ー 

ランボルギーニのスーパーSUV「ウルス」に新デザインエディションの「パールカプセル」が登場

Writer:大貫直次郎 

伊ランボルギーニが2021年モデルの「ウルス」に初のカスタマイズオプションとなる「パールカプセル(Pearl Capsule)」を設定

 伊アウトモビリ・ランボルギーニは6月17日(現地時間)、高性能SUV「ウルス(Urus)」の2021年モデルに、同車初となる専用カスタマイズオプションの「パールカプセル(Pearl Capsule)」をラインアップすると発表した。

▲ランボルギーニは2021年モデルの「ウルス」に初のカスタマイズオプションとなる「パールカプセル(Pearl Capsule)」を設定。エクステリアはより強い主張を感じさせるツートンカラーで構成した。パワートレインは通常モデルと共通の3996cc・V型8気筒DOHCツインターボエンジン(650hp/850N・m)+8速ATを搭載

 新設定のパールカプセルは、ランボルギーニの造形部門であるチェントロ・スティーレが、ウルスのスタイルと高揚感あふれるパフォーマンスをより引き立てることに主眼においてデザインを手がけた逸品である。

▲写真のメインボディカラーはグリーン系の「ヴェルデ・マンティス(Verde Mantis)」。ルーフやリアディフューザー、スポイラーリップなどはハイグロスブラックで仕立てた

 エクステリアについては、より強い主張を感じさせるツートンカラーで構成したことが特徴。ランボルギーニ伝統の高光沢4層パール塗装で、グリーン系の「ヴェルデ・マンティス(Verde Mantis)」、オレンジ系の「アランチョ・ボレアリス(Arancio Borealis)」、イエロー系の「ジアッロ・インティ(Giallo Inti)」という3タイプのメインカラーに、ハイグロスブラック仕上げのルーフやリアディフューザー、スポイラーリップなどを組み込んで、存在感と華やかさをいっそう強調する。また、ボディカラーのアクセントを加えたハイグロスブラック塗装(Taigete Shiny Black)の23インチアロイホイールやマットグレーのテールパイプといったスペシャルパーツも鋭意採用した。

▲インテリアもボディカラーと同イメージの鮮やかなツートンカラーでアレンジ。シートには六角形の“Q-Citura”ステッチとロゴの刺繍を施す

 内包するインテリアも、ボディカラーと同イメージの鮮やかなツートンカラーでアレンジ。また、シートには六角形の“Q-Citura”ステッチとロゴの刺繍を施し、さらにカーボンファイバーとブラックアルマイトを使用したディテールパーツを内装の随所に配置する。そして、専用オプションのフルエレクトリックシートには、通気性の良いパーフォレーションの入ったアルカンターラ表皮を張った。

▲写真のメインボディカラーはオレンジ系の「アランチョ・ボレアリス(Arancio Borealis)」。足もとにはボディカラーのアクセントを加えたハイグロスブラック塗装(Taigete Shiny Black)の23インチアロイホイールを装着する。ボディサイズは全長5112×全幅2016×全高1638mm/ホイールベース3003mm

 ウルスの2021年モデルでは、ほかにも先進のインテリジェントパークアシスト機能を含む「パーキングアシストパッケージ」や730Wのアンプと17個のスピーカーで構成するサウンドシステム「Sensonum」をオプションで用意。キーデザインも新タイプに刷新した。
 なお、ウルスの2021年モデルの車両価格は2789万1882円(税抜)を予定している。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年11月号

  • ・緊急レポート 新型日産フェアレディZ
  • ・特集1 HOTハッチ頂上決戦!
  • ・特集2 こだわりステーションワゴン

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る