ー 

イタルデザインがプロダクションモデルの「Nissan GT-R50 by Italdesign」をオンライン発表

Writer:大貫直次郎 

イタルデザインが限定モデル「Nissan GT-R50 by Italdesign」の市販バージョンを公開。納車は2020年後半から2021年前半にかけて実施予定

 イタルデザインは5月20日(現地時間)、限定50台販売のスペシャルモデル「Nissan GT-R50 by Italdesign」のプロダクションモデルを公開した。納車は各マーケットにおける認証手続きを経た後、2020年後半から2021年前半にかけて行う予定である。

▲イタルデザインが日産自動車と共同開発した「Nissan GT-R50 by Italdesign」のプロダクションモデルをオンライン発表。納車は各マーケットにおける認証手続きを経た後、2020年後半から2021年前半にかけて行う予定。予約ユーザーの好みに合わせたカスタマイズも可能だ

 日産自動車とイタリアの名カロッツェリアのイタルデザインが共同で開発した「Nissan GT-R50 by Italdesign」は、そのプロトタイプが2018年7月に英国で開催された「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」の場で初公開。後に限定50台、車両価格99万ユーロ(約1億1700万円)~で販売するとアナウンスされる。その市販版となるプロダクションモデルは、本年3月に開催予定のジュネーブ・モーターショー2020でワールドプレミアを飾る計画だったが、COVID-19の感染拡大の影響でショー自体が中止。代わって5月20日に、イタリアのレーストラックであるタツィオ・ヌヴォラーリ(Tazio Nuvolari)においての走行シーンを含むオンライン発表となったのだ。なお、同車の開発テストはすでに最終段階に入っているという。

▲今回の発表ではイタリアのレーストラックであるタツィオ・ヌヴォラーリにおいての走行シーンも披露される
▲パワーユニットにはNISMO専用チューニングのVR38DETT型3799cc・V型6気筒DOHC24Vツインターボエンジンを搭載。最高出力は720ps、最大トルクは780N・mを発生する

 改めて「Nissan GT-R50 by Italdesign」の車両概要を紹介しよう。同車はGT-Rの高性能バージョンであるGT-R NISMOをベースに、イタルデザインが設計開発および生産を手がけたスペシャルモデルである。内外装の基本デザインは、イタルデザインと日産デザインセンターが共同で担当した。

▲フロント前端のインナーパネルはプロトタイプのゴールドからブラックのカラーリングに変更された。ちなみに車名の50は、GT-Rが2019年、イタルデザインが2018年に生誕50周年を迎えたことに由来している

 エクステリアではプロトタイプのゴールドからブラックのカラーリングに変更したフロント前端のインナーパネル、ボンネット上に組み込まれるパワーバルジ、シャープなLEDヘッドライト、低く伸びやかなルーフライン、アグレッシブな造形のフェンダー、可変式の大型リアウィング、そしてゴールドからブラックのアクセントカラーに切り替わった特徴的なエアアウトレットの“サムライブレード”などを採用し、個性やスポーティ感をいっそう際立たせる。また、丸型テールランプやリアバンパーなどもプロトタイプからリデザインし、より統一感のある造形に刷新した。ボディサイズは全長4784×全幅1992×全高1316mm/ホイールベース2780mmに設定している。

▲丸型テールランプやリアバンパーなどもプロトタイプからリデザインし、より統一感のある造形に刷新した
▲特徴的なエアアウトレットの“サムライブレード”もプロトタイプのゴールドからブラックのアクセントカラーに切り替わった

 インテリアについては、GT-Rの高機能なコクピットデザインを踏襲しながら、センターコンソールやインストルメントパネル、ドアの内張りにカーボンファイバーやアルカンターラを導入。シート表地にはブラックのアルカンターラとブラックのイタリア製レザーを採用する。ステアリングには、カーボンファイバーの骨格にアルカンターラのトリミングを施し、トップ部にはレッドのアクセントを配した。

▲GT-Rの高機能なコクピットデザインを踏襲しながら、センターコンソールやインストルメントパネル、ドアの内張りにカーボンファイバーとアルカンターラの素材を採用する

 パワーユニットにはNISMO専用チューニングのVR38DETT型3799cc・V型6気筒DOHC24Vツインターボエンジンを搭載。最高出力は720ps、最大トルクは780N・mを発生する。トランスミッションには強化タイプのレインフォースドデュアルクラッチ6速シーケンシャルをセット。駆動システムには、独立型トランスアクスル4WDのATTESA E-TS 4WDを採用した。また、懸架機構にはビルシュタインDamp Tronicサスペンションを、制動機構にはブレンボ製2ピースフローティングドリルドディスクとレッド塗装の前6ピストン/後4ピストンモノブロックキャリパーをセット。シューズには専用デザインのアルミホイールと前255/35R21、後285/30R21タイヤを装着している。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年11月号

  • ・緊急レポート 新型日産フェアレディZ
  • ・特集1 HOTハッチ頂上決戦!
  • ・特集2 こだわりステーションワゴン

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る