ー 

7シーターのジャストサイズSUV「メルセデス・ベンツGLB」が待望の日本デビュー

Writer:大貫直次郎 

メルセデスの9車種目のSUVとなる新型「GLB」が日本上陸。取り回しのよいサイズでありながら広い室内空間に7名乗車を実現

 メルセデス・ベンツ日本は6月25日、新型メルセデス・ベンツGLBを発表し、同日に注文受付を開始した。ユーザーへの納車は本年7月ごろを予定する。
車種展開は以下の通り。
GLB 200d:512万円
GLB 250 4MATICスポーツ:696万円

▲メルセデス・ベンツGLB 200d 価格:8SAT512万円 全長4634×全幅1834×全高1706mm(欧州参考値) ホイールベース2830mm 最低地上高202mm 乗車定員7名

 新設定のメルセデス・ベンツGLBは、“More character”“more space”“more safety”をキャッチフレーズに掲げたメルセデス・ベンツのSUVレンジの新しいジャストサイズ7シーターモデルに位置する。基本骨格には新世代プラットフォームのMFA2を採用。ホイールベースを2830mmにまで伸ばして3列式シートを組み込みながら、全長を4634mm、全幅を1834mm、全高を1706mm(欧州参考値)という取り回しのしやすいボディサイズに設定した。

▲エクステリアは究極のオフローダーであるGクラスからインスピレーションを受け、スクエアでパワフル、かつシンプルな本格SUVらしいデザインで構成した

 エクステリアについては、究極のオフローダーであるGクラスからインスピレーションを受け、スクエアでパワフル、かつシンプルな本格SUVらしいデザインで構成する。フロント部はクローム仕上げで力強い造形のアンダーガードと2本のパワードームを備えたボンネットによって、GLBならではの存在感とパワーを表現。また、大型のラジエーターグリル内にはメルセデス・ベンツのSUVに共通する特徴的なツインルーバーデザインを施し、スクエアな造形のヘッドライトとともにSUVらしさを強調した。一方、サイドビューはエッジやラインを減らしつつ、前後ドアパネルやリアフェンダーなどの面の張りで力強さを創出。フロントとリアのエンドをほぼ垂直に切り立ったスクエアなデザインとしたことや、フロントからリアの下部にかけてプロテクターを配した点なども、本格SUVであることを表現する要素である。そして、リアセクションでは上下方向に細くて横に長い2分割タイプの新造形リアコンビネーションランプやアンダーガードなどを組み込んで、ボディのワイドさや安定感を強調した。ボディカラーはポーラーホワイト/デジタルホワイトM/コスモスブラックM/デニムブルーM/イリジウムシルバーM/マウンテングレーM/ギャラクシーブルーMという計7色をラインアップしている。

▲メルセデス・ベンツGLB 250 4MATICスポーツ 価格:8SAT696万円 全長4650×全幅1845×全高1700mm ホイールベース2830mm 最低地上高202mm 乗車定員7名

 インテリアに関しては新型GLAなどと同様、モダンかつアバンギャルドな造形でまとめる。ダッシュボードはインストルメントクラスター上方のカウルを廃止し、代わってワイドスクリーンディスプレイを配置。横方向のワイドさを強調しながら、新しさを主張する。また、5つの円形のエアアウトレットはジェットエンジンのタービンを思わせる印象的な造形でアレンジした。さらに、助手席ダッシュボード中央部やセンターコンソールのスイッチの両端部などには力強さを表現するアルミニウム調チューブデザインを採用。標準仕様のシートバック中央部には、特徴的な左右から斜めに走るステッチがひし形状の模様を作り出す新表皮を取り入れた。

▲助手席ダッシュボード中央部やセンターコンソールのスイッチの両端部などには力強さを表現するアルミニウム調チューブデザインを採用。日本導入モデルのハンドル位置は右

 一方、2列目シートには140mm調整が可能な60:40分割の前後スライド機構を装備。バックレストの角度は8段階に調整できる。また、3列目シートは、2列目シートのバックレストにあるロック解除レバーを操作することで2列目シートが前に倒れてスライドし、ワンタッチで乗り降りが可能。使用しない場合は、格納することもできる仕組みだ。なお、2列目シートと3列目シートにはISOFIX対応固定装置およびトップテザーアンカー(固定ポイント)により最大4つのチャイルドセーフティシートを取り付けることが可能。全席の高さ調整式ヘッドレストや2列目中央を除く全6席へのシートベルトテンショナー&ベルトフォースリミッター付シートベルト、3列目シートにも対応したSRSウィンドウエアバッグなど、安全装備の拡充も図っている。

