• TOP
  • 「注目モデル試乗」伝統と先進の融合。MINIクーパーDの愛すべき世界を探訪

 ー 

「注目モデル試乗」伝統と先進の融合。MINIクーパーDの愛すべき世界を探訪

Writer:桂伸一 Photo:小久保昭彦

MINIクーパーD5ドア 価格:6SAT 357万円 試乗記

MINIクーパーD5ドア MINIの5ドアモデルは現行3rdモデルで登場 3ドア比で全長とホイールベースは165mm/70mm長い 写真はMINIユアーズスタイル装着車
MINIクーパーD5ドア MINIの5ドアモデルは現行3rdモデルで登場 3ドア比で全長とホイールベースは165mm/70mm長い 写真はMINIユアーズスタイル装着車

5ドアの全長は4000mm。1.5リッターディーゼルがベストの選択

 MINIというネーミングと、サイズ感覚が一致しなくなって久しい。たとえば5ドアの全長×全幅×全高は、 4000×1725×1445mm(クーパーD)。クラシック・ミニと比較して数段大型化したとはいえ、まだまだコンパクトだ。

  3ドアの全長とホイールベースは3835、2495mm。パーソナルイメージが強く、カップル向き。5ドアのホイールベースは3ドア比で70mm長い2565mm。延長分は後席とラゲッジ空間に当てられ、十分な室内空間と実用的な荷室容量を実現。ファミリーユースにもぴったりだ。

 試乗車は5ドアのクーパーD。愛車はハイブリッドかディーゼルがベストと考えているボクにとって、クーパーDはベストの選択。パワーユニットは1.5リッター直3ディーゼルターボ(116ps/270Nm)。6速ATを介して前輪を駆動する。

 1280kgの車重に対して1.5リッター、しかも3気筒で十分なのか? と不安がよぎるが、ゼロスタートの力強さを知るとディーゼルターボの底力に驚く。標準の走行モードでは出足が強力すぎると感じるほどだ。ジワリとスタートしたいときはEOCモードの選択をお勧めする。エンジンサウンドは室内にいる限り気にならない。静粛性はハイレベルである。ただし車外で聞くと、相応のディーゼルらしい音が響く。

全長×全幅×全高4000×1725×1445mm 車重1280kg 最小回転半径:5.4m MINIのパワーユニットはディーゼルとガソリン 高出力ディーゼルも選べる

BMW流儀のハンドリング。室内は上質で機能的

 ボディは強固でガッシリとした重厚感が印象的。これはBMWがMINIをプロデュースして以来、一貫している。
 操縦性は直進時のステアリングの座りが気持ちいい。ズシリと手応えが確かなうえに、極めて高い直進安定性は、FWDを積極的に研究開発してきたBMWらしい。

 コーナーをトレースする際の自然な操舵感と操作を早めた際のクイックなハンドリング特性もBMW流儀。ただしゴーカートフィーリングと表現される挙動は、クイックに応答するノーズに合わせて、テールを滑らせる高等テクニックを用いた場合の話。後輪はよほどのアクションを与えても路面をしっかりグリップする。そうやすやすと横滑りさせない安定指向だ。引き締まった足回りは、ハンドリングと乗り心地を高水準でバランスさせている。

 室内は上質で機能的。往年のセンターメーター風アレンジやトグルスイッチが演出するお洒落感が、印象を和ませる。MINIにはライバルとはひと味違うプレミアム感がある。しかもクーパーを名乗るだけにスポーティさも濃厚。より速く、というユーザーには2リッター直4ディーゼルターボ(170ps/360Nm)のクーパーSDが用意されている。

インパネは中央部にタッチパネル式ナビ標準装備 作りは上質 優れた直進安定性と俊敏なコーナリング能力のバランスは見事 生粋のドライバーズカー
本革シートはopアイテム 後席レッグスペースは3ドア比40mm拡大 5ドアの乗車定員は5名
荷室床面は高さ調節式 後席使用時の容量278リッター  3ドア比67リッター拡大
中央の速度計は260km/hスケール 回転計は左に配置 右側の燃料計はバーグラフ式
トランスミッションはハイギアード設定の6速AT パドルは未設定
ヘッドライトは伝統の丸型形状 ウインカーは外側のリング部が点灯
リアランプはユニオンジャック意匠 お洒落な感覚を演出
標準は175/65R15 写真の205/40R18タイヤとアルミはop 足回りはキビキビ設定
1498cc直3DOHC12Vディーゼルターボ 116ps/4000rpm 270Nm/1750~2250rpm アイドリングストップ標準 JC08モード燃費:23.9km/リッター

MINIクーパーD5ドア 主要諸元と主要装備

グレード=クーパーD 5ドア
価格=6SAT 357万円
全長×全幅×全高=4000×1725×1445mm
ホイールベース=2565mm
トレッド=フロント1485×リア1485mm
車重=1280kg
エンジン=1498cc直3DOHC12Vディーゼルターボ(軽油仕様)
最高出力=85kW(116ps)/4000rpm
最大トルク=270Nm(27.6kgm)/1750~2250rpm
JC08モード燃費=23.9_km/リッター(燃料タンク容量44リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:マルチリンク
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=175/65R15+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=5名
最小回転 半径=5.4m
●主要燃費改善項目:筒内直接噴射/電子制御燃料噴射/高圧噴射/過給器/アイドリングストップ/電動パワーステアリング
●主要装備:ドライビングアシスト(前車接近警報+衝突被害軽減ブレーキ)/8エアバッグ/クロームラインエクステリア/クロームラジエターグリルフレーム/LEDリアコンビランプ/リアフォグ/ヒーター内蔵ドアミラー/カーボンブラック・インテリア/3本スポークスポーツレザー・マルチファンクションステアリング/チルト&テレスコピック機構/前席アームレスト/前席ハイトアジャスト機構/ステンレス製ドアシルプレート/オートAC/Bluetoothハンズフリーテレフォンシステム/USB端子/6スピーカー/ナビゲーションシステム/タイヤ空気圧警告システム/自動ドライビングライト付きレインセンサー/ブラックルーフ&ミラーキャップ
●装着メーカーop:MINIユアーズスタイル(18インチバニティスポークアルミ+ランフラットタイヤ+MINIユアーズスポーツレザーステアリング+クルーズコントロール+MINIユアーズインテリアスタイル+クロームラインインテリア+サテライトグレー・レザースポーツシート+シートヒーター)54万8000円/LEDヘッドライト11万6000円/カメラ&パーキングアシストパッケージ10万2000円/アップルカープレイ・ワイヤレスパッケージ3万8000円/アドバンスドテクノロジーパッケージ(ヘッドアップディスプレイ+アクティブクルーズコントロール+自動防眩ドアミラー)12万3000円/ETC車載器内蔵自動防眩ルームミラー8万3000円/アラームシステム5万1000円
●ボディカラー:ラピスラグジュアリーブルーソリッド
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は1万7890円

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年07月号

  • ・新車解説・新型トヨタ・ヤリスクロス
  • ・新車解説・新型ダイハツ・タフト
  • ・バリュー・フォー・マネーなクルマたち

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る