ー 

GRヤリスの通常モデルのラインアップが発表。RZに加え、CVT車と競技ベース車を設定

Writer:大貫直次郎 

トヨタが本年9月ごろの発売を予定するGRヤリスのラインアップをアナウンス。1.6Lターボエンジン+6MT+4WDのRZ/RZ“High performance”のほか、RZと同じパワートレインを積む競技ベース車のRC、そして1.5L自然吸気エンジン+10CVT+FFのRSを用意

 トヨタ自動車は6月2日、本年9月ごろの発売を予定するGRヤリスのラインアップを発表した。
 FIA世界ラリー選手権(WRC)を「勝ち抜く」ために生まれたホモロゲーションモデルの新型車GRヤリスは、本年1月10日開幕の東京オートサロン2020にて世界初公開。同時に、特別仕様車の「RZ“First Edition”」と「RZ“High-performance First Edition”」の先行予約を同日より開始したが、すでに日本と欧州で約6000台の受注を獲得しているという。先行の特別仕様車に関しては、6月30日まで予約を受け付け。そして、本年9月ごろから通常モデルの発売を行う予定だ。

▲GRヤリス「RZ“High performance”」(プロトタイプ) パワーユニットには小型軽量ハイパワーのG16E-GTS型1618cc直列3気筒DOHC直噴インタークーラー付ターボエンジン(272ps/37.7㎏・m)を搭載。トランスミッションには専用セッティングの“iMT”6速MTを組み合わせる。乗車定員は4名

 通常モデルのGRヤリスは、3タイプで構成する。
 まず、卓越した走行安定性や圧倒的な加速と気持ちの良いエンジン回転数の伸びを体感できる高出力モデルの「RZ」。パワーユニットには新開発の小型軽量ハイパワーのG16E-GTS型1618cc直列3気筒DOHC直噴インタークーラー付ターボエンジン(272ps/37.7㎏・m)を搭載し、トランスミッションには専用セッティングの“iMT”6速MTをセットする。駆動機構には、多板クラッチによる前後駆動力可変システムを採用した新開発のスポーツ4WDシステム“GR-FOUR”を組み込んだ。また、BBS製鍛造アルミホイール+ミシュラン製Pilot Sport 4Sラジアルタイヤや前後トルセンLSDなどを装備したハイパフォーマンスバージョンの「RZ“High performance”」も設定する。

▲ボディサイズは全長3995×全幅1805×全高1455mm ホイールベース2560mm トレッド前1535×後1565mm 車重1280kg 駆動機構には多板クラッチによる前後駆動力可変システムを採用したスポーツ4WDシステム“GR-FOUR”を採用する
▲ダーク系カラーでまとめたスポーティなコクピット。4WDモードダイヤルスイッチ(NORMAL/SPORT/TRACK)を設定する

 次に、競技ベース車の「RC」。パワートレインは基本的にRZと共通で、走りに必要な装備以外を極力排除した軽量モデル(車重はRZの1280kgから30kg減の1250kg)に仕立てている。足もとはRZの225/40R18タイヤから205/45R17タイヤに換装した。

▲GRヤリス「RS」(プロトタイプ) パワーユニットにはM15A-FKS型1490cc直列3気筒DOHCダイナミックフォースエンジン(120ps/14.8㎏・m)を搭載。トランスミッションにはDirect Shift-CVTを採用する。乗車定員は4名

 そして、GRヤリスの研ぎ澄まされた走りを気軽に楽しめるバージョンの「RS」。パワーユニットにはM15A-FKS型1490cc直列3気筒DOHCダイナミックフォースエンジン(120ps/14.8㎏・m)を搭載し、トランスミッションには発進用ギアを追加して低速から高速域まで力強くダイレクトな走りを実現するDirect Shift-CVTを採用。また、CVTにはマニュアル感覚の操作が楽しめる10速シーケンシャルシフトマチックのパドルシフトを組み込んだ。

▲ボディサイズは全長3995×全幅1805×全高1455mm ホイールベース2560mm トレッド前1525×後1555mm 車重1130kg 駆動方式はFFで、タイヤサイズは225/40R18
▲ステアリング部には10速シーケンシャルシフトマチックのパドルシフトを配備。Display Audioを標準で採用する

 なお、今回の通常モデルのアナウンスと同時に、先行予約モデルの「RZ“High-performance First Edition”」および「RZ“First Edition”」の新たな装備の一部も公表される。まず、ルーフには標準のマットブラック塗装仕様に加えて、オプションでマーブル柄カーボンルーフを設定。また、エモーショナルカラー プレミアムスポーツシートもオプションで用意する。さらに、豊田“モリゾウ”章男社長の「モリゾウサイン」が入ったウインドシールドガラスを特別装備すると公表した。

▲先行予約モデルのGRヤリス「RZ“High-performance First Edition”」 ルーフには標準のマットブラック塗装仕様に加えて、オプションでマーブル柄カーボンルーフを設定。エモーショナルカラー プレミアムスポーツシートもオプションで用意する
▲先行予約モデルには豊田“モリゾウ”章男社長の「モリゾウサイン」が入ったウインドシールドガラスを特別装備する

 先行予約した顧客には、指定の販売店で7月中に商談を開始し、成約後は予約順に優先的な生産を実施する。そして、成約ユーザーにはWRCラリージャパンチケットとGRヤリスのオリジナルミニカーを特典として配布する予定だ。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報