• TOP
  • 「最新モデル試乗」911と同じRR方式採用。ルノー・トゥインゴの「超えている」個性を味わったみた!

 ー 

「最新モデル試乗」911と同じRR方式採用。ルノー・トゥインゴの「超えている」個性を味わったみた!

Writer:河村康彦 Photo:小久保昭彦

ルノー・トゥインゴEDC 価格:6SMT 198万6000円

ルノー・トゥインゴEDC ラインアップは6速DCTのEDCと5速MTのSの2グレード EDCにラグジュアリー指向の特別仕様車シグネチャー(214万円)が新登場
ルノー・トゥインゴEDC ラインアップは6速DCTのEDCと5速MTのSの2グレード EDCにラグジュアリー指向の特別仕様車シグネチャー(214万円)が新登場

チャーミングな造形。室内はポップ! さすがパリ生まれ

 典型的なFFコンパクトカーだった従来型から、ルノー・トゥインゴは大変身した。
 20114年にフルチェンジを行った現行型(3rdモデル)はRRレイアウト。16年から日本販売がスタートした。ボディ後端の低い位置に3気筒エンジンを搭載するなど、メカニカルコンポーネンツや基本レイアウトはスマート・フォーツー/フォーフォーと共有している。

 ボディサイズは全長×全幅×全高3645×1650×1545mm。数あるコンパクトカーの中でも「小さい」という印象が際立っている。一方でリアのオーバーハングが極端に短い関係もあり、2490mmというホイールベースは全長に対して「相対的に長い」と表現できる。プロポーションは、フロントフードが短い点が特徴。RRレイアウトゆえフロントにエンジンルームがないからだ。

 表情を含め、スタイルはチャーミング。ライバルとは一線を画し、「ちょっと乗ってみたいナ」と思わせるエクステリアは、トゥインゴの大きな魅力である。
 そんなルックスに引かれてドアを開けると、室内にも独自の世界が広がっている。細部まで「デザインされている」という印象が、まずは大きな見どころ。インパネもシートも、そして配色も、機能性に配慮しながらポップで遊び心に満ちている。改めてフランス車ならではのセンスを感じた。決して高級感が漂うわけではないが、心引かれる。

全長×全幅×全高3645×1650×1545mm 車重1020kg 最小回転半径:4.3m ボディカラーは全5色 リアゲートはブラック ボディサイドにドット柄ストライプが入る

驚異の小回り性! 走りキビキビ&しなやか。楽しい気分になる

 昨年マイナーチェンジした最新モデルは、左側リアフェンダー上にインテークを新設。室内では、アップルカープレイやアンドロイドオートに対応する7インチ画面を備えたマルチメディアシステムを新採用した。同時に、車線逸脱警報システムなどの新装備もうれしい。

 パワーユニットは1リッター直3ターボ(92ps/135Nm)。加速は「必要にして十分」。市街地から高速道路まで不足を感じる場面はない。静粛性は高水準。6速DCTトランスミッションの変速動作はスムーズだ。
 改めて好印象を抱いたのは、ストローク感とフラット感に富み「コンパクトカー離れ」した上質なフットワーク。RRレイアウトの効果で、前輪切れ角が極めて大きく、「こんな道でもUターンできちゃうの⁉」というほどの 「驚きの小回り性」(最小回転半径4.3m)もトゥインゴならではだ。

 見ても乗っても個性的なモデルが、200万円を切る価格で購入できるとは魅力的。タイトな後席スペースさえ納得できれば、シートアレンジ次第でユーティリティ性は高い。
 乗ると楽しい気分になる個性派コンパクトカーである。

室内はポップで明るいイメージ 7インチタッチスクリーンはアップルカープレイ&アンドロイドオート対応 オートAC標準 電動パワーステアリングは軽い操舵感
前席は座り心地に優れた大型形状 リクライニングはダイヤル式 後席スペースはタイト シートバックは立った印象 乗車定員は4名
助手席を倒すと2315mmの長尺物が積める設計 後席使用時の容量は174リッター
メーターはシンプル単眼タイプ 中央に各種情報をディスプレイ 回転計未装備
6速DCTはスムーズなシフト感 マニュアルモード付き パドルは未設定
ハロゲンヘッドライトは最新ルノー共通のCシェイプ デイランプを内蔵
タイヤはフロント165/65R15/リア195/60R15 アルミはフロント5J/リア5.5Jサイズ
897cc直3DOHC12Vターボ 92ps/5500rpm 135Nm/2500rpm WLTCモード燃費:16.8km/リッター 5速MT仕様は自然吸気ユニット(73ps)搭載

ルノー・トゥインゴEDC 主要諸元と主要装備

グレード=EDC
価格=6SMT 198万6000円
全長×全幅×全高=3645×1650×1545mm
ホイールベース=2490mm
車重=1020kg
エンジン=897cc直3DOHC12Vターボ(プレミアム仕様)
最高出力=68kW(92ps)/5500rpm
最大トルク=135Nm(13.8kgm)/2500rpm
WLTCモード燃費=16.8km/リッター(燃料タンク容量35リッター)
(市街地/郊外/高速道路=12.2/17.6/19.5km/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:ド・デオン
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ドラム
タイヤ&ホイール=フロント:165/65R15/リア:185/60R15+アルミ
駆動方式=RR
乗車定員=4名
最小回転半径=4.3m
●主な燃費改善対策:可変バルブタイミング/アイドリングストップ/充電制御/電動パワーステアリング/EDC
●主要装備:サイドウインドアシスト/車線逸脱警報/ESC/4エアバッグ/タイヤ空気圧警報/バックソナー/ヒルスタートアシスト/オートライト&雨滴感応式ワイパー/ハロゲンヘッドライト/フロント&リアフォグランプ/デイタイムランプ/ドットサイドストライプ/サイドプロテクションモール/15インチアルミ/ファブリックシート/運転席シートリフター/可倒式助手席/分割可倒式リアⓇシート/本革巻きステアリング/エナジースマートマネージメント/7インチタッチスクリーン/EASY-LINK(スマートフォンミラーリング+Bluetoothマルチペアリング機能)/12V電源ソケット/オートAC
●ボディカラー:ジョンマンゴー
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は1万2760円

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年07月号

  • ・新車解説・新型トヨタ・ヤリスクロス
  • ・新車解説・新型ダイハツ・タフト
  • ・バリュー・フォー・マネーなクルマたち

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る