▲2/3/2名乗車の3列式シートを採用。2列目シートには140mm調整が可能な60:40分割の前後スライド機構を装備。3列目シートは格納が可能

 荷室容量は3列目シート使用時で130リットル、3列目シート格納時で500リットル、2列目シートも倒すと1680リットルの容量を確保。足をリアバンパー下部に差し入れるだけで開閉したり、リモコンキーやテールゲートのボタンを押すことで開閉したりする「EASY-PACK自動開閉式テールゲート」も標準で採用している。

▲荷室容量は3列目シート使用時で130リットル、3列目シート格納時で500リットル、2列目シートも倒すと1680リットルの容量を確保

 装備面では、新世代の対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」の搭載がトピック。自然対話式音声認識機能は多くのインフォテインメント機能(目的地入力、電話通話、音楽選択、メッセージ入力・読み上げ、気象情報)に加え、クライメートコントロールや各種ヒーター、照明など多様な便利機能にも対応する。さらに、スマートフォンのコネクティビティ関連機能もいっそう拡張。Qi規格対応機種の携帯電話を無線充電する「ワイヤレスチャージング機能」も前席部に装備した。
 最新の安全・運転支援機能「インテリジェントドライブ」を設定したことも新型GLBの訴求点だ。歩行者および車両の飛び出しを検知した場合や先行車両および障害物を回避できない場合の自動緊急ブレーキによる被害軽減機能、車線維持機能、斜め後ろの死角の車両との衝突回避を支援する機能など、最新システムを鋭意採用。また、ステアリングアシストやアクティブレーンチェンジングアシスト、アクティブエマージェンシーストップアシストといった新機能も組み込んだ。ほかにも、自動車が通信することによりユーザーの利便性をいっそう向上させる先進的なテレマティクスサービスのMercedes me connectも設定している。

▲GLB 200dには“OM654q”1949cc直列4気筒DOHCコモンレール式直噴ディーゼルターボエンジンを採用。最高出力は150ps/3400~4400rpm、最大トルクは320N・m/1400~3200rpmを絞り出す
▲GLB 250 4MATICスポーツには“M260”1991cc直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジンを搭載。最高出力は224ps/5500rpm、最大トルクは350N・m/1800~4000rpmを発生する
▲GLB 250 4MATICスポーツには滑りやすい路面で力強いトラクションを発揮する“Off-road”モードを追加したダイナミックセレクトを装備

 パワーユニットはGLB 200dに“OM654q”1949cc直列4気筒DOHCコモンレール式直噴ディーゼルターボエンジン(最高出力150ps/3400~4400rpm、最大トルク320N・m/1400~3200rpm)を、GLB 250 4MATICスポーツに“M260”1991cc直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(最高出力224ps/5500rpm、最大トルク350N・m/1800~4000rpm)を搭載。トランスミッションは2ユニットともに新開発の「8G-DCT」(電子制御8速AT)を組み合わせる。駆動システムはGLB 200dが前輪駆動(FF)、GLB 250 4MATICスポーツが可変トルク配分型4WDの4マチックで構成。さらにGLB 250 4MATICスポーツには、滑りやすい路面で力強いトラクションを発揮する“Off-road”モードを追加したダイナミックセレクトや急勾配の下り坂でも安心して走行できるDSR(ダウンヒル・スピード・レギュレーション)などを標準で装備した。

▲ボディカラーは全7色を設定。写真はギャラクシーブルーM
▲ポーラーホワイト
▲デジタルホワイトM
▲コスモスブラックM
▲デニムブルーM
▲マウンテングレーM
▲イリジウムシルバーM

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年11月号

  • ・緊急レポート 新型日産フェアレディZ
  • ・特集1 HOTハッチ頂上決戦!
  • ・特集2 こだわりステーションワゴン

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る