• TOP
  • 「最新モデル試乗」官能の自然吸気6気筒。マニア垂涎のポルシェ718ケイマンGTS4.0のスーパーハンドリングを体感

 ー 

「最新モデル試乗」官能の自然吸気6気筒。マニア垂涎のポルシェ718ケイマンGTS4.0のスーパーハンドリングを体感

Writer:河村康彦 Photo:PORSCHE

ポルシェ718ケイマンGTS4.0 価格:6MT 1072万円 試乗記

ポルシェ718ケイマンGTS4.0 スパイダー/GT4用を基本にした4リッター自然吸気フラット6(400ps/420Nm)を搭載したミッドシップスポーツ トップスピードは293km/hをマーク
ポルシェ718ケイマンGTS4.0 スパイダー/GT4用を基本にした4リッター自然吸気フラット6(400ps/420Nm)を搭載したミッドシップスポーツ トップスピードは293km/hをマーク

6気筒フラット6に「原点回帰」。これは事件だ!

 絶対的なスピード性能以上に、甘美なフィーリングを堪能したい――そうした思いを抱くポルシェ・ファンに対する最高のプレゼントが、718ケイマンGTS4.0だ。駆動方式はもちろんミッドシップ。

 いままでのGTSグレードが2.5リッターターボ(365ps/420Nm・MT)を搭載するのに対し、新型は4リッターの自然吸気ユニット( 400ps/420Nm)を積む。最高出力アップ以上に重要と判断するポイントは、気筒数が4から6へといわば「原点回帰”」した点だろう。

 燃費効率の向上(具体的にはCO2排出量の低減)を主な理由として排気量削減と4気筒化に踏み切った2.5リッターターボだったが、フィーリングの変化をポジティブに受け取らなかったマーケットがあったことは事実。とくに、世界最大のスボーツカー市場のアメリカでは、販売台数を大幅に低下させる要因となっていた。
 6気筒モデルの「復活」には、そうしたマーケット事情が反映されている。

全長×全幅×全高4405×1801×1276mm 車重1405kg パワーウエイトレシオ:3.51kg/ps エンジンは高回転域になるほど快音を奏でレスポンスを高める

トップスピード293km/n ! フットワーク自在、まさに理想形

 エンジン回転数の上昇にともなってサウンドが澄みわたり、アクセル操作に対するレスポンスを高めていく様子は最高。
「やはり自然吸気6気筒は素晴らしい」とほれぼれした。

 現状ではトランスミッションが6速MTに限られ、走りのシーンによってはアクセル全開時のパンチ力が、4気筒GTSに及ばない領域もある。
 とはいえ官能度の高さは、6気筒が圧倒的に上回っている。「ポルシェのスポーツカー好き」が、どちらのエンジンに軍配を挙げるかは、明らかだろう。
 パフォーマンスは秀逸。トップスピードは293km/hに達し、0→100km/h加速は4.5秒でクリアする。

 フットワークも理想的だ。 4リッターの強心臓を搭載しても、ケイマンが元来備えている絶妙なバランス感覚はそのまま維持されている。
 フラット感に富んだ乗り味や、ミッドシップ・レイアウトならではの俊敏なハンドリング感覚。それでいながら、雨の中でも不安なくアクセルを踏み込んで行く気になれる高い安定感など、何ひとつつ失っていない。

 GTS4.0は、GT4グレードほどハードコアではないものの「たまにサーキットで走りを楽しむ」というユーザーにとって、快適性と実用性、そしてスポーツ性のバランスは、何とも絶妙と思えた。
 メーカーが「年内をめどに開発中」と説明する 2ペダルの「PDK」仕様がラインアップに追加されれば、GTS4.0はシリーズ随一の人気バージョンとなることは確実だろう。
 最良のケイマンである。

ケイマン独特の軽やかで俊敏なハンドリングは健在 GTSはスポーツクロノPKG標準 ストップウオッチをインパネ上部に配置 レブリミット7800rpm
シートはサポート性を高めたスポーツ形状 バケットタイプをop設定 乗り心地は固めだが快適 純2シーターレイアウト
トランスミッションは6速MT ギア比はクロースレシオ 2ペダルPDK開発中
ステアリングは360mm径のアルカンターラ巻き 走行モード切り替えダイヤル付き
ライトは最新ポルシェ共通の4灯LEDデイランプ仕様 レンズ内側はブラック
タイヤはフロント:235/35ZR20/リア:265/35ZR20前後異サイズ フロント:8.5J/リア:10.5Jのアルミ装着
スポーツエグゾースト標準 エンドパイプは大径デュアル

ポルシェ718ケイマンGTS4.0 主要諸元

グレード=GTS 4.0
価格=6MT 1072万円
全長×全幅×全高=4405×1801×1276mm
ホイールベース=2475mm
車重=1405kg
エンジン=3995cc・水平対向6DOHC24V(プレミアム仕様)
最高出力=294kW(400ps)/7000rpm
最大トルク=420Nm(42.9kgm)/5000~6500rpm
WLTCモード燃費=未公表
サスペンション=前後ストラット
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール=フロント:235/35ZR20/リア:265/35ZR20+アルミ
駆動方式=MR
乗車定員=2名
最高速度=293km/h
0→100km/h加速=4.5秒
※価格を除きスペックは欧州仕様

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年08月号

  • ・新車速報 新型日産キックス
  • ・総力特集 新型トヨタ・ハリアー
  • ・新車試乗 新型トヨタRAV4・PHV

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る