• TOP
  • ボンドカーのアストンマーティンDB5が新車で登場! 「DB5ゴールドフィンガー コンティニュエーション」の生産がいよいよ開始

 ー 

ボンドカーのアストンマーティンDB5が新車で登場! 「DB5ゴールドフィンガー コンティニュエーション」の生産がいよいよ開始

Writer:大貫直次郎 

ショーン・コネリーさんと若山弦蔵さんにぜひ乗って欲しい。ボンドカーのアストンマーティンDB5がコンティニュエーションモデルとして復活。生産台数は25台

 アストンマーティン・ジャパンは6月5日、英国アストンマーティンが5月28日(現地時間)より同社のコンティニュエーション(Continuation)プログラムの最新モデルである「アストンマーティンDB5ゴールドフィンガー コンティニュエーション(DB5 Goldfinger Continuation)」の生産を再開したと発表した。生産台数は25台。車両価格は税抜で275万ポンド(約3億8000万円)に設定する。

▲アストンマーティンDB5ゴールドフィンガー コンティニュエーション 1964年に公開された映画『007ゴールドフィンガー』でショーン・コネリーさん演じる主人公のジェームズ・ボンドがドライブした「アストンマーティンDB5」のボンドカー仕様を現代に復刻した限定モデル

 今回生産される「アストンマーティンDB5ゴールドフィンガー コンティニュエーション」は、1964年に公開された映画『007ゴールドフィンガー』において、ショーン・コネリーさん演じる主人公のジェームズ・ボンドがドライブした「アストンマーティンDB5」のボンドカー仕様を再現した逸品だ。DB5はDB4シリーズの発展型として1963年7月に登場。改良版のボディおよびシャシーにボアアップ(96.0mm)して排気量を3995ccとした直列6気筒DOHCエンジンを搭載し、2年強に渡って900台未満が生産された。

▲製造は英国バッキンガム州ニューポート・パグネルに本拠を置くアストンマーティンのヘリテージ部門、アストンマーティン・ワークスが担当する

 「アストンマーティンDB5ゴールドフィンガー コンティニュエーション」を製作するに当たり、英国バッキンガム州ニューポート・パグネルに本拠を置くアストンマーティンのヘリテージ部門「アストンマーティン・ワークス」は、元となるDB5の車両データを細部に渡って掌握。そして、ボンドカーに仕立てるために007シリーズの制作会社であるイーオン・プロダクションズ(EON Productions)に協力を仰ぎ、さらに特殊効果監督のクリス・コーボールドOBEが手がけた“秘密兵器”を鋭意導入した。

▲基本骨格については現在の技術であるデジタルボディスキャンを採用することで、オリジナルモデルのボディを詳細に調査。当時の製造工程をほぼそのまま踏襲し、軟鋼シャシー構造をベースにアルミニウム製のボディパネルを組み合わせる

 基本骨格については現在の技術であるデジタルボディスキャンを活用することで、オリジナルモデルのボディを詳細に調査。当時の製造工程をほぼそのまま踏襲し、軟鋼シャシー構造をベースにアルミニウム製のボディパネルを組み合わせる。ボディカラーはオリジナルと同様にシルバー・バーチ・ペイントで塗装。さらに、エクステリアの秘密兵器としてリア・スモーク発生装置やリア・オイル散布装置(模擬)、フロント&リアの回転式トリプル・ナンバープレート、フロント・ツインマシンガン(模擬)、防弾リアシールド、フロント&リアの伸縮式バンパー、タイヤ・スラッシャー(模擬)、脱着式助手席ルーフパネル(オプション)を特別装備した。

▲ボンドカーに仕立てるために007シリーズの制作会社であるイーオン・プロダクションズに協力を仰ぎ、さらに特殊効果監督のクリス・コーボールドOBEが手がけた“秘密兵器”を鋭意採用。脱着式助手席ルーフパネル(オプション)も特別装備する
▲縦に3つに並ぶリアコンビネーションランプもオリジナルを忠実に再現した

 インテリアに関しても、オリジナルを忠実に再現する。そして、秘密兵器としてレーダー追跡装置(模擬)や運転席ドア配置の電話、シフトレバーの脱出用ボタン、アームレストおよびセンターコンソール配置の各種スイッチ類、シート下の武器格納トレイ、様々な秘密兵器を作動させるためのリモコンなどを組み込んだ。
 ちなみに、「アストンマーティンDB5ゴールドフィンガー コンティニュエーション」は公道走行不可のモデルで、秘密兵器は最終的なエンジニアリングや各国の法的な要件によって変更になる場合があるそうだ。

▲メーターパネルも当時の仕様を復刻。メーター類にはLUCAS製が組み込まれる

 パワーユニットに関しては、6本のプラグヘッド、3器のSUキャブレター、オイルクーラーを備えた4リッター直列6気筒DOHC自然吸気エンジン(290bhp)を搭載する。トランスミッションにはZF製5速MTを組み合わせ、機械式のリミテッドスリップデファレンシャルも装備して後輪を駆動(FR)。また、懸架機構にはフロントにスタビライザー付きのストラット式を、リアにラジアスアームとワッツリンケージを備えたライブアクスル式を採用。さらに、操舵機構にはノンパワーのラック&ピニオン式ステアリングを、制動機構にはサーボ付きガーリングタイプ・スチール・ディスクブレーキを装備した。

▲6本のプラグヘッドに3器のSUキャブレターを備えた4リッター直列6気筒DOHC自然吸気エンジン(290bhp)を搭載

 55年ぶりに新車で復活するアストンマーティンDB5。アストンマーティン・ワークスのポール・スピアーズ社長は「この貴重な復刻モデルは、世界でわずか25人の幸運なオーナーだけが入手できる、究極の“toys(おもちゃ)”と言えるかもしれない」とコメントしている。その幸運なオーナーへの納車は、2020年下半期から行う予定だ。

▲生産台数は25台。車両価格は税抜で275万ポンド(約3億8000万円)に設定する

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年11月号

  • ・緊急レポート 新型日産フェアレディZ
  • ・特集1 HOTハッチ頂上決戦!
  • ・特集2 こだわりステーションワゴン

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る