• TOP
  • 「魅力あるコスパ車を探そう」美的センス抜群。走りしなやかなマツダCX-30の商品力

 ー 

「魅力あるコスパ車を探そう」美的センス抜群。走りしなやかなマツダCX-30の商品力

Writer:西川淳 Photo:小久保昭彦

マツダCX-30・XD・Lパッケージ(4WD) 価格:6SAT 330万5500円

マツダCXー30・XD・Lパッケージ(4WD) 造形コンセプトは「スリーク&ボールド」 クーペの伸びやかさとSUVの力強さを融合 エンジンは1.8リッターディーゼル(116ps)と2種の2リッターガソリン(156ps/180ps)を設定
マツダCXー30・XD・Lパッケージ(4WD) 造形コンセプトは「スリーク&ボールド」 クーペの伸びやかさとSUVの力強さを融合 エンジンは1.8リッターディーゼル(116ps)と2種の2リッターガソリン(156ps/180ps)を設定

「バランス美」のCX-30。マツダの販売主力モデルの個性とは

 CX-30が登場した際、マツダの販売戦略に合点がいった。販売の主力はSUVのコチラ。CX-30が後に控えていたからこそ、マツダ3ハッチバックはデザインで存分に攻め込めた、と。

 CX-30は登場した順番から、マツダ3ベースのSUVだといわれるケースが多い。背の低いほうを何かと基準にしたくなるのが昔ながらのクルマ通というものだ。けれども今日のマーケットにおける人気事情を考慮すると、むしろ背の高いモデルのほうが普通の選択肢。背の低いハッチバックは、いまや「スペシャルティ」というキャラクターかもしれない。早晩、開発段階からSUVがメインでハッチバックやサルーンが派生というモデルが出てくるに違いない。

 それはさておき、ボリュームゾーンを狙ったモデルであっても見る者をハッとさせる美しさを表現したところに最近のマツダデザインの凄さがある。ハッチバックは「ユニーク美」だったが、 SUVは「バランス美」とでもいおうか。 SUVらしさをアピールしながらも、誰もがカッコいいと思えるスタイリングにまとめた。この美的センスはさすがだ。ライバルとなる国産SUVとはまったく違う。

 これからのクルマにとって、デザインはいままで以上に重要な価値を持つといわれている。「好みの問題」というひと言では済ませることのできない「造形の地力」がいままで以上に求められるようになる。そういう意味でCX-30、そしてマツダ3にはプライスタグを超えた魅力が備わっている。

全長×全幅×全高4395×1795×1540mm 車重1530kg 使い勝手に優れたサイズ設定 タワーパーキングに対応

優れた走りの質感。ディーゼルがお勧めユニット

 そのうえで、一段とデザインコンシャスな3ではなくCX-30を推すワケは、人気のSUVだから、ではない。走りの質感が3のハッチバックに比べてはっきりと優れていたからだ。

 具体的には街中での過ごしやすさを挙げたい。端的にいって乗り心地がいい。ストロークに余裕があるからか、足の動きにしなやかさがあった。そして、それが高速走行に移行しても損なわれない。難点と言えば、どのパワートレーンを選んでも力強さがモノ足りない、というかキャラクターが立っていないというくらいのもの。1.8リッターのディーゼルターボ(116ps/270Nm)を選んでようやく満足のいくパフォーマンス、という点が惜しい。

 高速走行といえば、3では制御がいまひとつだった運転支援システムが、格段によくなっていた。ハードもソフトも変わらないというが、だとすれば重量が効いているのだろうか。もっとも、運転支援系の技術進化は日進月歩。最新仕様ではさらに改良されているかもしれない。

Lパッケージは各部を本革で仕上げたラグジュアリー仕様 8.8インチディスプレイ標準 ナビはディーラーopの SDカード(5万3899円)で機能
本革シート標準 前後席とも腰をしっかり支える快適設計 カラーは写真のホワイトとブラックを設定
ヘッドライトはアダプティブ機能付きLED 薄型ウインカーをはエアダム上部に配置
18インチスポーク形状アルミ標準 タイヤは専用設計215/55R18サイズ 最低地上高は175㎜
1756cc直4DOHC16Vディーゼルターボ 116㎰/4000rpm 270Nm/1600~2600rpm WLTCモード燃費:18.4km/リッター 静粛性優秀
メーターは3眼形状 速度計はTFT液晶 ヘッドアップディスプレイ標準
6速ATはスムーズ 駐車ブレーキは電気式 シフト後方はインフォテイメント用コントローラー
360度ビューモニターはドライバーモニタリング機能とセットop(8万6880円)

マツダCX-30・XD・Lパッケージ(4WD) 主要諸元

グレード=XD・Lパッケージ(4WD)
価格=6SAT 330万5500円
全長×全幅×全高=4395×1795×1540mm
ホイールベース=2655mm
車重=1530kg
エンジン=1756cc直4DOHC16Vディーゼルターボ(軽油仕様)
最高出力=116㎰/4000rpm
最大トルク=270Nm/1600~2600rpm
WLTCモード燃費=18.4km/リッター
サスペンション=フロント:ストラット/リア:トーションビーム
タイヤサイズ=215/55R18
駆動方式=4WD
乗車定員=5名

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年10月号

  • ・新型トヨタ・アクア・オールガイド
  • ・新型日産ノート・オーラNISMO
  • ・新型ホンダ・シビック試乗&ライバル比較

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る