• TOP
  • 「注目モデル試乗」痛快、愉快! サソリ印の痛快マシン、アバルト595の毒にしびれた!

 ー 

「注目モデル試乗」痛快、愉快! サソリ印の痛快マシン、アバルト595の毒にしびれた!

Writer:西川淳 Photo:小久保昭彦

アバルト595コンペティツィオーネ 価格:5MT 383万円/5SMT 400万円 試乗記

アバルト595コンペティツィオーネ 595シリーズの最高性能バージョン 標準比35psアップの1.4リッター直4ターボ(180㎰)搭載 0→100km/h加速は6.7秒 ボディカラーは全5色
アバルト595コンペティツィオーネ 595シリーズの最高性能バージョン 標準比35psアップの1.4リッター直4ターボ(180㎰)搭載 0→100km/h加速は6.7秒 ボディカラーは全5色

日本のアバルト人気は世界有数。595シリーズは2ボディ/3グレード構成

 アバルトは2019年にブランド誕生 70周年を迎えた。70周年記念限定車(695・70°アニベルサーリオ・日本限定100台)は、発表されるやアッという間に売り切れたという。日本でのアバルト人気は世界でも有数の「力強さ」を保つ。

 高い人気は1949年にカルロ・アバルトによって創設されたこのブランドがモータースポーツシーンにおいて数々の伝説を生んできた「歴史と伝統」があってこそ。それはFCAも重々承知だ。それゆえ2007年のブランド復活以来、伝統に則ってフィアット・ベースの魅力的な高性能モデルを作り続けてきた。よみがえったモダンアバルトは、個性豊かに輝く存在である。

 最新のアバルト595シリーズにはHBとファブリックトップという2種類のボディタイプがあり、パワースペックが異なるベース(145ps)/トゥーリズモ(165ps)/コンペティツィオーネ(180ps)という3グレードをラインアップ。ミッションは3ペダルMTもしくは2ペダルセミATから選べる。最近はコンペティツォーネにシャレたオールレザーシートを組み合わせたスティーレという限定車も登場した。カタログモデルにするか、限定車か……実に難しいが、どのタイプを選んでも根源的な魅力は変わらない。それは「無条件に楽しいクルマである」という点だ。

全長×全幅×全高3600×1625×1505mm 車重1120kg パワーウエイトレシオ:6.22kg/ps 電子制御式デフロック/コニ製ショックアブソーバー標準 駆動方式:FF

ドライビングに没頭。これほど素敵なマシンはない! 

 可愛らしいフィアット500をモディファイし、ところどころに獰猛さを散りばめたエクステリアを見ているだけで、まずは心が浮き立つ。そしてスポーツシートが装備された室内に乗り込み、シートベルトを締めてエンジンを掛けたその瞬間に、楽しい気分は早くも興奮に変わる。

 走り出した途端、アバルト595は秘めたトルクが一瞬にしてクルマ中に充満したかのような加速を見せる。そしてドライバーはただただうれしくなる。その喜びは、ステアリングを切り、減速し、加速するという繰り返しによってさらに高まっていく。そこに余計な思慮は要らない。上手に走らせようなどという気持ちも不要だ。ただ思うがままに操作すればいい。運転自体がピュアに楽しめる、実に貴重なモデルだ。
 シングルクラッチの2ペダル仕様は、少々クセがある。扱いに手こずるユーザーもいるだろう。だが、それにしたって、上手く操ったときの爽快感たるや格別である。

 基本の完成度が高いクルマは時代に流されず、いつまでも楽しさが持続する。ドライバーをドライビングに没頭させるという点で、これほど素敵な「マシン」はない。もちろんパフォーマンスは超一級品である。

ドライビングポジションはアップライト 5速MT仕様は右/左ハンドルを設定 操縦フィールはクイック アクセル全開加速ではトルクステアが発生
前席はカーボンシェルを使用した軽量サベルト製バケット サポート性抜群 後席は+2スペース 乗車定員は4名 乗り心地は硬質だが意外に快適
ラゲッジスペースはミニマム 後席は5対5分割 リアゲートは大きく開口し使いやすい
メーターは多くの機能を集約した単眼式 スポーツモード時は中央がレッドに
独立形状の過給圧メーター装着 スポーツモード時のパワーは刺激的
トランスミッションは5速MTとシングルクラッチ式2ペダルMTを設定
ヘッドライトはチャーミングな丸型形状バイキセノン フォグ標準装備
205/40R17タイヤ+10本スポークアルミ装着 足回りは専用スポーツチューン

アバルト595コンペティツィオーネ 主要諸元と主要装備

グレード=コンペティツィオーネ(MT)
価格=5MT 383万円
全長×全幅×全高=3660×1625×1505mm
ホイールベース=2300mm
車重=1120kg
エンジン=1368cc直4DOHC16Vターボ(プレミアム仕様)
最高出力=132kW(180ps)/5500rpm
最大トルク=230Nm(23.5kgm)/2000rpm ※スポーツ時250Nm(25.5kgm)/3000rpm
JC08モード燃費=13.1km/リッター(燃料タンク容量35リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:トーションビーム
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=205/40R17+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=4名
最小回転半径_=未公表
●主な燃費改善対策:電動パワーステアリング
●主要装備:バイキセノンヘッドライト/ヘッドライトウォッシャー/フロント&リアフォグランプ/サベルト製スポーツシート(レザー&アルカンターラ)/スポーツペダル/アルミシフトノブ/アルカンターラメーターフード/スポーツレザー&アルカンターラステアリング/過給圧計/シフトアップインジケーター/マルチファンクションディスプレイ/SPORTスイッチ/ブレンボ製4ポットフロントブレーキキャリパー(レッド仕上げ)/フロント&リアドリルドディスク/ツインデュアルエキゾーストパイプ(ハイパフォーマンスRecord Monza)/ハイパフォーマンスコイルスプリング/KONI製FSDショックアブソーバー/電子制御デファレンシャルロック/17インチ10スポークアルミ/アルミフューエルキャップ/フルオートAC/7インチタッチパネルモニター/5エアバッグ
●ボディカラー:ブランコガラ
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は1万2030円

1368㏄直4DOHC16Vターボ 180㎰/5500rpm 230Nm/2000rpm(スポーツ時250Nm/3000rpm) 深紅のヘッドカバーが高性能をアピール
レコルトモンツァ・エグゾーストシステムはスポーツ走行に最適なBGMを奏でる

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年07月号

  • ・新車解説・新型トヨタ・ヤリスクロス
  • ・新車解説・新型ダイハツ・タフト
  • ・バリュー・フォー・マネーなクルマたち

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る