• TOP
  • ランボルギーニのサーキット専用ハイパーカー「SCV12」の開発がついに完了。ワールドプレミアは本年夏を予告

 ー 

ランボルギーニのサーキット専用ハイパーカー「SCV12」の開発がついに完了。ワールドプレミアは本年夏を予告

Writer:大貫直次郎 

ランボルギーニがスクアドラ・コルセの新型ハイパーカー「SCV12」の開発を完了したことを発表。本年夏に実施予定のワールドプレミアに向けて本格始動

 伊ランボルギーニおよびモータースポーツ活動を担うランボルギーニ・スクアドラ・コルセは6月23日(現地時間)、サーキット専用の新型ハイパーカー「SCV12」の開発が完了したことをアナウンス。合わせて、本年夏に行う予定のワールドプレミアに向けて本格的に始動したことを発表した。

▲ランボルギーニのサーキット専用の新型ハイパーカー「SCV12」がついに開発を完了。本年夏に行うワールドプレミアに向けて本格始動に入った

 新型ハイパーカー「SCV12」は、ランボルギーニ・スクアドラ・コルセが開発を担当したサーキット走行向けのスーパースポーツモデルである。搭載エンジンは、形式がV型12気筒、排気量が6.5リットルの自然吸気ユニットで、車体のミッドシップにマウント。最高出力はランボルギーニ史上最強の830hpを発生する。トランスミッションには6速シーケンシャルギアボックスを採用し、これがシャシーの構造要素として組み込まれて軽量化と優れた重量配分を達成。また、プッシュロッド式リアサスペンションがギアボックスに直接取り付けられ、マグネシウムホイール(前19インチ/後20インチ)に装着した専用開発のピレリ製スリックタイヤによってエンジン出力を確実に後輪に伝える。

▲華やかなカモフラージュを施してテスト走行を行うSCV12。ミッドシップ搭載のパワーユニットは自然吸気の6.5リットルV型12気筒エンジン(830hp)。専用セッティングの6速シーケンシャルギアボックスを介して後輪を駆動する

 エクステリアに関しては、GTモータースポーツで培った経験を活かし、GT3カーより高い空力効率とダウンフォースを実現。パーツとしては、デュアルエアインテークを内蔵したレーシングフードやルーフのラムエア・インテークスクープ、フロントのスプリッター、サイドシルの横方向のフリックおよび縦方向のフィン、大型のカーボンファイバー製リアウィングなど、通常の公道仕様車とは異なる特徴を多数備える。また、アルミニウム製のフロントフレームとカーボンファイバーモノコックで最高の安全水準の基本骨格を実現しながら、先進のセルフロック・ディファレンシャルなどを組み込んで、サーキットにおけるドライバビリティの向上を鋭意具現化した。

▲サイドシルの横方向のフリックおよび縦方向のフィン、大型のカーボンファイバー製リアウィングなど、通常の公道仕様車とは異なる専用パーツを多数装備する

 なお、SCV12は限定エディションとして、伊サンタアガタ・ボロネーゼに居を構えるランボルギーニ・スクアドラ・コルセのファクトリー内で生産。オーナーは限定されたメンバーのみで構成するクラブの一員となり、世界有数の著名なサーキットで開催される高度なドライビングプログラムに参加することができる。プログラム自体は、スクアドラ・コルセのエンジニアの技術支援のもと、ル・マン24時間レースで5度の優勝を果たし、現在はスクアドラ・コルセのスペシャルプロジェクト・コンサルタントを務めるエマニュエル・ピロ氏の特別指導が受けられるという内容だ。

▲足もとにはマグネシウムホイール(前19インチ/後20インチ)と専用開発のピレリ製スリックタイヤを装着した

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年08月号

  • ・新車速報 新型日産キックス
  • ・総力特集 新型トヨタ・ハリアー
  • ・新車試乗 新型トヨタRAV4・PHV

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る