• TOP
  • 「最新モデル試乗」スタイリッシュな最新SUV、ハリアーが人気を集める理由とリクエストしたいポイント

 ー 

「最新モデル試乗」スタイリッシュな最新SUV、ハリアーが人気を集める理由とリクエストしたいポイント

Writer:河村康彦 Photo:小久保昭彦

トヨタ・ハリアー・ハイブリッドZレザーパッケージ(FF) 価格:THS 482万円 試乗記

ハリアー・ハイブリッドZレザーパッケージ(FF) 価格:THS 482万円 プラットフォームはカムリやRAV4と基本的に共通のGAーK型 グレードによる外観の違いは軽微 Zは19インチタイヤが識別点
ハリアー・ハイブリッドZレザーパッケージ(FF) 価格:THS 482万円 プラットフォームはカムリやRAV4と基本的に共通のGAーK型 グレードによる外観の違いは軽微 Zは19インチタイヤが識別点

新型はグローバルモデルに成長。魅力はスタイリッシュな造形

 ハリアーがモデルチェンジした。新型(4thモデル)は、「人の心を優雅にみたす、ただひとつの存在」を目指して開発された意欲作。見て、乗って、走り出した瞬間に心に響く感性品質を重視したという。
 トヨタは、日本で2017年の夏に発売された現行カムリを皮切りに、新世代プラットフォーム戦略を展開し、GA-Kプラットフォームを採用したニューモデルを積極的にリリースしている。7年ぶり一新されたハリアーも、そんな1台だ。

 新型は、基本的に日本国内市場用だった従来型から一変、アメリカ、そして中国といった巨大マーケットを視野に入れたグローバルモデルに変身した。アメリカでは新型ヴェンザとして、すでに5月に発表されている。

 ボディサイズは全長×全幅×全高4740×1855×1660mm。日本の道路環境を優先していた従来型比で、全長は15mm長く、全幅は 20mmワイド。対して全高は30mmのダウンした。実際に対面すると、「より流麗なプロポーション」を重視したことを実感した。ボディ後方の平面絞りやリアウィンドウ傾斜角の強さ、クーペライクなサイドウィンドウグラフィックは個性的で、しかも美しい。新型の魅力ポイントは、まずスタイリッシュなルックスにある。

全長×全幅×全高4740×1855×1660mm 足回りは上質な乗り味を追求

全幅は1855mm! ルームミラーはドライブレコーダー機能付きデジタル式

 1855mmの全幅は賛否が分かれるだろう。「タイヤハウス周辺のたくましさを表現するためには、この寸法がどうしても必要だった」とは開発陣のコメントだが、一部のパレット式立体駐車場は全幅1850mmまでという規格だ。わずかに 5mmとはいえ、規格をはみ出してしまうのだ。要は〝そこまでスタイリングにこだわった〟モデルだといえる。
 日本ではいまひとつ人気のないサンルーフにトヨタ初の調光式という凝ったアイテムを設定したのは、新型が国際車となり、サンルーフが人気のアメリカ市場での事情が反映されているに違いない。

 外観同様、室内も魅力的に仕上がっている。素材を巧みに吟味して、上質なインテリアを表現する手法は歴代ハリアーの得意技。その完成度がいちだんと高まった。新型のキャビンに乗り込むと、デザインと質感がレベルアップしていることが瞬時に実感できる。ダッシュボードやドアトリム部分のレザーライクな素材は、思わず手を触れたくなる。ただし乗馬用の鞍をイメージしたという幅広のセンターコンソールに設けられたカップホルダーには、未使用時用カバーがほしかった。

 ルームミラーには、前後に専用のカメラを追加したレコーダー機能付きのデジタル仕様を設定。一方、ドアミラーは通常の鏡面タイプになる。先進のカメラ方式を採用しなかった理由は、「ステーを用いた外部カメラやインテリア内の表示ディスプレイがスタイリッシュではないから」だという。この点も新型ハリアーの最大のこだわりが、洗練されたデザインにあることを物語っている。

ボディカラーは全7色 写真は新設定のプレシャスブラックパール(op) 4thモデルは海外でも販売される世界戦略モデル 米国名はヴェンザ

走りは静粛でスムーズ。速さも十分! 足回りの高い完成度に驚いた

 ラインアップは2.5リッター直4ガソリンとモーターを組み合わせたハイブリッドと、2リッター直4ガソリンを設定。足回りのチューニングはハリアー専用だが、基本のランニングコンポーネントはRAV4と共通になる。

