• TOP
  • ポルシェの旗艦SUVのカイエン/カイエンクーペにV8エンジン搭載モデルが復活

ポルシェの旗艦SUVのカイエン/カイエンクーペにV8エンジン搭載モデルが復活

Writer:大貫直次郎 

4.0L・V8ツインターボエンジンを搭載したポルシェ・カイエン/カイエンクーペの高性能バージョン「GTS」が日本での予約受注を開始

 ポルシェ ジャパンは6月12日、4.0L・V8ツインターボエンジン搭載の「カイエンGTS」および「カイエンGTSクーペ」を発表し、同日より予約受注を開始した。車両価格はカイエンGTSが1682万円、カイエンGTSクーペが1752万円に設定する。

▲ポルシェ・カイエンGTS 価格:8SMT1682万円 全長4929×全幅1983×全高1676mm ホイールベース2895mm トレッド前1682×後1665mm 車重2145kg

 新設定されたカイエンGTSモデルのパワーユニットには、3996cc・V型8気筒DOHC直噴ツインターボガソリンエンジンを搭載する。最高出力は先代ユニット比で20psアップの460psを6000~6500rpmの回転域で、最大トルクは同20N・mアップの620N・mを1800~4500rpmの回転域で発生。トランスミッションには専用セッティングの8速ティプトロニックSを組み合わせ、またエンジンの制御機構にアダプティブシリンダーコントロールを採用して、効率性を最大限に引き上げる。公表された性能は、0→100km/h加速が先代モデル比-0.6秒の4.5秒(スポーツクロノパッケージ装着車)で、最高速度が同+8km/hの270km/h。また、NEDC複合サイクルの燃費は11.4~11.2リットル/100km、CO2排出量は260~255g/kmと優秀な数値を実現した。

▲3996cc・V型8気筒DOHC直噴ツインターボガソリンエンジンは最高出力460ps/6000~6500rpm、最大トルク620N・m/1800~4500rpmを発生。エンジンの制御機構にアダプティブシリンダーコントロールを組み込む

 専用設計の新型スポーツエグゾーストシステムを組み込んだこともGTSモデルの訴求点だ。テールパイプを車体リアの左右に2本ずつ配し、個性豊かでスポーティなサウンドを奏でる。また、GTSクーペには中央に配される2本のオーバルテールパイプもオプションで設定(Lightweight Sports Packageとの組み合わせ)した。

▲専用設計の新型スポーツエグゾーストシステムを装備。テールパイプを車体リアの左右に2本ずつ配し、個性豊かでスポーティなサウンドを奏でる

 シャシー面に関しては、標準仕様のスチールスプリングサスペンションの車高を20mm低く設定するとともに、スポーティなダンパーコントロールを実現するアクティブ制御のポルシェアクティブサスペンションマネージメント(PASM)を採用。さらに、ポルシェトルクベクトリングプラス(PTV Plus)も標準で装備する。制動機構には、ねずみ鋳鉄製の大径ブレーキ(前Φ390×38mm/後Φ358×28mm)およびレッド塗装ブレーキキャリパーを組み込んだ。オプションとして、3チャンバーエアサスペンションやリアアクスルステアリング、ポルシェダイナミックシャシーコントロールシステム(PDCC)、ポルシェサーフィスコーテッドブレーキ(PSCB)、ポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)なども用意している。

▲ポルシェ・カイエンGTSクーペ 価格:8SMT1752万円 全長4939×全幅1995×全高1656mm ホイールベース2895mm トレッド前1682×後1683mm 車重2175kg 足もとにはサテングロスブラック仕上げの21インチRSスパイダーデザインホイールを装着する

 エクステリアについては、ブラックのアクセントを加えたスポーツデザインパッケージを標準装備した点がセールスポイント。足もとには、サテングロスブラック仕上げの21インチRSスパイダーデザインホイールを装着する。また、ダークカラーのティンテッド加工を施したポルシェダイナミックライトシステム(PDLS)を標準装備。さらに、フロントのエアインテーク、サイドウインドウトリム、スポーツエグゾーストシステムのテールパイプ、リアのモデル名とポルシェロゴをブラックで統一して精悍かつスポーティなルックスを創出した。ディメンションはカイエンGTSが全長4929×全幅1983×全高1676mm/ホイールベース2895mm/トレッド前1682×後1665mm/車重2145kg、カイエンGTSクーペが全長4939×全幅1995×全高1656mm/ホイールベース2895mm/トレッド前1682×後1683mm/車重2175kgに設定している。

▲アルカンターラやダークブラッシュド仕上げのアルミニウムといった高品質な素材を採用してスポーティかつエレガントなキャビン空間を創出。日本導入モデルのハンドル位置は全車とも右

 内包するインテリアは、ルーフライニングやシートのセンター部、センターコンソールアームレスト、ドアなどにアルカンターラ、パネルや枠類などにダークブラッシュド仕上げのアルミニウムといった高品質な素材を採用し、スポーティかつエレガントなキャビン空間に仕立てる。また、前席には高さのあるサイドボルスターを備えた専用設計の8-wayスポーツシートを装着。オプションも豊富に用意し、カーマインレッドまたはクレヨンのステッチカラーの選択も可能とした。

▲前席には高さのあるサイドボルスターを備えた専用設計の8-wayスポーツシートを配備

 機能装備としては、アダプティブクルーズコントロールやレーンチェンジアシスト、サラウンドビュー付パークアシスト、コンフォートアクセスなどの先進システムを標準で採用。安全・運転支援の面でも、第一級レベルを実現している。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年12月号

  • ・巻頭特集 2021SUV最前線
  • ・特集 Japaneseスポーツレジェンド
  • ・スペシャルピックアップ 新型ホンダe 試乗記

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る