956年のF1モナコGPにてポールトゥウィンの快挙を達成したシンボリックなレーシングカー。後にモスは、自身の“お気に入り”マシンの1台として250Fを挙げている。

▲パワーユニットにはマセラティが100%自社で設計・開発・生産を手がける新しいエンジンを搭載する予定

 2台の栄光のレーシングカーとともに披露されたMC20は、ミッドシップエンジンレイアウトと思われるレーシングプロトタイプのフォルムでスタイリングを構成する。また、パワーユニットにはマセラティが100%自社で設計・開発・生産を手がける新しいエンジンを搭載する予定。そして、2010年にMC12でGT1世界選手権を制して以来のレース界へのカムバックを担う重要なレーシングマシンとしての役割も担っている。
「もし、スターリング・モス卿がこの新しいマセラティを体現したマシンをドライブしたとしたら、お気に入りの1台として選んだに違いない」と、マセラティが自負するMC20は、当初、本年5月のデビューを予定していた。しかし、COVID-19の感染拡大の影響で発表は延期。今秋以降にずれ込む見込みである。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年07月号

  • ・新車解説・新型トヨタ・ヤリスクロス
  • ・新車解説・新型ダイハツ・タフト
  • ・バリュー・フォー・マネーなクルマたち

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る