 短時間だったが、サーキット内でハイブリッドのFF/4WD仕様と、2リッターエンジンのFF仕様、計3台のプロトタイプに試乗した。
 全車に共通して感じられたのは、予想と期待以上に強靭なシャシーのポテンシャル。横Gを残しつつ強いブレーキングを行うといった厳しい状況下でも、濃厚な接地感をキープして、さしたる修正舵を要求しない。

 FF仕様で218ps、4WD仕様は222psというシステム出力を発揮するハイブリッド車は、トヨタのストロングハイブリッドモデルらしく、静粛でスムーズな街乗りシーンでの動力性能と、アクセルを深く踏み込んだ状況での「絶対的ともいえる加速力」を両立させている。
 とはいえ、強い血縁関係を持つRAV4には300ps超のシステム出力を誇るPHVがデビューした。パフォーマンスでも環境性能の面でもいちだんと優れるPHVモデルが、ハリアーにも設定されることを期待したい。

 シリーズ中で最も軽量な2リッターエンジン搭載のFFモデルは、軽快感に富んだ自在なハンドリング感覚が光った。見た目がアピールポイントとはいっても、決して「それだけ」には留まらない高い完成度、それが新型ハリアーだ。

インパネは立体形状 上質なレザー調ソフトパッド仕上げ Zは12.3インチディスプレイSDナビゲーション+JBLプレミアムサウンド標準
室内長1880mm レザーパッケージは前席電動調節機構付き本革シート標準 運転席は自動ポジションメモリー付き 乗り心地は快適指向
ラゲッジスペースは大容量 幅/奥行とも余裕がある 後席シートバックは6対4分割
電動リアゲート標準 Zはハンズフリーと開口位置メモリー機能付き
ガラスの透明度が変化する調光パノラマルーフ(op19万8000円)
ZとGは前後方録画機能付きデジタルインナーミラー標準 トヨタ車初採用
フロントマスクは従来と共通イメージ グリルとバンパーにメッキトリム装着
Zは225/55R19タイヤ+7J高輝度シルバー塗装アルミ標準 Gは18インチ/Sは17インチ仕様

ハリアー・ハイブリッドZレザーパッケージ(FF) 主要諸元と主要装備

グレード=ハイブリッドZレザーパッケージ(FF)
価格=THS 482万円
全長×全幅×全高=4740×1855×1660mm
ホイールベース=2690mm
トレッド=フロント1605×リア1625mm
最低地上高=190mm
車重=1690kg
エンジン=2487cc直4DOHC16V(レギュラー仕様)
最高出力=131kW(178ps)/5700rpm
最大トルク=221Nm(22.5kgm)/3600~5200rpm
モーター最高出力=88kW(120ps)
モーター最大トルク=202Nm(20.6kgm)
WLTCモード燃費=22.3km/リッター(燃料タンク容量55リッター)
(市街地/郊外/高速道路=19.5/25.1/22.1km/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:ダブルウィッシュボーン
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=225/55R19+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=5名
最小回転半径=5.7m
●主な燃費改善対策:筒内直接噴射/可変バルブタイミング/アイドリングストップ/電動パワーステアリング/ハイブリッド/充電制御/電気式無段変速機
●主要装備:トヨタセーフティセンス(プリクラッシュセーフティ+レーントレーシングアシスト+全車速追従レーダークルーズコントロール+アダプティブハイビーム+ロードサインアシスト)/インテリジェントクリアランスソナー/リアクロストラフィックオートブレーキ+リアブラインドスポットモニター/7エアバッグ/電子制御ブレーキ/プロジェクターLEDヘッドライト/前後方録画機能付きデジタルインナーミラー/フロントスーパーUVカット&IRカットガラス/吸音タイプ前後フェンダーライナー/本革シート/前席電動調節+ヒーター+ベンチレーション機能/運転席電動ランバーサポート/ステアリングヒーター付き本革巻きステアリング/電動チルト&テレスコピック機能/ドライブモードセレクト/オプティトロンメーター/カラーヘッドアップディスプレイ/イルミネーション付きスカッフプレート/イルミネーテッドエントリーシステム/左右独立温度調節式フルオートAC/ハンズフリーパワーバックドア/12.3インチSDナビゲーション+JBLプレミアムサウンドシステム
●装着メーカーop:調光パノラマルーフ19万8000円/パノラミックビューモニター(シースルービュー機能付き)6万500円/おくだけ充電1万3200円
●ボディカラー:プレシャスブラックパール(op)
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は2万5720円

2487cc直4DOHC16V(178ps/221Nm)+モーター(120ps/202Nm) システム出力218ps WLTCモード燃費:22.3km/リッター 4WDはEーFour式

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年08月号

  • ・新車速報 新型日産キックス
  • ・総力特集 新型トヨタ・ハリアー
  • ・新車試乗 新型トヨタRAV4・PHV

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る